奇抜なのがお好き?

2007.11.15(Thu)

 



ஐ゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。゚・*:.。. .。.:*・ஐ゚・*:.。. .。.:*・゚ฺ・ஐฺ



http://www.youtube.com/watch?v=OOKZnrjps7I&feature=related
↑BGM

ஐ゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。゚・*:.。. .。.:*・ஐ゚・*:.。. .。.:*・゚ฺ・ஐฺ



かなり前の話ですがアールヌーボーの画家たちの美術展に行ってきました゜+.(o´∀`o)゜+.゜


写真は,そこで買ったお気に入りの画家たちのポストカードです(≧∀≦)



ド派手で奇抜でショッキングな色彩の絵は大好きな画家、マティスのもの。

これは昔、初めて見たときからカワイイ~☆☆と一目惚れしていた「Jazz!」の作品です。(≧∀≦)
音楽がモチーフになってるの♪いいでしょお(≧∀≦)
サイケな匂いぷんぷん??




あたくしのお部屋、ホワイトが基調で年々地味になっていくので,こういうのをアクセントに飾るのが好きなのです(≧∀≦)





それからピエロみたいなのがいる絵は、大注目のシャガールです☆☆☆



ほんとはもっと淡いピンクのオペラをモチーフにしたフワフワな絵や童話や夢やサーカスの夜など,ファンシーな作品がたくさん展示されてあったんだけれど……
ポストカードはこれしかなかったー!!!(-.-)



でもドリーミーな絵が欲しかったので……かろうじてコレ☆☆☆f^_^;
もっと好きなのがあったのにー!!!ぶ~っ( ̄~ ̄)ξ





西洋美術の好きな祖父母の影響か,昔から絵は好きで,特にルネサンス~バロック~印象派あたりの絵はしょっちゅう見にいっていて,
特にヨーロッパのお城や宮殿や教会に施されているような(飾られているような)エレガントで美しい絵が好きだった(≧∀≦)




フランダースの犬のネロ少年が感動し,昇天してったルーベンスの絵を初めてナマで見たときは,人物画の肌の,まるで真珠の輝くような質感に私も鳥肌が立つほど感激してしまったし………



レンブラントの描く光と影の世界にムーディーな雰囲気を覚え,


ブリューゲルの描く,まるで絵本のようなヨーロッパの農村の素朴な生活に憧れた(#^.^#)



イタリアンなダ・ウ゛ィンチやミケランジェロやラファエロ,ボッチチェリらの絵よりももっと北方の,ドイツやオランダ,ベルギーあたりの画家が好きだったな~!!(#^.^#)



壮大な画風よりもカチっと型にハマったような厳格な画風&北方ヨーロッパの精神や哲学が好きだったみたい☆☆☆





それが最近では……。



好みとか色んなこだわりが見事に崩れ去り………






もうなんでもこいだ!!








音楽,美術,ファッション,インテリア,食べ物………


ジャンルとかカテゴリーとか,見事に取っ払って愛せます!!


これは好きとかこれは嫌いとか,あまりこだわりがない分,世の中に嫌いな物が見当たらなくなってきた。




なんだか色んなジャンルの友達が増えた。。。。






ゆるーいモノ好きな人間は,堅苦しいものを気嫌いします。


逆に形式美を愛する人間は,斬新なものや独創的なものを受け入れようとしません。




それがその人なりのスタンスで,それがポリシーで,それがカッコイイとそれぞれが思っているだろうから別になんでもいいんだけどね。



でもあたしは,極端に型にハマってるものも,爆発してるものも,ユルイものも,堅苦しいものも,シックなものも,激しいものも,そこにそれぞれの美や気持ち良さや魂があるのなら,なんだって,どんなものだって受け入れられる自信がある。



唯一狭いのは男の好みだ(笑)


最近それも間口が広がりつつある気がするが…。





ま,人生なんでもラブ&ピースってことで。。。

こうでなきゃダメ,とか,こうあるべき,とか,そういうのは取っ払った方が,人生二倍にも三倍にも楽しい。
世界が広がる☆☆☆




だから,幼い頃にはアンニュイすぎてイマイチ分からなかったアールヌーボーの美も,今ではそれを通して新たな世界を見ることが出来る気がして,すごく好き。



シュールレアリズムもキュビズムもどんとこい。




感じてやるさ,彼らのスピリッツを!!!!








ワタクシはやはり,何事もどーしてもドイツ系LOVEだったものですから,おフランスのチャラチャラしたような華やかさとかこ洒落た感じというのがどうも苦手だった……




それが今では特にお気に入りの画家が,


華々しいパリのど真ん中にいた,ミュシャやロートレックですからね。



びっくりだよ!!!!





ミュシャはフワフワしてやたらオシャレな曲線美が大好き。


ロートレックは,あのチャラチャラとこぜわしい,パリの街をニヒルに描く画風がいかにもパリっぽくて好き。







…というか,最近おフランス以外にも,クラシックアメリカンでもカントリー系でもUKでもアジアンでもアフリカンでも和でもなんでもいいや。





いろいろ試した末に,部屋もファッションも結局シンプルに落ち着いてしまった………。
なんにでも染まれて,なんにでも染まらない自分でいたい。









お。そーいや最近愛知県美術館でロートレック展が始まったよね!!




誰か一緒に行かない??




華やいだパリの夜の雰囲気,一緒に味わおうよ!!



ド派手なネオンのギラつく,酒飲みやキャバレーのねぇちゃん達など,そんな眠らない夜の街もやっぱり好きなんだ!!!






あ。ボストン美術館ではレンブラント展をやってる。




こちらはフォーマルなファッションでクラシカルな気分になる。


こちらも相変わらずだ~~いすき(≧∀≦)




誰か一緒に行ってくれ!!!



一人行動大得意だけど,最近やることが多過ぎて,一人でいるとホカゴトやっちゃう(>_<)
レンブラントもうすぐ終わっちゃうんだよ~~~!!!






最後に,
どーでもいい話ですが,今日のあたしはシャワー浴びたてでセットする間もなく電車に乗り込み,髪の毛ぺったんこで,武田鉄矢くりそつでした。






………それも海援隊の頃の………………。






ではでは~☆




スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

saty33

Author:saty33
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。