FC2ブログ

Moon River

2008.10.13(Mon)




゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:




ムーンリバー 広大な河よ
いつの日か 優雅に渡りましょう
あなたは私を夢心地にさせ
同時に切なさで胸を突付くけど
どこへ行こうとも 私はあなたについていく

ふたりは漂いながら世界を放浪するの
世界中にはみるべきものがたくさんあるわ
ふたりは同じ虹の彼方を目指して
やがてその果てで待ちわびていることでしょう
昔からの、無二の親友
ムーンリバーとあたし





Moon river wider than a mile
I'm crossing you in style some day
Oh dream maker you heart breaker
Wherever you're going I'm going your way

Two drifters off to see the world
There's such a lot of world to see
We're after that same rainbow's end
Waiting round the bend my huckleberry friend
Moon river and me



訳:あたし。

゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.: ゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:







10月は月がとても綺麗ですね!!
月の柔らかな光は、見るものの気持ちを癒し、優しくする。
古代は、闇夜の道しるべだったという。
おぼろげに道を照らし出す。
太陽とはまた違って、しなやかで温かで、幻想的で、神秘的!!
ただそこにいるだけでドラマチックで詩的なたたずまいを見せる。


だからひとは、
月の物語を、詩を、俳句を、音楽を、書いたんだよね!


女性は月の光のようにあるべきだという話を聞いた。
そしてあたしもあんなに静寂で幻想的でミステリアスな雰囲気を
醸し出せるようになりたい。
そしてどんなに満ちても欠けても満月であるということに
変わりはないということを知るべきだ。人生もそれと同じだ。
月が欠けたからとて、恐れることはない。見えない部分に、
真実が存在する、とは、浄土真宗の親鸞聖人の教え。。。。
あたしはこの教えがすごーーーく好きです。



だからというわけではないけれど、
あたしの好きな歌には「月」をモチーフにしたものが多い。
しばらく自分と向かい合いながら、自分の核となる音楽について、
語りたいと思う。物事を感じるのに、こんなにもいい季節なので!




ってなわけで、
あたしの人生のテーマソングといえば、まずやっぱり『ムーンリバー』!


ほんと大好きだなぁぁ(*^^*)
別に月をテーマにしなくても、人生のテーマソングを挙げろと
言われたら、間違いなくこの曲もその1つに挙げる。


私はやっぱり音楽が好きだし、
その好きの程度がどのぐらいかは分からないけど、
(←もしかしたら世界中の比率で見たら大したことないかもしれないけど。)
でも私なりに、私サイズですごく愛しているつもり。

そしてその興味たるや、日々が進行していくにしたがって
まるで竜巻、台風のように膨らんで巨大化していく。
今では語りたいけど語りつくせない曲が膨大に順番待ち状態。

だけどその中でも、どうしてもこれだけは譲れない!!
という曲なんだ。

(←あとは他にそれらの中でも特に別格で、聖域!もうこれは私の命です!!と言いたいぐらい好きな曲がある。問答無用で世界で一番好き。
それについてはまた後日!)




今日からしばらく日記には、そういう自分の根底を流れる、
音楽の原点について迫ろうと思う。
月が綺麗だから、何故かいきなりそんな気分になった。
邪魔されないように言っておく。私は自分と向かい合うために
書きたいだけなんだ。無理して読んでもらう気なんてさらさらない。
ただ、この曲やこの意見に共鳴した方がいらしたら、ぜひ最後まで読んでいただきたい。





ってなわけで。

まず、『Moon river』という言葉の持つ響きがまずすごく好き。
日本語に訳すと「月の川」じゃん。一気に和風だよね。
なんか織姫と彦星が出てきそうなさ。(←それは天の川!)
せめて『河』であって欲しいよなー。なんとなくニュアンス的にね。
だからさ、訳した人も考えたなーって感心してるわけよ。
ムーンリバーっていう音の響きが既にもう、ファンタジック。



まぁ一般的に、
白銀の月明かりが、夜の墨汁のような世界に一筋、
おぼろげに輝いている情景が思い浮かぶのでしょう。
そして鏡のように、川面にそれが反射しているのでしょう。


写真


だけど、あたしにとってみれば、できればリアルであって
欲しくない世界。ムーンリバーはね、あたしの中では
現実にはないおとぎの世界なのですよ、昔から。


写真
写真
↑こういうイメージナノダ!



よく歌詞の意味が分からない、とか言われてるけど、
だからこそ様々な解釈がなされているよね。
ムーンリバーは愛する人の例えだ、とか。
夢の世界のことだ、とかさ。
あたしもこれまでは何やらよく分からなかったんだけど、
映画『ティファニーで朝食を』の中でオードリーへプバーンは
一体何をもって、あんなに寂しげにこの曲を歌っていたのだろう、
とふと考えるわけよ。


ああ、具体的な対象なんてないのかもしれないな。
ただ、心が何かを求めて憧れている。
その“憧憬”を歌った歌なんだろう。
(↑前回の日記に載せたブラームスの曲も『憧れ』について歌っていましたね。憧れの世界は遥かかなたではない、自分の胸の内にあるのだ、というもの。)



ムーンリバーは憧れである。
夢にも家族にも友達にも恋人にもなれる。
あるいは何かは自分ではよく分からないけれど、
おぼろげに期待しているものでも予感にもね。
いつも自分に寄り添って、自分の気持ちを駆り立ててくれるもの。
遥か遠くに想いを馳せるもの。


それがそのひとの生活を色鮮やかに彩っているんだろうね!



ありがたいことにジャスミンの半分は『憧れ』で出来ているので、
まぁ胸の内にたくさんのMoon riverがいるわけですわ。
憧れのひと、憧れの場所、憧れのもの、憧れの未来。。。。
そう、憧れや神秘や幸せって外にあるようで、自分の内側にあるものなんじゃないかって最近よく思うの。
どんなに世界が美しくても、自分の心にそれを感じる余裕がないと、
何を与えられてもそれを感じられないと思うのよね。


憧れる気持ちは、自分を飛躍させてくれる。
前向きにしてくれるし、磨かせてくれる。
でも時に寂しかったり切なかったりもどかしかったりもする。
だけど、そういうものにたくさん出会えたことが、
自分の人生を豊かにしてるんだろうな、ととても嬉しいわけです。



世界中を旅して回ってみたいし、その場でじっとしていたくもある。
そんな矛盾するようなもどかしい気持ちにもなったりする。
そんな私だからこそ、この曲の抽象的なイメージに
無条件に惹かれるのかなーと思った。





なにより映画『ティファニーで朝食を』のオードリーがやっぱり
可愛すぎる!!あたしの永遠の憧れの女性なわけです♪


写真
写真

あたしの部屋にはオードリーちゃんがでででーん!!といるんだもん♪↓
写真



だから以前、自分のホームページに
オードリーと自分の人生?について語ったことがあったの!
HPが故障したからしばらく放っておいたんだけど、
今回手直ししてみたー!(←バックアップは取っておいたから
直すのは簡単♪)良かったらみてみてーー!!↓↓
かなり主観に走りまくってますが・・・(恥)



http://www.geocities.jp/satomiyada/TIFFANY.HTM
【ティファニーで朝食を】


http://www.geocities.jp/satomiyada/audrey.htm
【オードリーへプバーンを語る!?】←これが表紙。


http://www.geocities.jp/satomiyada/myfair.htm
【マイフェアレディ】





そしたらさ、もともとはこれ、3年前に作ったページなんだけど、
久々に読み直したら、自分のものの感じ方や考え方が変わっていてとても驚いた!


だから、明らかに違うところは書き直しちゃいました。
3年前の6月というと・・・まだ21歳かぁ。
21のあたしは、やっぱりめちゃくちゃ狭い視野で物事を見てたんだなぁ。
めちゃくちゃ自己中やん!!と我ながら改めて思った。


面白いので、改訂前の3年前のままのページも載せちゃいますっ(笑)
すっげーヒマで時間を持て余しているという方はぜひ読み比べてみてください♪

http://www.geocities.jp/satomiyada/auold.htm ←ティファニー
http://www.geocities.jp/satomiyada/tiffanyold.htm ←トップ
http://www.geocities.jp/satomiyada/myfairold.htm ←マイフェア


↑この3つは恥ずかしすぎるので期間限定で載せます。
のちほど削除しちゃいます。 


特に【マイフェアレディ】でのコラム・・・。
なんだこりゃ。。。行き遅れのオールドミスか!(←失敬!)

ジェンダー問題で男女平等を訴えていつもキリキリ怒っている
ヒステリックな女の発言ですか?っていう感じ。
3年前の文章をベースにちょこっといじっただけだから
あんまり骨組み的にも基本的な価値観も変わってないように
ハタから見ると思われるかもしれないけれど、
あたし自身から見ると大いに違います!!
やっぱりちょっと柔らかくなれたような気がする。
(←自分でゆーな!)


やっぱり男と女ではもともとついてるモンが違う!爆
だからそれを理解したうえで平等を唱えなければいけませんな。
男性はやっぱり狩猟民族的な強さや勇敢さがある中で、
女性は柔らかく愛を表現できる特権があると最近よく思うのですよ。



実は最近、またしても師匠に言われたんだよね(笑)


「なんかあれだね、ここ最近性格変わったと思うよ。あなたの。
まどろっこしいのがなくなって素直になった(笑)
付き合いやすくなった!(爆)」



なんだそれー!!と思わず大爆笑しちゃったけど。
あたし一体なんだったん??
まぁ周りに思われてたんだろーなということは充分自覚しつつ・・・
基本的にいて座B型って、他人の分析はすごいけど、
一番自分のこと見えてないって言うじゃん。
(←同じいてBの杉田かおるが言われてたw)
ほんとその通りだとつくづく思うんだけどさ。



そしたら師匠、


「前は絶対人は人、自分は自分って自分のペースを崩さなかったじゃない。他の人が自分の領域に踏み込んでくるのが絶対嫌だ!って。
他に自分の身を預けるのが嫌で頑なになるっていうかさ。
それがだんだんなくなってきて順応性が出てきた!(笑)
まぁ頑固っていうのは個性ではあるけど、才能ではないよね。
歌がうまくなりたかったから、頑固ではダメよね。」




・・・うーん。素直にしていたつもりだったのに。
見破られていたのね。(笑)
あたし自身すら気付いていなかったことを!!!
なんかそういう性格が歌にもレッスンの姿勢にも出ていたと
言われた。ちょっとなくなったらしいよ。
まだ猪突猛進な感じだけどね(笑)ってさ。
猪突猛進も個性だけど、そういう考え方しか出来ないのは
不自由よね、って。



でも、自分の3年前の文章を読み直すと、
自分ではその言葉がすごく理解できる!!
あたしは頑として自分を譲らなかったなって。
あーめんどくせー奴!!!!


今もかなりマイペースなのは自覚してるんだけどさ、
でもなるべく柔らかく穏やかに生きていきたい、という風に
変換し始めてるのは自分で感じてるんだよね。
やっぱり意識の改革って、出会いの影響が大きいよね。

一期一会っていうけど、どれだけ色んな、
そして素敵な考えを持っているひとに出会うかで
人生の色が決まるなぁと思った。



そして改めて思ったこと!!

稚拙な文ではありますが、書いていてよかったー!!
ってこと。
あたしの文章、やたら長い長いばかり言われて、
そんなに内容がないのか?とたまに凹むけど、
自分のためにずっと書き続けてきて、
自分の歩いてきた軌跡をこうやって振り返って、
見つめ直すことが出来るから。
なんかよく自分探しで旅立つ人がいるけど
あたしも是非ともそーゆーことをやりたいんだけど、
資金がないので・・・(笑)代わりに書くことで自分探しの旅をしてる感じがあるなぁ。ま、どーせ海外に自分探しの旅に出たところできっとずっと書き続けてるんだろうけどね。


また3年後に読み直したら変わっているのかな。
なんだこんな馬鹿みたいな文章書いてー!ってさ。
そう思うと記録を残しておくって大事だよなぁ。
昔は手帳に毎日日記を書いていたのに、
最近めっきり書かなくなってしまったら、日々がうすっぺらく無価値に過ぎていくような気がするもん。
だめだね。やっぱり私にとって自分の想いを表現する作業は、
自分を磨いて成長させる過程でなくてはならないものなんだなー!




・・・しばらくこんなうざい日記が続きますが(笑)
ご了承ください。ま、ほとんど独り言です。


だけどね、やっぱり“哲学する心”は持ち合わせていたい。
今の日本人は忙しすぎて物事をしっかり吟味して味わって、考える
時間がないから、全然中身がないって言われてる。
私はやっぱり、そういうのはいやだな~。
“美”を追求したいけど、それは取り繕ってうまく見せかけた“美”ではなくて、内面から引き出された、それも“知的な美”でありたい。


ってなことで、次回も月をテーマにした
あたしの人生ソングをご紹介しますwww



追伸:冒頭の動画のAndrea Rossちゃんの声が心地よくてマジで
好み!!なんと1991年生まれのまだ17歳なんです。
げぇー!!うちの末っ子の弟と同じ年かよー!










スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

saty33

Author:saty33
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。