FC2ブログ

大好きなオペラManon Lescaut(マノン・レスコー)

2008.02.17(Sun)






はい。終わりました。


前日まで突然の熱で大変でしたが、
なんとか歌えました。

観に来て下さった皆様、
本当にありがとうございましたm(__)m
心配して下さった皆様も、
本当にありがとうございました。
おかげですっかり元気になりました。





過去、ずーっと舞台上で大失敗をして以来トラウマになり、
以後一度もレッスンでも一発で成功したことがなかった
高音(ハイCなどなど。)が、今回初めて成功したことが何より自分でびっくりしました。



分かりやすく言うと、トリプルアクセルが
成功したようなもんです。私の中では。



ま、細かい音の鳴り方などなどは、コンディションが
悪かったこともあり、不平・不満を言い出したらキリがないんですけどね。


だけど、ハイCが鳴ったことが一番ホッとした出来事です。



おまけに客席から『ブラボー』の声をいただいたことが何より
びっくりでした。。。。。。
嬉しかったです。
そして、あんなチンケな演奏に。。。
恐縮すぎです。。。。。。。。。





いつも毒舌な地元の先生にも初めて褒めていただいた
ことが本当に本当に嬉しかった!!!


「完璧にマノンになってた!!!
あんなあなたを初めて観た!!」




最高の褒め言葉でした。


マノンレスコーはとっても洗練された、
お洒落で甘美な曲ばかりで、
フランスの砂糖お菓子みたいにふわふわっとしたオペラ★
だけどクライマックスはとっても劇的で切なくって。。。。
私、大好きなオペラなんです!!

あたしはゴマンとあるオペラの中で、ベスト1を挙げろと言われたら、
即座にこの「マノン・レスコー」を挙げられるぐらい、大スキです!!




私の歌ったオペラのヒロイン・マノンは、
フランス文学の名作に出てくる主人公で、
華やかで享楽や快楽を本能のままに好む女の子。



デ・グリューという男子学生はそんなマノンの美しさに一目ぼれ。
「こんなに美しい人は観たことないぞ!!!」

http://jp.youtube.com/watch?v=YZW0uGGK_94&feature=related
↑あまーーーーーい愛の歌をドミンゴの声ではいどーぞ。


そして二人は駆け落ちするのですが、
彼にはお金がない。


そしてその美しさゆえ、金持ちの老人が言い寄ってくると、
マノンは悪気もなく、ただお金と豪遊な暮らしにつられ、
あっさり彼を捨てて、老人と暮らし始めちゃう。



でも、いくら豪華な暮らしを手に入れても、
やっぱり愛のない生活にうんざり。
デ・グリューとの楽しかった愛の生活を思い出して後悔と切なさに浸る。。。。


http://jp.youtube.com/watch?v=LwYW5IqL1m8
↑はい。そのシーン。 あたしが歌ったうた。



歌詞はこんなん。実はきわどい。


『この柔らかなレースにつつまれた黄金の高価なベッドには
まるで死のような寒さがあります。
凍りつくような、沈黙の寒さが。。。。


だけど私は
燃えるような唇と、熱い腕の抱擁と
享楽的な愛撫を知っているの!!


だけど、今それはすべて過ぎ去ってなくなってしまったこと!!!





ああ、私のささやかなあの家。戻ってきてちょうだい。
楽しくて、孤立した、あの白い小さな家!!
戻ってきて!優しくて、平和で、まるであの愛の夢のような。。。。』




↑この曲の最後の「ああ、私のささやかなあの家。。。。」と
呟くように歌うところでは、想いが高まり過ぎて、練習しながら
何度も号泣してました。。。あたし。
切ない曲っす。





そんなことを呟くマノンですが、
なんだかんだいってもやっぱり贅沢は楽しい。
昔の恋人を思い出して浸っているそばから、
甘美なメヌエットが流れ出すとマノンは陽気になってしまう。

あたしこのメヌエットがほんとに大好きなんです~~~!!!!
もっと単独で演奏されてもいいのにな★レストランとかで。
http://jp.youtube.com/watch?v=CLsAJmlddQ0




更にマノンは陽気にこぉんな歌を歌い出しちゃう。


http://jp.youtube.com/watch?v=8vWmGMH-HAE
↑はい。これが3曲目の歌です。
日本ではなかなか歌われない、マイナーなナンバーです。
ひたすら甘々でちゃらちゃらっとした華やかさがあって。。。。
ドロドロの悲劇よりこぉんな感じの曲の方が好きなあたし★



『時は美しく楽しゅうございますわ
日の光は 忠実な羊飼いの娘の周りで微笑んでいるの
あなたのために、彼女は嘆き、そして生きる


だけどお日様、あなたがおいでになると
彼女は幸福にはずみ、生き甲斐を感じるのよ
ああ、空をご覧になって
なんと晴れやかなことか!愛の奇跡を喜んでいるのよ


ねぇ、私を甘やかすようなお心を抑えて下さいませ★』





・・・で、その後のマノンの行方は、
恋人が押しかけてきて

   ↓

  修羅場


   ↓


許しを乞うて、仲直り。
またまたエロティックな二重唱  


  ↓

「逃げようぜ」という彼氏に、
「でも待って!!こんなに宝石もあるじゃない!
もらってから逃げましょうよーーーー!!!」とうだうだ。


  ↓

金満の老人に見つかる。キレられる。
「てめーは犯罪者じゃーーーーー!!!つかまえるぞー!!!」(←嫉妬ありーの。)

マノンは女囚としてアメリカへ島流しの運命に!!
二人はバラバラになってしまう運命に!!

   ↓


悲しくも美しい間奏曲
http://jp.youtube.com/watch?v=vkX4YlkWcZ4
↑この曲めっちゃ大スキなの(T▽T)泣ける。。。。


  ↓


アメリカへ島送り。
オレもつれてけー!!と彼氏が叫ぶ。
ここでも感動的な彼氏の歌があるが。。。省略。


   ↓

アメリカの未開拓地(←だってまだフランス革命あたりの時代だもの。まだインディアンが住んでた時代。)の砂漠に
送られる。

  ↓


そしてマノン、砂漠の上で死ぬ。






こんなお話なんです。
悲惨なんですが、パリのお洒落な雰囲気がただよっていて、
すごく大好きなオペラ&お話です。


フランス文学者、アベ・プレヴォの自伝的小説と言われていて
原作も読みましたが。
原作では、マノンの享楽ぶりがより一層激しくかかれていて、
だけど純粋で悪気がないので、にくめなくて可愛らしくて。
最後の悲惨なシーンでは小説を読みながら涙がとまらず。。。


原作では、大スキだった彼が、マノンが砂漠で
疲れ果てて死に、その死体を砂の中に埋めるとこで終わってます。。。。。





あたしの歌は、華やかなシーンを歌っていても
最後の4幕の死ぬときみたいなテンションだ!!!
とずーっと先生から言われ続けていて、
私の本性を知らない先生からは(笑)

「まぁあなたはマジメで神経質で、マノンの性格とは正反対だから仕方ないか。でも、ガラにないキャラもできるようにならないと駄目よ。」


と、ずっと言われ続けてて。


メヌエット調の歌を歌っても、メヌエットのリズムに乗りきれてないと言われ続けてて。。。

フランスっぽくないとダメ出しされつづけてて。。。。




だけど本番では、完全にマノンだった、
と言われたことが嬉しくて嬉しくて!!!!
ちゃんと煌びやかに、メヌエットが歌えたかなぁ??(*^^*)
華やかに、歌えたかしら??




ま、細かいことは言い出したらキリがないと言われましたし
自分でも思うけど。。。。。。
あれだけ吹っ切れて歌えたらいいわと言ってもらえた!!


これからも頑張る!!!!!




でも、最初のドイツ歌曲はボツったねーと言われたので、
これから頑張るわ。。。。。。。。
だって難しいモン。ああいう曲は、まだ早い。



とにかく、先生を始め、支えて下さったすべてのみなさんに感謝・感謝です。



裏話は、また次回お話します笑
こっちの方が、必見ですぞ!!


本当にありがとうございました!!

   













スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

saty33

Author:saty33
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。