違和感

2008.06.12(Thu)

違和感を感じてたまらない。
今回の秋葉原の事件。



身勝手な幻想で取り返しのつかないことをしでかした
犯人に対する想いはもちろんのこと。


かけがえのない命を一瞬にして奪われてしまった犠牲者の方々や
当たり前の日常を甘ったれた1人の男に奪われてしまった
ご遺族の皆さんの気持ちを思うといたたまれなくなる。



犯人の犯した行為は、決して許されるものではない。
人間は良心、道徳心、理性が働くから「人間」と呼ばれるのだ。
そこをいくと、彼は人間としての人格が崩壊していると言われても、
仕方がないと思う。


あの衝撃的な映像を見たときはショックだったし、
容疑者に対して、心底憤慨した。

「罪のない人達をあんなに刺し殺しておいて、自分が警察に
撃たれそうになったら降参してんじゃねーよボケカスがぁ!!!
自分の命は惜しいってか!ふざけんなよ!」
と、テレビに向かって怒鳴りたくなった。


本当に悲しい。悔しい。
なぜこの人が生きていて、関係のない人が死ぬの??





私にそんなことを思う権利はないけれど、
やっぱり思ってしまったよ。
例え殺人犯であっても、
本来死んでいい命なんて、存在しないのにね。
でもそう思えてしまうことが、また悲しかった。



人間は生きていること、ただそれだけで尊いんだよ。
喜びなんだよ。喜んで生きればいいんだよ。
なのに、「お前が死ねよ!」なんて世間から言われるような
行動をするなよ。。。。


人が人の命を奪う権利なんてどこにもねーんだよ。
他人の命を無駄にすんな。
同時に自分の命を無駄にするようなことするなよ。
馬鹿者が。





一言では言い表せないような感情に苛まれた。





同時に、第三者の群集に対しても悲しい感情が芽生えた。



事件現場でケイタイの写メを撮ってるなんてほんとどういう心境なのか
聞いてみたいし、私も実際その場に居合わせたらそういう行動に
走るの??なってみないと分からない。
一瞬の出来事で夢か現実かワケがわからなくて、
ああいう行動に走るの??
よくわかんないよ。
理解できない!ってどっかの腐れコメンテーターみたいに
吐き捨てたくないけれど、でもやはり理解に苦しむ。


助けなきゃ!って、思えないの??
自分に何かできることはないのか、って思えないの?
日本人のDNAって、そんなものなの??
悲しすぎるよ。。。。なんでそうなっちゃうんだろう。
私はその場に居合わせたわけではないので、偉そうなことを
言う資格はないし、彼らのことを責められないけれど、
だけどただただ悲しかった。ほんとに。




それから、報道カメラの後ろでピースサインしてるやつら。
ほんっとに。
どこにでもいるんだな。いつの時代でも。
なんでこうなっちゃうんだろう。
みっともねーよ。おまいら。
カメラに写ってラッキーとか思ってる場合じゃねーし。
例え思っていても自重しとけ。
個々をみていると、ちゃんと血の通った心のある人間であるはずなのに、
あーゆー姿を見ると、没個性の低俗な民衆に思えてしまう。
群集って、ついああいうことをしてしまう、悲しい習性が
備わっているのかな。





ふと、昔読んだ何かの文献を思い出した。
フランス革命のときに「群集心理」について研究した、
ル・ボンっていう社会思想学者の本だったかな。

・人間は個人でいれば普通なら考えられないようなことを、
「群集」という集合体の中では、個人であるときとは
違う意識が働いて出来てしまうことがあるということだ。



あとはデュルケームだかタルドだかの社会学者が、
とにかく「大衆・群集・公衆」について語っていたこと。
(あたしは社会学専門ではないので詳しいことはわからんばい。
誰か教えてください。)

・群集というものは没個性的であり、
世論の影響を受けやすく、右往左往しながらパニックに陥る、
愚かなもの。


簡単に言うと、そんな感じだった気がする。





みっともない。。。。
あーみっともない。。。。。


ふと、世界史の授業や博物館で、
ギロチンの処刑場でわーぎゃー騒いでる群衆の絵が思い浮かんだ。



群集ってやつは、マリーアントワネットが嫁いだ頃は
ちやほや大騒ぎしてたくせに、とんでもない噂に左右されて
闘い出し(←王室の実態を知らずに武器を持ったひとも
少なからずいただろうよ・・・)王室の人達をさらし首にして、
王様の死体を見てぎゃーぎゃー騒いでる・・・。


むごたらしい。
しょうもない。



ギロチンだけじゃないよね。
火あぶりの刑のときだって、周りに野次馬がいたわけだし。
昔の人間って、ほんと残酷だなぁって思っていたけれど、
それと今回の事件、全然変わらないわけじゃんか。





あーみっともないな。。。。
あたしは中学生のとき、こんなその他大勢の群集のうちの
ひとりになるぐらいなら、ひとりの人間として歴史に残るような
立派な生き方をしたいな、名前が残っている人のように。
なんて思ったものだ。



世の中のみなさん、、、、
そんなしょうもない群集化するのはやめようよ。
と言いたい。
もっと血の通った人間であってください。
なんて、願わずにはいられない。。。。。




(※社会学的な呼称である“群集”をここでは使わせていただきました。)






実は、違和感を感じたのはそれだけではない。




事件が起こった当時、またその直後、たまたまパソコンを開いていた。
色んな人達がこの事件について書き込みしていた。


「私は無事だったのでよかったです。」
「私も、僕も、もし時間がずれていたら巻きこまれていたかと思うと
ぞっとします」
「いつも行く街であんな悲惨な事件が起こったかと思うと、
悔しくて悲しいです。」




その通りだと思うよ。
素直な感想だと思う。
それにケチはつけたくない。


だけど・・・



どうしても、違和感が拭えない。。。。





なんてゆーか、
「ああ。これが日本の風潮か。。。。」
と、悲しくてたまらなくなった。


私自身もたいがい自己チューだと言われるので、
自分自身も含めて。


みんな、自分を中心にしてしか物事を考えられないんだな。。。。
他者は切り離して考える。
実際に被害に遭っている方がいるんだよ?
自分らと何ら変わらない生身の人間が。

武士でも何でもない、ナイフで人が戦ってる姿なんて見たことのない、
平和しか知らない人達が。
歩行者天国に、まさか車が突っ込んでくるなんて、
思ってもみない人達が。





これらの日記を書いている人達に何の悪気もないことは
分かっているけれど、私だって被害に遭われた方々の気持ちなんて
絶対に分かりっこないけれど、でも、なんだか悲しかった。



日本ってこういう利己主義の集団なんですよーって。
今回の事件を機に浮き彫りにされたみたいで、悲しすぎた。
自分が無事ならよかったって、
それじゃあ犯人の思考となんら変わらんやん。

もちろん犯人ほどの行き過ぎた異常な思考ではないにせよ、
歩いてる思考のルートは同じに感じられたよ。
ただ犯人はその行く末だったってだけ、って感じられた。
きっとこういう人達が、ケイタイを片手に
写メールを撮ろうとか、報道カメラのバックで手を振ろうとか、
そういう発想をしていくんだろうなぁって思った。



こういう超・個人主義的な思考であり、
他者を自分の命との繋がり、または同じ生命として考えられず、
切り離して考える風潮は、決して彼らのせいではないし、
彼らだけが悪いとは言い難い。
やめろ!変われ!と言って変わるわけではないし、
私の価値観を押し付けるのもなんか違う。



きっと長い歴史の中で、社会全体がそんな風潮になってきてしまったんだろうな。




本当は、一人一人を知ると、それぞれが喜怒哀楽があって、
そのひとなりの人生、生活、関わり合いのある、素敵な人達だろうにね。
そう信じていたいよ。





もちろん、上記に記したような、
ムナクソの悪~~~い行動を起こすひとばかりではない。
私があのショッキングな映像を見て真っ先に目がいったのは、
無神経な野次馬たちではなく、一生懸命救助・蘇生作業を行っていた
人々の姿だった。


自分の身の危険を投げ打って救助にあたる姿には、
こんな場面で不謹慎かもしれないけれど、人の心の美しさを感じた。



ル・ボンの言うように、群集という名で個人が没個性になったとき、
ひとはとんでもない非常識な行動に走るかもしれない。
それは私自身にも言えることである。
でもそのときに自分は、あの、他者の救助に懸命な人々のようにありたいと願う。




人間は心次第で、殺人鬼にもなれるし、
大声で「大丈夫だよ!」と励まして悲惨な現場を駆け回る、優しい救世主にもなれるのだ。


心ひとつで自分や周りを生かすことも殺すこともできるんだな。










スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

saty33

Author:saty33
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。