♪華道と季節外れのAutumn Leaves ♪

2009.02.02(Mon)




過去を振り返るのはもうやめると誓った女が
今日も過去を振り返る!!!の巻き。
(←もうそういうのいいから・・・)

今回の日記は昨年の11月のできごと。
(←んなもん去年のうちに書き納めてろよなー)



昨秋はとにかく、目が覚めんばかりに紅葉が綺麗で、
街が鮮やかに色づいていたのが記憶に新しい。。。。
気付いたらそんな季節もとっくに過ぎ去って、、、、
今はなんなんじゃ?木々も丸裸で寒さに耐え忍ぶ時期??



ううん、それだけじゃない。
あたしも最近、お花を習うようになってから、
改めて気付いたんだ!!!
葉っぱが散りゆく一方で、こんなにも寒い中、
もう健気にもつぼみを付けて、次の季節で咲き誇るための準備を
してる!!!!!


写真



うちの梅のつぼみはどんどん膨らんで、
まるでポップコーンみたいで可愛くって!
いつ咲くのかなってずっとずっと待ちわびていて、
それでも、このポップコーンみたいな可愛らしさを
もうちょっと楽しんでいたいような気もして、
そうこうしながら気付いたら


写真


お花が咲きましたっっっ!!!!!
玄関がいい香り♪
自分が手をかけたものが花を咲かせるって、
めちゃめちゃ嬉しいね♪





あー♪♪今年も季節の移り変わりを、
五感で、心で、繊細に感じられたらいいなぁ♪
そして自然と共に、楽しんでいけたらいいなー★




・・・おっとぉ。
いきなり話がズレたし。えー、はいはい、11月の話ね。
みんなその頃、紅葉を観に行ったー的な日記を書いてたよね!!!
あたしも書かなかっただけで、例に漏れず、
しっかり観に行ってましたよー!!!

BGMは超爽やかにこのCDで♪(笑)試聴できます♪↓
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1822126

写真
写真
写真



香嵐渓に2回。
11月の頭に行ったら、まだまだ緑も残っててさー、
赤く色づく前っていう感じで。
そっかぁ、11月にしては暖かいもんねー、とか言いながら、
2週間後、すっかり冷え込んだので、リトライ。
平日なのに、結構ひとが多くてサー。
しかも名古屋の繁華街を歩いているとき以上に、
美男美女だらけでマジでびっくりした・・・!!!!
なになに??ひょっとして紅葉の下ってゲレンデ並に美化効果あり??



名物の、しょうが味の塩だれ&ねぎ味の味噌だれ五平餅を
食べたり(←雑誌に載ってるよ!)、お抹茶飲んだり、
にしんそば食べたり、名物もみじの衣揚げを食べたり、
色々楽しかったー!
(←結局秋でも花より団子かい・・・)

写真



それから徳川園に1回。
本当に色とりどりの木々が美しくて、心が躍るような思いで、
♪まっかだなー まっかだなー♪なんて口ずさみながら、
いや~これぞ日本の心っすかー!わびさびってやつっすかー!
なんて思いながら(←このノリのどこがわびさびなんだよww)
やたらウキウキしちゃったのを覚えてる・・・。


写真
写真


あんまり綺麗だったから、ついつい葉っぱお持ち帰りー♪

写真



・・・あんまり綺麗じゃないけどね・・・。
水に浮かぶ紅葉、みたいなのをやりたかったけど
失敗した図。↑




・・・まぁ。これらの様子は、フォトアルバムにUPしてみたんで
観てくださいませ★


フォトアルバム:Autumn Leaves
http://mixi.jp/view_album.pl?id=26913854&owner_id=2332853&mode=photo



↑せっかくなので・・・ついでにリチャードクレイダーマン
バージョンの『Autumn Leaves』でも!!
しかしこの曲はやはりおフランス風味であって、
日本の紅葉とは合わないかも・・・。

↓パリ。
写真 写真


※あ。私信手(パー)(←なんだ突然。):キンコキンくんへ。
最近Hawaiian 6の『Autumn Leaves』聴きました!めちゃかっこよかった!




・・・さて。そんなわけでさ。
この自然の美しさを、そしてそれに心揺り動かされる自分の感性を
どうにかこうにか生かせないかしらと考えた結果、
ご近所の、めちゃめちゃ美しくて、姿・雰囲気もとーっても麗しい
(竹内まりや似)素敵な華道の先生に、
何年越しの念願叶ってお花を習うことになったのね!

きゃーーーーーー揺れるハート超嬉しいーーーーーーー目がハート 


2年前からさりげなーく「教えて」アピールをしつづけてただけに、
先生の抜群の美的センス、感性を間近に触れることができ、
また、その季節を生きる、四季折々の自然の美しさと改めて向かい合うことができる時間がとっても至福に感じる♪


写真


 


先生についてちらりと書いた日記もありましたね↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=950349407&owner_id=2332853




先生は私の出会った個性豊かで素敵な人たちの中でも
かなり光り輝くクリエイティブなセンスをお持ちの方で、
ただそばにいるだけで、その存在がものすごい空気清浄効果。(笑)
癒されるし、柔らかな光のようなぬくもりや、
ほっこりと温まるパワーをいただける。。。。
日々を美しく芸術化することを楽しんでいらっしゃる。
本当に、見習いたい女性のひとりです!!!!




先生は、華道の色んな流派の無駄や、余分な形式を削ぎとって、
本当の華道の真髄というものを教えて下さる。
形にこだわらないで、自己に眠る豊かな感性や、
自然のもつ生命のみずみずしさ、美しさ、それを生かそうという想い、
自然の恵みに対する感謝の心、
それが本当に大切なことで、華道をやる意義なんだと
教えて下さった。



だから、先生のお花のお稽古は他の流派に比べて本当に
フリースタイル。もちろん、どうやって生けたらより美しいかとか、
バランスがいいか、どういう力関係で植物を引き合って、
バランスをたもてばいいかとか、どう枝を剪定すればより
お花や植物が美しく見えるかとか、そういうことは丁寧に教えて下さるけどね。
あとは自分の心に素直に、正直に。



その竹内まりや先生(笑)、あの美脚に破れたジーンズ姿で、
やたらでっかくてぶっとい枝を、勇ましくノコギリで
ギコギコ切り倒してるもん!!!
まーたその姿がかっこいいこと!!!!
毎回思わず「かっこいーーー目がハート」と野次を飛ばすあたし。(笑)
枝や茎にハサミを入れて、スパーン!!!とものすごーく
いい音で思いっきり剪定する姿は、潔くって男らしくって、
これが本当の女性の凛とした美しさだな、と惚れ惚れしてしまう目がハート
お師匠様が着物を着て、おしとやかにお花を生ける・・・という
イメージが、見事に覆されてしまうよ。


あの、仮屋崎省吾さんなんかも、すごく独創的な
華道家だよね!あのひとはキャラが強烈すぎるけど(←顔に似合わず髪型オスカルだし!笑)でも、彼の持っている芸術論、美学っていうものは
ものすごく共感するし尊敬する!!!!
むしろある時期、ものすごく考えさせられて、学ばせてもらった。
だからこそ華道に興味が沸いたわけだけれど・・・。
あたしの先生も、カーリーと同じような独創性、価値観を持ってる!!
(←何度も言いますけど、うちの先生は可憐で麗しいのですが・・・笑)




先生の言葉に、たくさん気付かされる。


あたしが華道を始めるとき、不安で色んなことを尋ねたら。
「器用さや知識なんていらない。
必要なのは『綺麗だな』『美しいな』『素敵だな』と
感動する心。これさえあれば、何もかもが芸術になるのよ^^」


「まず自然を見て感動する心が大切。
そしてその自然の恩恵に感謝して、より美しく生かしたいと
想う心、それが生け花には大事。」


「相手を生かしたいと思うこと。
そして生かすことで自分の心に喜びが生まれること。
だからね、花を生かすことで自分の心が洗われるのよ。
それが、生かしあいの生活というもの。それが、普段の私たちの生活にも大事なこと。」



「花は、一瞬一瞬をエネルギッシュに咲き誇る。
たとえ花が朽ちて、枯れてしまっても、葉っぱが落っこちても、
丸裸の殺風景に見えても、実はその下で大きな栄養分を蓄えて、
次の季節に向けての準備をしている。
私は真冬の丸裸で、全部散ってしまった姿も大好きなの。
嗚呼、なんかすごくいいなぁって。はだかの枝を観て、
秋や冬を楽しめる。よくみると、密かにつぼみも付けているのよ!
どんな季節も、どんな時期も、それぞれを楽しめたら素敵よね!!
私はお花に、生き方を学ぶの^^」




確かに、先生の生けるお花は、たった一本のゆりが
花器に生けてあるだけでも、その茎の描く斜線や弧の美しさ、
、繊細さ、花のみずみずしさ、
本当に凛として、一本筋が通っているように思える。
活き活きとしていたり、潔かったり、また可憐だったり、
味わいがあったり、まるで先生そのものである。






そしてふと思い出した。
これらのことは、いつも歌のレッスンで師匠に言われてきたこと。




「美にこだわりを持ちなさい。
今あなたが奏でているものを普通のものにしないの。
『極上の美』にするのだと、そういう気持ちをいつも持ち続けなさい。」


「芸術は大いなる美なの。普通にうまいひとはたくさんいるけど、
多くのひとは普通なの。技術はうまくても、美しくはないの。
それは、本当に大切なものをすっかり忘れている人が多いから。」


「与えられたメロディ、リズム、歌詞、音楽の世界観を
より美しいものに仕立てあげようと思わなくちゃあなたが
歌う意味はなくなるのよ。技術的にはなんとなくうまく歌えても、
そこに美なる感性がなくっちゃ蓄音機やレコーダーと変わりない!
たまに腐った精神でヘドロみたいな歌を歌っている人間もいるぐらいだから、だったらまだレコーダーの方がマシ!」



「愛情を包み隠すな。自分の欲に向けるな。
惜しみなく出し続けなさい。自分で持っていても愛は生かされない。
他に与えることによって、自分自身も生かされるものなの。
それが究極の美であり、芸術表現なの。」


「だからね、オペラの役柄や歌の詩に生き方を学ぶことって
すごく多いのよ。」





・・・このタイミングでこの方々に出会えたことに、
心から感謝しています。
(←あとね、前も書いたかもだけど、ヨガとモダンダンスの先生も
素晴らしいの。全く同じ価値観なの!!偶然!!)




素敵だなぁって思うひとって、
すごく繊細に、色んなものを感じ取ってるんだね。
そして当たり前だと思っているものを当たり前じゃなくすることの
天才!!!!
なんでも美しいものにしちゃうし、
なんでも生かしちゃう。


お花の先生も、割れた瓦やジョウロやいらなくなった箱や
傘立てにすら美しく活用しちゃうし、
歌の師匠も、楽譜の1つ1つを余すところなく、全て生かすことに
賭けている。あたしも隙があったり無駄があると、
容赦なく怒られるもん!!!!
「この作曲家がどれだけ時間をかけて、この1小節を表現しようと
汗水たらしたか、その苦労を考えなさい!汲み取りなさい!!」
ってね^^;




ま。。。。もっと詳しくは次の日記あたりで。。。。






こういう繊細な美を感じ取れるひとは、
オーラも姿も本当に美しい。
あたしもそういう女性になりたいなぁと思います。
何にでもこだわりを持って・・・・ね♪




最後にお花の先生のおうちを少し公開しまーす。


写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真


いやー。。。ほんとに。
どこの創作料理屋さん?ってぐらい、器やインテリアが
素敵!!!!
日々の当たり前の生活を、より楽しむ姿勢が大好きです♪
あたしもこうでありたい。
結局は日々を楽しくするも、そうじゃなくするも、
自分次第なんだよね♪







・・・さて。
いきなり話は現在に戻りますが、
今日はバッハのカンタータのコンサートを観に行って参ります。
癒されてきます。


しかしまだまだ過去は振り返ります。





スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

saty33

Author:saty33
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。