今まで目の前に!

2008.09.28(Sun)

偶然フィギュアスケートの浅田舞ちゃんがいた!!!!!!!



びーっくり!!!!



めちゃ報道陣に囲まれていたし(笑)


テンションぐぐぐーん上がりました!!!!!

詳しくはまたのちの日記にて☆



スポンサーサイト

It was like a dream!

2008.09.26(Fri)




だんだん秋らしい涼しさを肌で感じられるようになりましたね。
本日の日記も、芸術の秋の夜長にぴったりな、
長ーーーーい長ーーーーい独り言です♪




○。○。○。○。○。○。○。○。○。 ○。○。○。○。○。○。○。○。○。




先日は、まるで夢のような素敵な一日を過ごしました♪目がハート
というのも、初デートだったんです、
以前予告したとおり、新師匠とね揺れるハート


愛知芸術文化劇場の大ホールにて、
ヴェルディのオペラ『ファルスタッフ』を観て参りました!!




↓↓その日一日の流れはこちら↓↓



午前中にレッスンに行く。
またしても新師匠の豊かな感性に感動で泣きそうになる。
新師匠は言葉で、演奏で、泣かせてくれます!!
彼女の歌の心は、まるで手話のように
心に沁みる。。。。
たとえ耳の聞こえないひとの心にも、鳴り響く演奏なんじゃないかなぁとさえ思う。
それぐらい、沁みる。


するとやっぱり!
新師匠は手話も勉強していたことがあるんだって。
だから耳の不自由な方との会話もできるらしい。
そこで表現についてとても勉強させていただいた、
と言っていた。彼らの表現は、耳の聞こえるひとたちの
会話よりも懸命で丁寧で、大切にしようとするらしい。
分かる気がする。。。。


あなたは耳が聞こえすぎることによって、
自分の耳に聞こえる音ばかりに頼り過ぎちゃって、
心や頭を置いてきぼりにしている、
五体満足で便利だと思っているでしょうけど、
逆に損をしているわ、と言われてしまった。
耳の聞こえないひとなら、豊かな感情を必死の思いで
伝える努力をするだろうし、音声を出すことに
関しても、とても慎重で、頭をめちゃくちゃ使うだろう。
みんなね、耳が聞こえることに甘んじて、頭も心も死んでるの、
ってさ。


そして、歌を歌うときに駆使する、腹筋の使い方に対しても、
五体満足であることによって、手足の四肢の力に頼り過ぎてるわね、
手足が使えるせいで、集中力がお腹にいかないの。
五体満足って便利なようでとても不便なことなのよ。
逆に手足のないオーストラリア人の歌手がいるけれど、
腹筋のコントロールがものすごいわ。神経がすべてそこに行くのね。
あなたは自分の体が便利だと思い込んで、
気迫せまるような集中力が欠けている。散漫になっているわ!
どうしても集中できないなら、四肢全部ちょんぎってきなさい!(笑)
声を出すことって、あなたが思っているほど、そんな簡単なことじゃないわ!
と、よく怒られる(笑)

ただの大声合戦なんていらない。
それをしたいなら芸術家じゃなくて応援団になりなさい。
止めないわよ。スポーツ選手も大喜びよ!
ってさ(笑)

芸術がしたいなら、心を使いなさい、
頭を常にフル回転で駆使しなさい。


・・・確かにそうだ、と思わされる。
普段喋らない言語で歌っているというのに、
今までそれを簡単に考えすぎていた。
イタリア人でさえ必死に歌の勉強をするのにね、
日本人がイタリア語を歌うって、その何百倍もの努力と、
語学の勉強がいるはずなのにね。
呪文のように簡単に考えすぎていた自分に大いに反省。。。。




だけど、散々怒られ続けて、出来が悪いなぁ。
頭悪いなぁ。それに立ち向かうだけの闘争心に欠けてるなぁと
自分自身の弱さを毎回思い知らされると共に、
考え方が徐々に磨かれていく気がするのも事実。



今までは、なんだかんだ屁理屈をこねても、
とにかくうまくなりたいということしかなかったと思う。
うまく出来た、失敗した、
それしかなかった。
そして随分長い間全然自分の歌いたいように歌えなくて、もがいていた。
もはや悪あがきの歌、みたいな感じ。(笑)
だから昔の日記なんて、恥ずかしすぎて読みたくもない。
そして今の新師匠に最初、それを見破られた。


「歌がすごく好きでとても素晴らしい感性を持っているのも分かるけど、いろんなことがグチャグチャな状態になっている。
まずはそれを解きほぐす作業からね。」



だから、ハッキリ言って今の師匠になって劇的にうまくなった、
とかは全然まだないんだ。
ただ、だんだんシンプルになっていって、歌いやすく
なった、ただそれだけ。
初めはメゾソプラノとして見てもらっていた声が、
もはやこのままいくとソプラノのリリコ・レッジェーロに
なるかも、と言われている。。。。
でもなんでもいいや。って感じ。
自然に任せるわ。今はオペラアリアも全く歌っておらず、
歌曲ばっかりだし。

新師匠はあたしをすぐにうまくさせよう、とは思ってないみたい。
今日は口の形だけ、とか舌の形だけ、とか姿勢だけ、とか、
呼吸だけ、とか、そんなことしかここ半年以上やってない。

だからいざ本番があると、パーツパーツがまだうまく揃わなくて、
へたれな歌しか歌えないんだ。
まだ曲を完成させる、までには至ってないからさ。
だから1年は人前でなるべく歌うのをやめようと思ったの。



だけど変わったことは、明確にある。
レッスンをしていて、今まではうまく歌えなくて
つらかったり悔しいこともたくさんあった。
今は出来ないことだらけだけど、怒られまくりだけど、
歌ったあとは気持ちがすごく洗われる。
今までは戦場で闘いに敗れたみたいな歌い方をしていたのが、
今は、自分の集中力のなさやへたれとは闘っているけれど、
教会のステンドグラスに差し込む光を見上げているときのような、
そんな清らかさが自分の心に残る。



声を出すということがとても尊いことだと思えるようになったし、
芸術ってとても尊いと心から敬えるようになったし、
楽譜の意図を読み取って、正しく歌うということが
どれだけその作曲家や音に対して親切心、愛を示せるかが
今になってようやく分かるようになってきたし、
作曲家や曲、言葉に対して尊敬の念を抱き、
歌わせていただきます、と思えるようになった。
それと同時に自分が他人に対しても優しくなれるように
なってきた気がするし、
もはや自分がうまくなることにあまり興味がなくなった、
というと変だけど(←しかもこんなこと言うのはまだ早いけど。)
ただ芸術の真髄を表現できる技術は欲しいけど、
自分自身に対してあまり興味がなくなった、という感じかな。
興味があるのは芸術に対して、かな。


そのようなことを思うとき、いつも私はこの曲を思い出します。
数年前に歌ったとき、歌詞にとても共鳴、感動したもの。
プラハで、チェコ人のソプラノ歌手の先生に教えていただいた、
大好きな曲です。
だけど本当の意味でこの詞の意味を理解したのは、今になってから。

そして偶然なことに、新師匠も自分の先生から
芸術とはこのようなものだと教えられ、この曲を自ら
歌って下さったのよ、と言っていた↓
(↓ちなみにこの動画は、なんとほんとの新師匠の師匠です!!)
これは、ギャラリーにあなたは天才!と褒められた女優が、謙虚な気持ちで歌う歌↓
今はほんとにこの詞の通りだな、と共感しております↓



゚・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・



私は創造主である神の慎ましいしもべに過ぎないのです
神から授けられた言葉を人々の心に伝えるだけの。。。
私は詩の調べ、人生というドラマの響きとなり、
神の御手のままに伝えるつたない楽器なのです
優しく、陽気に、時には残忍に・・・
私はいつも『忠実』に演じている。
声は翌日には消え去ってしまう、はかない吐息なのです・・・




オペラ『アドリアーナ・ルクヴルール』より
        By ライナ・カバイヴァンスカ

゚・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・




そしたら歌に限らず、今まではプライドのカタマリみたいだった
自分が、少しずつ崩れていった。
弱さとかダメさもだんだんさらけ出せるようになったかな。
こう見えて、実は高校、大学時代は全然ダメでした。。。


もっというと、実は、他人のことに関しても実はそこまで興味が
なくなった。他人がどうあろうと自分は自分。
それが歌に対しても、実生活に対しても思えるようになったかな。
それよりももっと自分の性格を見つめ直して歌に向かい合わないと、
続けてる意味ないよなー。と思うようになって。
闘う相手は自分の中の怠け心とか臆病心とか集中力のなさとか
ガッツのなさとか、、、、そういう精神的な弱さだよね。

それらがすべて身についたら、別に歌に関わらず、
あなたの一番ふさわしい場所、必要とされている場所で、
才能を発揮して輝ける機会に恵まれるはずだから、
どうせ歌を勉強するなら、そういうつもりで命かけてやりなさい、
と言っていただける。
プロというものは、どの畑にも関わらず、そういうものだと。
スポーツ選手でも、社長さんでも、職人さんでも。
プロと呼ばれるひとはみんなそうなのよ。
あなたも人生のスペシャリストになりなさい。だって。


音大卒業して、それから2年もやって、
なのに25歳にして出鼻くじかれて、
最初からハイRestart!と言われて大変だったけれど、
逆に私は「これから何が始まるんだろう・・・」と
楽しみで仕方なかった。だから素直に従った。

しかし、まさか音楽をやっていて、人としての「道」を
教えられるとは思わなかった。
そしてこの考え方を教えていただいてから、
物事がとてもシンプルになり、楽になってきた。


ぬぁーーーんてことを、
ここのところずっと感じていたわけですが、
そしたら、このときのレッスンで先生に言っていただけた。


「あなた、ほんと良くなったよね!」


「え!!( ̄▽ ̄;)(←しばらくでかい声も出していなければ、まだまだ
うまくコントロールできず、声がかすれまくったりもして、
自分としては超不満足な出来なのだが。)こんなんでですか?どこがですか!?」


「そりゃもちろん、テクニック的なことはまだまだ勉強しなきゃ
いけないことがたくさんあるけれど、歌がすっきりしてきたというか、
整理されてきた感じがすごくよく伝わる。ふっきれたというか、
自分のやるべきことが明確に定まってきた感じがあって、綺麗になったよ。今までの歌はグチャグチャに渦巻いてる感じがあったけど(笑)!
あと人間的にもスッキリして綺麗になったよね!この夏あたりぐらいからなかなか爽やかな感じで!可愛らしい雰囲気になったもの(笑)今までは人間自体にクセがあったよね!(爆)」


「・・・(笑)・・・。」



人間自体にクセありて。
いやー、よく言われてたけどさ。
独特なオーラとか、周りにいないタイプとか独創的とかさ。
キャラ濃いとかさ・・・・・・
みんな言いたい放題言い過ぎだよ。

そーか。それがだんだん可愛らしくなったのか。
あんまり言われたことねーな。可愛らしいって。
そういえば、今年に入ってから初めて何人もの人に
「淡いピンクの服がよく似合いますね。」
といわれるようになった!!!
え?マジで?今まで言われたことねぇよ。
そーか。淡いピンクが似合うようになってきたお年頃なのか。
それが可愛らしいってことなのかしら??



やがて、お昼になって、栄に移動!
そしてユーハイムでランチ!!

写真

ヴィーナーシュニッツェルがあったのでオーダーしました。
なんてゆーか。。。あたし、ヴィーナーシュニッツェルをみると
食べなきゃいけないような気がしてきます。。。。
「そうなんだ^^じゃあ前世はウィーン人だね♪」
と師匠に言われたけれど。
しかし、超でっかいの!!こんなの見たことないよ!!
しかも2枚重ね!!!メタボサイズだわ!!!!



そして芸文へ向かう。


驚いたのは、まず、師匠がチケット売り場に向かえば、
スタッフの方々とも昔からの知り合いのごとく超親しげだし、
そして、お客さんにも
「○○○さん!なんでこちらにいらっしゃるんですか?
わざわざ東京から来られたんですか?」
「いえ、実家がこっちにあるのでたまたま・・・」
と、いちいち呼びとめられていた(笑)
しかも、絶対一般人じゃないだろーという音楽家オーラむんむんの
人たちや、演出家、音楽監督っぽい方々に!
どきどきもんでした。

そしたらやっぱり!!
今のはね、東京の新国立劇場でオペラやったときの共演者、とか。
あの方は音楽監督の方とか。
色々教えていただいた。マジびびった。
みなさん東京からお越しだったらしい。
ふらふらだらしなく歩いてる場合じゃないな。こわいわ。



そして2年前、初めて師匠を見た場所で、師匠と一緒に座る。
すごく不思議な感覚だった。。。



写真
写真



そして肝心のオペラ『ファルスタッフ』なんですが、
なんと驚きまくったことに、あのブタちゃんが出てましたよ!目
あたしらの先輩が!!!!パンフレット見てびびったーーー!
頑張ってらっしゃるんですねー。


そしてかの有名なオペラ歌手の面々。。。。
しょっちゅうテレビでお見かけします、あの方々!とか、
しょっちゅう舞台で見ます、あのひと!とか、
そんな日本を代表するベテラン歌手陣のオンパレードだった。
テレビで聴いたときは金切り声系の(?)きっつい音色、と
思っていた歌手の方も、こういう会場で聴くとものすごく澄みきって
美しく聴こえますね。。。。
やっぱりテレビとナマじゃ全然違うんだ。
やっぱオペラはナマで聴かないとね。


なんにせよ、声のパワーっていうのはものすごいね。
それで人の心を突き動かすんだもの。必死に磨かれてきた声って
いうのは、やっぱりすごい。美しさの極みだよ。



ただ公演自体は、とてもよかったんだけれど、
ぶっちゃけほんの少々、期待はずれでした。。。。
いやいや、よかったんだよ。充分!
初めて観たひとにとっては、とても面白かったのかな、って思う。
しかしあたしの場合はあまりにも期待しすぎましたね。。。
まぁ前回のボエームが出だしからゾクゾクきて
一気に終幕まで惹きつけられてしまった、っていうのもあると
思うんだけど。
それにあたし『ファルスタッフ』のコミカルさが、すっごく
好きだったの!!あたしはオペラのDVDを観ると全部メモるように
しているんだけど、あたしが観たこのオペラは昔のメモによると





1982年 ウィーン国立歌劇場
指揮 ヘルベルト・フォン・カラヤン
演出 ヘルベルト・フォン・カラヤン

ファルスタッフ・・・ジュゼッペ・タッデイ
アリーチェ・・・ ライナ・カバイヴァンスカ
アリーチェの夫・・・ローランド・パネライ
クイックリー夫人・・・クリスタ・ルードヴィッヒ




という、超豪華キャスティングで観ているんです。。。
これがもう最強に超面白くて、問答無用に楽しめたんだよね。
爽やかだし、フィナーレの

『人生はすべて冗談さ』

っていうところがかなり納得、笑って終われて、
なぜかそのみんなの最後の大笑いに感動・・・

それに比べると、ちょっと固かったかなー?
今回のは。音楽に引っ張ってもらう、みたいな感じがなくて、
ちょっと考え込んでしまうスキを与えられてしまう感じ。。。
テンポが悪かったのかなー。
フィナーレもそんなに笑えなくて、幸せな感じが伝わってこない
気がした。。。。のは気のせい??


あはは。辛口批判でごめんなさーい!

ヴェルディのオペラの中でも特に難しいオペラ、といわれているので、
まぁ難しいんでしょうね。もっとはっちゃけて欲しかったなぁ。
全体的に。。。。特に女性陣!!!!!!




それにしても・・・
字幕に「メタボ!!」という言葉が多々連発していたので
笑えました。おい、それ以上言うたるな、
ブタがかわいそうだろ!!
でも彼は相変わらずいいキャラクターでした。
素敵ですね。




終わってから、師匠に連れられ、楽屋へ。。。。
うひゃー!!あ、あたし、行ってもいいんですか?
マジ緊張する・・・・!!!!!!!

バックステージの扉を開けた途端、
目の前にブタちゃんが!!!うひゃー!!!!
いきなり目が合ってしまい、めっちゃでっかい声で


「○○ーーーーーー!!!(←あたしの苗字)
あんたなんでここにいるの?てゆーかあんた来てたの?」


と叫ばれてしまった!!!
最後はめっちゃ笑顔で握手されて終わったけれど・・・。



そして、あの有名なバリトンさんが!
あの有名なソプラノ歌手のDIVAさんが!!
目の前にいらっしゃるじゃないかぁぁぁぁ。
あの方はテレビで見るよりずいぶんと小柄なのねぇー。
でもあんなにコントロールされた素敵な声が出るなんて素敵!!!




師匠はそういう方々を含め、
出演者の方々と親しげにしゃべっていた。
スタイリストさん達にメイクを落としてもらっている間も
ずっと親しげに笑顔で会話をしていたので、
どどどどどーしよう・・・ともじもじしていると、
こっちにおいで、と言ってもらい、
「弟子なんです♪」と紹介していただいた。。。。


同級生であり飲み仲間というキャストの方とも
しばらく話し込んでいたし、そうかと思うと、演出家の方に
「○○○さーーーーーーん!!!」と抱きつかれていたり(笑)
常に笑顔の耐えない、明るい雰囲気に、最近にないぐらいの
ド緊張をしつつも、一気に惹かれてしまいました。
音楽の社会ってもっとピリピリしていて怖いものだと思っていた。。。

でも師匠は「とっても楽しいわよ。あたし大好き!」
と言っていた。
副指揮の方や演出家の方にも紹介していただき、
「もうレールは敷いたんだから、あとはあなたが走るだけ♪」
と言われた。。。う。。。。それが一番難しいんですけど。。。^^;




演出家の方々や出演者の方々に
「どーせみんな知り合いじゃん、打ち上げ出てきなよ!」
といわれていた師匠だけれど、今回はお断りします。。。と
帰ってきた。でも翌日は指揮の方と飲むしね、みたいなノリ。
演出家のひととも、また一緒に仕事しよー!と言われていた。
あたしも師匠の仕事姿をまた観たいな。。。。



どうやらその演出家の方と師匠は家族ぐるみで仲良しで
一緒に昔から温泉旅行まで行っちゃう間柄らしく、
長らく楽屋で緊張状態が続いたあと、演出家のご家族と
共に、外へ出た。雨があまりにも激しかったので
あたしがめっちゃダッシュしてタクシー呼び止めたし!!
お前いったい誰だよ。



嗚呼・・・師匠とデートするだけでもいいようもない
緊張感と不思議な感覚があったのに、更に緊張するような、
不思議な時間を体験させていただきました。
オペラを観たあとって、ただでさえファンタジックなのにね。
あたしのミーハー根性を刺激されちゃいましたよ!!


帰りはオアシス21のあたしのお気に入りカフェの
『AL ABIS』にて。

ここのカフェはあたし、しょっちゅう一人で本読んでたり
ドイツ語の宿題やってたりで時間潰してるんですが、
師匠も「あら。私もしょっちゅう一人でいるわよ。」と
おっしゃっていた。




師匠にワインをごちそうになってしまった!!!

写真



「あなた食べ物の写真撮るの好きねー。
そーゆーコレクションしてるの?将来的にはグルメ雑誌のライター?(笑)」
と聞かれたので、
「はい、できれば。」と超てきとーに返しておいた(笑)



ここでもいろんな貴重なお話をたくさんたくさんしていただいた。
もうそれだけで充分!!お腹いっぱい!
師匠は昔から、そんなかっこいい性格だったんですか?と聞くと、
そうね、すごく扱いにくい子だった、とおっしゃっていた。

例えばレッスンで来週は3曲みてきて、といわれると
15曲持っていったり、まさか暗譜はしてないわよね、といわれて、
いいえ、暗譜です、と全曲暗譜してみせたり。
そうやって人の裏をかいて仰天させることが好きだったって。
先生のコンサートのチラシをみると、わざとチラシに記載されている
曲をすべて勉強して、先生より早く暗譜しちゃうとか、
だってそのほうが先生が本腰いれて、いいもの教えてくれるんじゃないかな、って思うわけでしょ。とか。。。。



・・・おったまげました・・・。



今でもそういうところがあって、
公演をやっていても、裏の裏の裏をかいて、びっくりサプライズを
やりたくなる、そうやって演出家や出演者の期待する以上のものを
やっていきたいと常に思っている、とおっしゃっていた。
脱帽でした。。。。
あたしにはそんなガッツがあるだろうか。。。。



確かにあたしも中学ぐらいまでは、そんな風に燃えていた
気もするけどね。英語の宿題は誰よりも多くやることに
命をかけていて、目標課題の2倍、3倍の量をやって先生を
びっくりさせてやろう、と意気込んでいたし、歴史のテストも、
絶対に満点とってやる!!と、ゲームみたいな感覚で一日10時間
勉強したりしていたな。。。国語の作文は誰よりも長く書いてやる!!
それも、みんなの2倍以上!!!みたいな負けん気の強さがあって、
先生に驚かれて、褒められることに賭けていた。。。みたいな。


それがなぜ、こんなに怠けモノの代表みたいに、
闘争心のかけらもなくなってしまったのだろう??^^;
今ではかなり負け腰。。。。。
今週も3曲しか新しい曲を見れなかった。。。。
25歳で暗譜ってかなり無理!!!!!




色々とかなり不安になりますが(笑)
こんなパワフルな師匠に出会えたことはとても幸せだと思っています。
そう思うと、もがき苦しんだ時期も大切だったなぁって愛しくさえ
感じるわ。
まぁこれからも苦しいことはたくさんやってくるでしょうが、


師匠の留学時代の話、むかつくありえない先生と喧嘩した話から、
素晴らしい一流歌手の方々に教えていただいたときの素晴らしい
人生論まで、さまざま教えていただき(笑)かなり楽しかった!!!

師匠がいつも思っているのは、
死んだときに「やりきった!」と思える人生を。。。
死んだときに何かひとつでも遣り残したくないし、
誰かひとりでも恨みたくない、そんなものが残ってしまったら、
その人生が無駄になってしまう、
だから明日、とか将来的に、じゃなくて、
今!今!今しかない!今をやりきる!今を生き抜く!
今を生きる!!で全力でやるということ、だそうだ。


確かに私もレッスン中によく言われる。
あ、できないな、あ、不調だな、
帰ったら何度も練習して来週までに・・・なんて思っていると、
即効見破られる。
「今から帰って車に轢かれて死ぬかもしれないのよ?
明日なんてないと思いなさい!今やりなさい!
今絶対やるんだと自分で自分の司令塔になりなさい!!」


それが凡人と天才と呼ばれるひとの集中の仕方の違いなんだと
よく言われる。それがそのまま、師匠の生き様なんだな。


かっこいーな、と素直に思った。
例えるならば、ベルばらのオスカルみたいな、
男性的な美しさだ。芯の通った、美しさ!!
生き様そのものが芸術的ですよねー。
あたしの生活なんか芸術じゃなくてネタ集だもん(笑)
芸術の域にまで磨きあげなきゃねあせあせ(飛び散る汗)常に生活に美を!エレガンシーを!!



・・・てなわけで、とっても素敵な時間でした♪
私も「今を生きる」!!
しちゃわなきゃね。
ようけ怠けて遊んだなぁ・・・そんなことで死ぬ直前に
満足できるわきゃない!むしろ後悔しまくるの、目にみえてるもんね。
まだまだ自分に甘い私だけれど。
自分で自分にムチを打って、できる限りのことをやりきらなくちゃね。




長い長い独り言日記でしたー!
んじゃあ今から引き続き、楽譜とにらめっこするよ^^;

長い間お付き合いThanks♪















Jazz!

2008.09.25(Thu)




かなり頻繁に長文日記を更新しているはずなのに、
ものの数日放置しただけでもう書きたいネタがたまってきた!!
そんなあたしは日々がドラマチック(笑)
まったく飽き~せん。
最近の日記の内容がいかにもかわいそうな境遇的ですが、
全っっ然ですよ!数日経てば台風一過のように忘れられるし、
日記として生み出した時点でもうとっくに昇華してるしね。
それに楽しいことや感動もその倍以上あるので、
とっても幸せ感じて過ごしております。



ってなわけで、
もうすっかりと秋ですね!!



あんまり日中は季節の変わりを感じないけれど(←基本まだ半そでだし。)
ソファでうたた寝していて思いました!!
さむっっっ!!!!!!!
風邪引かぬように気をつけねば。。。。




ってなことで、秋といえば芸術!!!
待ってました!大得意分野でございます。
(←え?お前の専門は食欲の秋だろって?るせー黙ってろ!!)
なので今日はいつもにも増して(爆)アーティスティックなこのネタを。




先週の木曜のお話なんですけど、美術館にて
『マティスとルオー展』を観てきました。

写真




しつこいけど美術ってやっぱりすごく好き!!
音楽も文学も美術もスポーツも、使う器官は違えど、感じるのは
同じ心であって、あたしは心の琴線をかき鳴らされるということが
たまらなく好きみたいだ。


絵を見ると感動したり、癒されたり、
パワーをもらったり、そういう時間がすごく好きで、
よく美術館に行きます。描いてるひとの心が伝わるんだよね。



そして何よりも「色彩」というものがすごく好き!!
ファッションでもネイルでもインテリアでも景色でもお料理でも
そうだけど、美しい色彩に囲まれて幸せ感じる感覚を大切にしたい。
日々生活がアート!!みたいなね。
それに、どんなときでも「色彩豊か」な感覚を持っていたいな。
例えば音楽ってさ、まるで絵を見ているかのようにカラフルだと
思うんだ。自分も色彩豊かな表現ができるようになりたいし、
あのとき観たあの絵のイメージ!!みたいなものを常に持っているし、
(←まぁ表現できてるかどうかは別として。)
そういうイメージをよくボイトレの生徒に伝えたり見せたりもする。


歌の表現を広げたい、とか、あっといわせるような詩を書きたい、
と語ってくる生徒がいるので、
彼らが悩んでいると、
だったら自分の知らない景色を探しに冒険しな、
それか全く今まで興味のなかったアートのジャンルを
観るようにするとか、そういう時間がないなら本を読みな。
本ってすごいよ?お金かけずに旅行、冒険できるし、
俳優みたいに違う人間になれるし、そこで世界旅行行ったぐらいの
価値観の変化って得られるよ!それに色んなジャンルの音楽を聴くとかね。アートにインスピレーションを受けてる歌手って探せばいるしね。
もっと幅広い価値観でものを書きたいなら、色んな宗教の本も
読んでみな、そこまでしないとなかなか自分の世界って
広がらないと思うよ(笑)
って、年上のひとに向かってえらそーにゆったりしてる(笑)
いや、言いながら半分以上は自分自身に言い聞かせてるんだけどね(笑)
ありがたいことに勉強になります!!って言ってくれるけど。
まぁただのあたしの昔からの価値観であるというだけなんですが。


だって夕焼け空を見て何色に見える??
絵画の世界ではピンク色とか紫色の空が存在するんだよ?
それも、例えようのないぐらい綺麗なの!
あなたは詩でそういう言葉が書けますか?っていう世界。
あの見たこともないような美しいピンクの空の絵を見たときは
あまりにも衝撃で、そして感動で心が熱くなった!!

そのときの日記↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=278432201&owner_id=2332853



しかしそのような感動は、
最近超久々に『赤毛のアン』の小説を読んだときにも
同じように起こったんだな。
思わずメモっちゃったもん。
「うすい黄金色とばら色の空で照り映えた十月の朝」とかさ。
「こはく色の砂浜」とか。
「サフラン色の空に黒ずんだアヴォンリーの丘」とか。
「紫色のうすもやのたちこめた雪景色」とかとか。
え?プリンスエドワード島ってそんなにあたしの住んでる
ところと色彩が違うの?
行ってみたい行ってみたーーーい!!ってなった!!
絶対こんな面白みのない住宅街にいては生み出せない表現だわ!
それともあたしの感受性が貧困なだけ??涙
うーーーーーん残念!!!!!!!!



ま、そんなわけであたしが外国の歌が好きな理由は、
色彩豊かな言葉がたくさん溢れているから、というのが半分以上。
詩について語らせたら一晩いけるわよ!
歌はもちろんうまくなりたいけど、
こういう初心の気持ちは忘れずにいたいなぁ。




・・・ってことで、肝心のマティスとルオー展は・・・。



見事に明暗、寒暖が分かれたような対比の作品たちだった。
マティスが明、暖で
ルオーが暗、寒ね。
相対する感じだけど、親交のあるひとたちだったのね。
しらなんだ。


あたしは昔からマティスの絵がすごい好きなのね。
なんかあの色使いは元気になる!!!
真っ赤!!!ってパワーをもらえるよね。


写真

うちの母親がにんじんばっかりの写真が載っている本を
発見したが、見ているだけであのオレンジ色に元気をもらったから
あの本買ってくる!!と言っていた。
その感覚と同じだ。



逆にルオーは…
展示の言葉曰く「悲しみに堪えたような深いブルー」。


写真



写真

写真

この↑「悲しみに・・・」という表現、いいよね。
すごく素敵な言葉で思わずメモりました(笑)
ほんとに、ナマで見ると泣き濡れたような青色で。
悲しげな透明感とでも言おうかしら?そんな感じが
印象的だった。


ルオーの絵は、ラスコーの壁画かよ!と言いたいぐらい
原始的なタッチなんだけど、説明いわく
サーカスや娼婦、キャバレーなどを題材によく描いたんだって。
と、いうのも




「きらびやかな衣装を着た人々の内面に秘められた
人生の苦悩や悲しみ」



を表現したかったらしい。。。。


こういうの、めっちゃドラマティックで好きやわぁ。
なんか芸術ってこういうの多いよね。
あたしの大好きな画家であるロートレックやシャガールも
キャバレーやサーカス、オペラや芝居などの絵をよく書いているし、
ゲーテの長編小説『ヴィルヘルムマイスターの修業時代』も
音楽家やサーカス団の悲しみのようなものが奥深くに描かれている
ような感じだった。あたしが子供の頃に胸をときめかせて読んだ
イギリスの児童文学『おちゃめなふたご』のサーカスに行くシーンも
とてもわくわくしたし、オペラだって『椿姫』は儚げな高級娼婦、
『アドリアーナ・ルクヴルール』はパリの有名な女優、
また『トスカ』は歌姫の悲劇が題材だもんね!

こういう題材ってネタにしやすいんだろーね。




あたしはやっぱり音楽が好きなので、
ご飯を食べに行ったり買い物に行ったら必ずお店のBGMはチェックするし、
町並みなどの景色にも必ず自分なりのBGMを作るし、
思い出や出来事や、読んだ本や漫画などにも、
なにかと自分なりにテーマソングを決めたりする。
なので、絵をみても、まずは音楽が自然と飛び出すのよね。



そんなわけだから、ルオーの絵にもおのずと音楽を連想した。
ビートルズの『Elenor Rigby』とかHugo Wolfのドイツ歌曲
『捨てられた女中』みたいな世界観かな。

ビートルズの『Elenor Rigby』は以前日記に書いたので
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=850672296&owner_id=2332853
今日はあたしの大好きな作曲家のヴォルフの『捨てられた女中』で!
(↓動画を見るとあまりその世界に入り込めないので、音だけ
聴いてくださいね!!(というかこの照明とドレスの色は曲に合ってないから全然だめだろ!!))






写真



゚・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・



Das verlassene Mägdlein (メーリケ作詞)



Früh, wann die Hähne krähn,
Eh die Sternlein verschwinden,
Muss ich am Herde stehn,
Muss Feuer zünden.

Schön ist der Flammen Schein,
Es springen die Funken;
Ich schaue so drein,
In Leid versunken.

Plötzlich, da kommt es mir,
Treuloser Knabe,
Dass ich die Nacht von dir
Geträumet habe.

Träne auf Träne dann
Stürzet hernieder;
So kommt der Tag heran -
O ging er wieder!


にわとりがときを告げる早朝には起き上がり
まだ星も消えぬ明け方に、
わたしはかまどの前に立ち、
火をおこさなければならない

燃え上がる炎の美しいこと
火花がパチパチと飛び散り
わたしはそれに吸い込まれていく
深い悲しみに沈みながら。。。


そのとき不意に思い浮かぶ
つめたいあのひとが
昨日の夢のなかにあらわれたことを


すると涙があとからあとから
ぽろぽろとこぼれ落ちてくる
こうして夜は明けていくーー
ああ、夜なんて明けなければいいのに!!



゚・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・






そして、大好きなマティス!
彼は20世紀の巨匠としてピカソと共に有名ですね。

油彩の絵ももちろんいいのですが、
このひとの作品で何が好きって、あの弾けるようなポップな
色彩の切り絵なのです!!!



マティスの作品は、
あたしの部屋にインテリアとして飾ってありますもの。↓
写真
写真
↑この右の写真たての一番下がマティスの絵ね。
コンセプトは音楽なんだって!!


この切り絵の作品たちをみると、
おのずとあたしの大好きなジャズナンバー、「LOVE」が浮かび上がった。


Nat King Cole“LOVE”
http://jp.youtube.com/watch?v=JErVP6xLZwg&feature=related



写真
写真
写真




゚・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・




L is for the way you look at me,
O is for the only one I see.
V is very, very extra-ordinary,
E is even more than anyone that you adore can...
Love is all that I can give to you,
Love is more than just a game for two.
Two in love can make it,
Take my heart and please don't break it,
Love was made for me and you.


L is for the way you look at me,
O is for the only one I see.
V is very, very extra-ordinary,
E is even more than anyone that you adore can...
And love is all that I can give to you,
Love is more than just a game for two.
Two in love can make it,
Take my heart and please don't break it,
Love was made for me and you...
Love was made for me and you...
Love was made for me and you!

Lと書いたらLook At Me
Oと続けてOK
Vはやさしい文字Very Good
Eと結べば愛の字、L-O-V-E
LOVEは世界の言葉
LOVEは二人の宝
愛し合えば明日(あした)も明るい
LOVE
LOVE Your Love
I LOVE YOU




゚・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・♫゚・*:.。. .。.:*・




それもそのはず。
この作品たちは『Jazz』という雑誌の挿絵なんだって。
http://www.forumkaya.co.jp/artist/sakuhin/AR-MZ01/index.html
知りませんでした。
そんな説明書きを読む前から、この作品たちは
ジャズの何が飛び出してくるのか分からないような、
びっくり箱みたいな面白さを奏でていた!!



「Jazz」の絵はがきを購入♪
これもまた部屋に飾ろう。
そして視覚からも音楽を感じたい♪


写真
写真

かなり対照的な二人の画家の美術展。
とっても楽しめました♪




ちなみに、現代音楽家ヒンデミットのオペラ『画家マティス』
という作品があるのですが、
これは、このアンリ・マティスのことではないんですね!!!
知らなかった。。。もっと昔、16世紀にいた画家のこと
らしいっす!勉強不足だった!はずかしい!!!

でも参考までにYou Tube貼っておく↓
http://jp.youtube.com/watch?v=vUNCpL8ilmQ


それから同名の『画家マティス』というヒンデミット作の
交響曲もあります。幻想的でとても好きな作品です。↓
こちらもアンリ・マティスのことではないらしい。。。
昔の音楽旋法であるリディア旋法を使用しているらしい。
その時代の旋法ですな。幻想的な雰囲気なのはそのためか。

http://jp.youtube.com/watch?v=Yp6p-fvMnEs&feature=related



というわけで、秋の夜長にふさわしい、
芸術的な日記を目指してみましたが、伝わったかな??
どうせなら「なげーよ!」といちいち文句言ってくる
節穴ちゃんじゃなくて、ちゃんと共感していただけるひとに
読んでいただけるといいな、ということを願って♪(←超皮肉。笑)
いざ投稿!ぽちっとな。






続・がーるとーく

2008.09.19(Fri)




…というわけで。
前回の日記【Girl Talk】の続編です。


もうここまでくると、
テーマソングはやっぱりアムロちゃんの
『Girl Talk』ですねわーい(嬉しい顔)
(←この前からアムロちゃんオタクの日記みたいになってる!!)


★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚

 誰にも止められない Girl Talk
 涙出るほどに笑うと 
 ストレスさえ吹き飛ばすどっか遠く
 We always talk'n about lil' our secret
 誰にも割り込めない Gilk Talk
 エスカレートするレディース達と
 かまわずハメはずしておかないと
 そういつでも Girls just wanna have fun

★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚



女同士も捨てたもんじゃないの いえーいえーいえー
(↑歌詞より(笑))っていうお話です、今回も。
この歌詞すっごい分かるな。
毎回痛感してます・・・(笑)
なんだってこんなに愉快なひと達ばっかりなんだ、あたしの周りは。
楽しすぎて、悩みも吹き飛びます(笑)




○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o○o。.○o。.○o。.○o。.○o



ってなわけでやっと日記に書きます。
可愛いお姉さんのトモダチ、ケイちゃんとのデート話。


今年の夏はとにかくケイちゃん率が高かった!!
どちらかと言うとこれまでは冬限定で会っていたので、
(←なんの期間限定キャンペーンだよ。)
夏に会ったのって今シーズンが初めて。

会った瞬間、お互いに発した言葉。
「・・・夏服って新鮮だね。」
・・・なんじゃそりゃ。


ランデブー第一弾♪は8月6日。
名古屋は池下にあります、LA BETTORLA da Ochiai NAGOYAにて。

写真
写真
とっても雰囲気の良い、素敵なイタリアンのお店でした。
『日本一予約の取りにくいお店』という勝気な売り文句。
しかし奇跡的なのかなんなのか、無事にケイちゃんに予約をとっていただき、
それでも21時以降しか空いていないと言われ、
21時以降のディナーなんてメタボの時間だわ!!と
今更しらじらしい心の悲鳴をあげつつ、時間までケイちゃんと
成城石井の輸入食品スーパーを小一時間ほどフラフラし、
香辛料やらワインやらチーズを吟味して時間を潰した。



レストランでの出来事は、
ケイちゃんの日記に詳しく書かれているので、
私が書くとネタがモロかぶりしてしまう。
なので、パクりにならない程度にほどほどに書きます。
(←ただでさえ私の日記は彼女の影響を存分に受けておりますのでわーい(嬉しい顔))

写真
写真


コース料理で頼んだのだけれど、
どれもこれも魅力的なメニューばかりで、
1つずつお選びくださいと言われてもハッキリ言って困る!!


前菜のアボカドのサラダはとてもシンプルだけどアートの域だったし、
大好きなバーニャカウダ風味のパスタが食べられて
とっても満足!!地中海の香りぷんぷんでたまりません。
そーいやバーニャカウダについて語った日記があったなと思って
今みつけてみた。これだ↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=413331316&owner_id=2332853
それからメインディッシュは、こちらも大好きな、しかしなかなか
お目にかかることのない子牛のカツレツ。
こちらも、5年前に私が書いた海外旅行記で取り上げた。
http://www.geocities.jp/satomiyada/schnitzel.htm
よかったら読んでくれ。稚拙もいいとこの文章だが。


ちなみにケイちゃんのオーダーはそれぞれ
カチョカバッロチーズのグリルにスモークサーモン・エリンギ・
ほうれん草の生クリームスパゲティ、的ダイのムニエル。
なるほどどれどれ、一個もかぶらない。
これが女子のオーダーの仕方♪

そうして別々に頼んでおいて、あとから分け分けするのでございます♪
(←なので必ずしも第一希望のメニューを食べるとは限らない。
だいたい第2希望まで選んでおいて、友達とかぶったら、第一希望を譲り渡すこともあります。わたくしの場合。いいもん。もらうから。)
ケイちゃんのおかげでカチョカバッロチーズを初体験できてとても嬉しかった♪
チーズ好きにはたまりませんね。


それから赤ワインのフルボトル。
安かったねー!!何飲んだっけ?
イタリアのキアンティだったっけ??
とにかく安かったのと美味しかったので、ど忘れ。情けない。




ケイちゃんはしょこたんに似てると言われれば、ああ分かる!!と
納得の可愛い女性だが、ファーストインプレッションは
Tommy's Februaryみたいな雰囲気!!だった。
(←ブリグリと言った方が伝わりやすいか。)
でもどっちも彼女の方が可愛いと思う。
てゆーか髪の色と長さと笑った感じと全体の雰囲気は
スザンヌっぽいと思うのだが・・・言われないのかしら??
ま、見た目的にはそーゆー綺麗めな女性なので、
こういうお店がよく似合うなぁと思いながら見つめていたら、
「やっぱり聖美、こういうお店よく似合うね♪」
・・・先に言われてしまった。(笑)
えー!ケイちゃんこそー!!
・・・女子特有の褒め殺し合い。(笑)
すっかりゴキゲンなあたし♪


店内は上品な内装で、ピアノジャズがさりげなくかかっている。
あたしの大好きなディズニーの『美女と野獣』が清涼な空気のごとく
流れていた。両隣のテーブルがカップルで埋め尽くされる間を、こういうお上品なお店によく似合うと互いを賛美し合う女子二人がテーブルを占領。


そして、
グビグビ赤ワインを飲み、おかわり自由のパンに勝手に
手が出しまくる。




おまいら、ちびちび注いでないで潔くいけよ!!と思われたのか、
ウェイターさんがやってきて、赤ワインをグラスになみなみ注がれた。
相変わらず優雅を気取る我々。
しかし。。。









「これだけ赤ワインを注がれると。。。髭男爵みたい。」
(BYケイ。)




写真



お笑いやないかーい!!ワイングラス
どこが優雅なんじゃーい!ワイングラス
コメント芸人的だわーい!ワイングラスワイングラス



優雅さガラガラガラガラ・・・。(←崩れ落ちる音。)



おおっと、事情が変わった!!目手(パー)



思わずとっさに髭男爵の物真似でリアクション(笑)
すぐに返してくる聖美がウケるわ!!
とか言われたけど、おいおい、赤ワイングラスで
髭男爵を連想するあなたの方が何百倍もおもしろいて!




そんなわけで、優雅でお上品な『日本一予約が取りにくいお店』で、
我々は海外の景色を見て無条件に涙が出てきたお話から、
(←景色を見て泣けるって幸せな感受性よね・・・うちら。と自画自賛!?
壮大なアルプスの話からUKのロンドン塔の歴史の話から色々。)
恋愛観のお話、くわえては今は髭男爵、狩野英孝が熱い!!と
いうお話まで、非常に幅広いトークを繰り広げた。

写真


そして彼女はふとっちょカウボーイのメタボリックパーン!!
私はコンマ二センチの全力ショートコント(←でーででで♪ってやつね。)に要注目だと、素敵なカップルに囲まれた席で熱弁をふるっていたのでした。。。




わたくし、
よくボーカルスクールの生徒に、ケイちゃんとの掛け合いを話すのですが、
毎回「最近ケイちゃんに会いましたか?」と、
会ったこともないのに、すっかり顔見知りのように話題を振られます。
そして
「いつ二人でお笑いデビューするんですか?」
と期待されております(笑)ついにはもう音楽は副業で、
本業は芸人なんでしょ!って、なにぃ~~~~!?いっちまったな!!
生徒に言われるあたくし・・・^^;


○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o○o。.○o。.○o。.○o。.○o


・・・それから、ケイちゃんとのランデブー第二弾。

8月24日。ハンバーグ専門店、『ハローキッド』にて。
写真
写真

この日は完全にノープランだった。
ただ、お互いに吐き出したくてたまらないネタ持ちだったため、
半ば強引に逢った。朝まで熱があったなんて知らなかったぞ・・。
ごめんケイ様。。。


ざっとアテもなくドライブしたのちになんとなく入ったお店。
それが『ハローキッド』だった。
70年代のアメリカ西部をイメージしたハンバーグ&ステーキレストラン。
名古屋大学の並びにある。名大から徒歩2分ぐらいかな。


まず、サイドメニューのコーンスープとおメシが200円!!とのことで、
その安さにつられて頼んだわけだが、何これ!!でか!!( ̄▽ ̄;)
というサイズ。ジャイアントサイズである。
ハンバーグもごはんもすべてがでかい。そして安い。
ああそうか。学生料金なのね。
普段高級レストランに入りすぎてるせいで(←大うそ。)
この信じられない値段と量に目を見張った。

あたしは確かゴマ味のハンバーグを食したはず・・・だけど、
トークに夢中であんまり覚えてない(笑)
それぐらい、語ったな~。主に愚痴ですが・・・(笑)
お互いに、男ってなんでああなのさ~~~!!話。(笑)
あのネタだけで、のちに場所をファミレスに移して計4時間。
ひっきりなしに盛り上がったな。
超楽しかった♪(←女って鬼だ・・・)
内容は内緒♪♪

彼女の日記にもあるように、ケイちゃんは東京でその直前に
Fratellisのライブを観てきたと言っていた。超羨ましい!!
たまたまあたしのオーディオ機器の中にもFratellisの
1stアルバムが入っていたので、車内で流しながら、移動。


The Fratellis - Chelsea Dagger
http://jp.youtube.com/watch?v=clhOnZRrmXc


いいなぁフラテリス♪
彼らの音楽は、聴いてて元気になれるんだよね♪
「だけど演奏下手くそだったよ。」(←BY ケイちゃん。)
・・・そうなんや・・・泣き顔
確かに、勢いだけのバンドっぽい香りがぷんぷんやわ。
ま、たまにはこういうバンドもいいよね。パワーもらえるし♪


The Fratellis 'Flathead'
http://jp.youtube.com/watch?v=0Ht6CLv-sVc&feature=related
↑このPVのパツキンのねーちゃんマジ好みなんだけど!!目がハートハート達(複数ハート)
なにこの美しいの!!ぴかぴか(新しい)生まれ変わったらこんな女性になりたい揺れるハート


ケイちゃんは10月のRadiohead@東京も狙っているらしいが、
マジいいな。トムヨークは一度はナマで観てみたいね。
ナマで大好きな『High&Dry』(←レディへ聴くようになったきっかけの曲。)『Creep』『No suprises』聴いてみたいね。
(←古い曲ばっかですみませんあせあせ(飛び散る汗)最近のはよく分かりません。)
ナマで聴いたら泣きそうだね。
でもあたしは行く余裕がありませんので、彼女の日記のレポを
楽しみにしてよーーーっと♪♪


Radiohead - High & Dry
http://jp.youtube.com/watch?v=NCPDiEz-GcE



○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o○o。.○o。.○o。.○o。.○o


ふふふ。
いつものことながら驚異的な長さですが、まだまだ続きます♪
もはや意地になって長文書いてますからね。(笑)
ついてきて下さってる方は果たしておられるのかな?
いたら名乗り出ろ!!!



さて。
あたくしとケイちゃんは、別件で『カレーの会』というものにも
属しております。
(←ちなみに私はイタリアン会というものにも属しておりますが。)



『カレーの会』の結成は9月3日。
その前身のようなものは、2月に一度だけ、友達のSちゃんとあたしの
二人で開催していたのですが、
(↓日記 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=730012492&owner_id=2332853)
今回新たにケイちゃんがメンバーに加わりましたー。ぱちぱちぱちー。



インド料理屋さんを制覇しようの会。
この日は星が丘駅すぐの『 バンチャガル』がPick up!

写真
写真

あたしその日は“珍しく”(笑)5分ほど遅れてしまったんですが
待っていたいい女二人に開口一番。 







「・・・遅れてきた罰にここで芋洗坂係長の物真似して。」








・・・・・・え!!!!!げっそりげっそりげっそりげっそりげっそり








写真



♪ぼ~ら~~れ~~~♪ですか??げっそり
いやしませんよ、もちろんそんなこと。
なんか今日の日記、ネタ集ばっかりで品がないな。ww



カレーの会というだけあってか、3人とも衣装がかなりエスニック。
Sちゃんはエロ&SEXYなインド人みたいだったし、
ケイちゃんはアラブのお姫様か、はたまた聖母マリアのようだった(笑)
あたしはラオスの村の娘あたりが妥当かしら。
もはや名古屋嬢じゃねーよ(笑)



お店はネパール人の店員さんが出てきた。
オレンジを貴重としたエスニックな雰囲気で、とても異国風♪
なんとも現実逃避できそうな感じが最強ですわ♪
(←壁にかかっているインド象の絵が守り神のようになっている。)

写真

写真

ここは本格インド&ネパールカレーの味で、
ナンもとても美味しかった。
カレーは何食べたっけな。ほうれん草やチキンカレー、
トマトマサラカレーだったかな。
こちらもトークに夢中でうろ覚え。
ただスパイスがしっかり効いていてトロトロでとても美味しかったと記憶している。
そして、毎度のことながら、Sちゃんのまるでインド現地人のような
右手づかいがとても感動。日本人じゃねぇ。。。

写真



ちなみに、カレーの会のメンバーを改めてご紹介。
以下の通り↓↓



ケイちゃん⇒UKロックにとにかく精通している、
    (←とにかくUK!!のイメージが強い。)
    ひとりでイギリスにふらりと旅立つひと。
    雰囲気もロンドンがよく似合う。洋風な人だね。
    元ボーカルさん。


Sちゃん⇒インドマニア。インドの民族楽器であるシタールを
    演奏し、演奏活動を広げている。インドヨガやらシャカタク
    などのダンスにも精通し、とにかくエキゾチックなおねーさま。
    一人で一ヶ月インドに一人旅とかしちゃう。


んで私⇒よくブラジル人や沖縄人などの南国系に間違えられますが
    (←雰囲気はラテンらしいが)一応まがりなりにも、
    イタリアンオペラやドイツ歌曲を勉強してます私です。
    一人で1~2ヶ月、ドイツ・オーストリア・イタリアなどに
    旅立ちます。





・・・という、改めてこうして並べてみると、
なんだかジャンルの全然違う強烈なキャラの集まりで、
(あたしが一番キャラ薄いと自負してるわ。)ハタから見ると
一体どんな異色のコラボなんだと思われるかも。。。。
でもこんな我々にも意外な共通点が!!それは、3人こぞって




お笑い通!!!!!!電球





ということ。
インドカレー食べながら話していたことといえば
『あらびき団』の話ばかり。
みんな相当見てんな~~~~!!!
最後のほうなんてネタ披露大会みたいになってましたあせあせ(飛び散る汗)
また、異国風のインド料理店、という場所が良かったのか、
ファミレスでは絶対に生み出さないような、冴え冴えトーク連発!!
くだらんネタで大爆笑してました。
ハタから見たら一体どーゆーやつらだと思われただろう。
一人で食べにきてたおっさんにめっちゃ注目されてましたから!!



ケイちゃんは「ネタ帳ネタ帳・・・」と言いながら
メニューを開いてネタ探し。
写真

いやこれ、食事を探すものですから!!笑
ネタ帳じゃぬあーーーーーい!!!



いやしかし。なんだか楽しいことになりそうです。
みなさんお楽しみにしていてください(笑)
まだ言えませんが、そのうち一大センセーションを巻き起こしてみせます!!笑






そして第2回カレーの会は9月15日。
ずっと行ってみたかった、池下駅目の前の『樹三の店』

写真
写真

加藤晴彦やら高田順次ご来店♪の文句がいつもまぶしかった。
何年か越しに、ついに念願かなって行くことができました!!


このお店は20年ぐらい前からあるお店で、
とても家庭的な、なるほど昭和の時代からありそうな
温かい雰囲気のお店だった。そしてご主人のおじちゃんが
ナイスキャラ♪
インドカレーも家庭用カレーも全く違う味、とのことで
とても美味しく食べられました。


そして場所を移動して名古屋人ならではの『コメダ珈琲』へ。

写真

ああそうだ。名古屋に来られる方がありましたら、
ぜひともコメダのモーニングも。
シロノワール食べてください。他県の方から大絶賛です。
ドリンクにも食べ物にもクリームやアイスクリームがぐるぐるの
ゴテゴテです。欲張って何品も頼んだ日にゃ、口の中が甘すぎて
往生こいてしまいます。でもそれが名古屋嗜好なわけです。


コメダでも3人、ネタの炸裂でした。
閉店まで変顔合戦したり、過去の笑えるひとの再現モノマネをしたり、
関節ぐにゃぐにゃでスネイクダンスを披露したり。
それをムービー写メールで撮影して大爆笑!!!
長州小力のモノマネや「いのち!!」や、いろんなネタが飛び交った。


こんなことで大笑いできる我々は、ほんとに幸せです(笑)




次回のカレーの会は10月2日です。
今度はどんなネタが飛び出すか、とても楽しみでなりません。
って、なんでだんだんお笑いの会になっているんだ!





あー長かった。ほんとに長かった。
最後までたどり着いたひと、お疲れさまー。
そしてごめんなさいね。
ここまで甲斐甲斐しく読んでくださった健気なお方には、
わたくしからの心のからの祝福をぷれぜんと揺れるハートキスマーク


Girl Talk

2008.09.17(Wed)




やっぱりガールズトークって最高ですね!!目がハート

最近いろんなことが立て続けにあって
若干落ち気味だったけれど、
ギャルズトークで思いっきり笑い飛ばして、
すっかり元気になっちゃいました、わたくしですわーい(嬉しい顔)


こうみえて社交的じゃないので
(ひとりでいる時間も大好きなので。)
友達は多い方じゃないと思うんだけど、
それでも素敵な面白い女友達がいて、あたしって幸せ者!!
改めて思ったわーい(嬉しい顔)


恋愛関係って、あんなに好き合ってても突然終わってしまったり、
あんなに信頼しあって想い合っていたのに、
お互いの今後の幸せを願って音信不通にならなきゃいけなく
なってしまったりさ・・・泣き顔

嬉しいことや楽しいこともいっぱいあるけど、
切ないこともあったりで、関係はどちらかと言うと脆くて儚げ泣き顔
(←そーゆー恋愛ばっかしてきただけかもしれないが・・・泣き顔)



その点、女友達の絆は永遠♪♪わーい(嬉しい顔)
まぁ大事な男友達ももちろんいるけどさ、
女同士にしか分からない話とかハメのはずし方ってあるよね★目がハート
いや、あんな姿男性に見せたら引くだろ、みたいな(笑)
女の子って結構すごいよね(笑)
男性が抱いている妄想以上に!!




ってなわけで、ここ最近のガールズトークを大公開♪
(タイトル読んでアムロちゃんの歌だと思ったひと、残念でしたw)





まず前回の日記↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=933143004&owner_id=2332853
この日記もそーいやGirl Talk特集だった。
ゆっかとのあんかけスパデートや、
日記の後半に出てきたサーフBAR、L.u.g.g.sや
ナンシーさんとのハチャメチャぶりをご紹介(笑)


それから8月のあたまに書いた日記も
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=891643027&owner_id=2332853
WITH ナンシーさん。In L.u.g.g.s。(笑)
代わり映えしねー!!
いつがいつのことだったか、だんだん忘れちゃうよ。
だから完全に忘れるうちに記録に記す。



今から書きたいのは、
これらとは全く別件のとある日の出来事。


ちなみに場所は相変わらずL.u.g.g.s(笑)
メンバーはナンシーさん。
もう何がなんだか・・・。
つまりこの夏はL.u.g.g.s率が多かったってことね。



写真


この日は私がストレスが溜まってて、
まーたまには思い切りハメ外して飲みましょう!!
ってことになったのよね。(←・・・たまには?)
↑で、このおちゃけ♪は大好きなブラッディメアリー♪
それも普通のウォッカではなくて、
超久々にズブロッカをトマトジュースで割ってもらったの♪
タバスコかけて飲みます。
かけすぎて毎回、辛い通り越して「痛い!!」ってなります。


この日はほんとにストレスたまりすぎ!!って感じだったので、
もうこうなったら二人の思い出めぐりってことで(笑)
もうめっきり飲まなくなった昔のお酒を飲みまくりました。
サザンカンフォートとかロングアイランドアイスティー
チンザノとか。
今はまったく飲まなくなったものばかり。
私お酒めっきり弱くなったんで、テキーラも
殆ど飲まなくなったんだけど、この日ばかりは解禁!!


あーなんだか。
懐かしいお酒とか懐かしい音楽を聴くと、
一気にその当時の思い出が蘇るのよねーーー。
ハタチ前後の頃とか!(←前後っておかしいやん。)
お店にはそのときちょうど、Red Hot Chili Peppersが流れていて。
これまたお久しぶりな感じで。懐かしくって。


ハタチあたりの思い出には、レッチリの音楽がつきものです!!


Red Hot Chili Peppers『By the way』
http://jp.youtube.com/watch?v=_VIkbOuPkMs

↑ああ。懐かしい!!
この曲大好きだった!!目がハート


それからナンさんが5年前から好きと言ってた『Scar Tissue』

『Scar Tissue』
http://jp.youtube.com/watch?v=nX2qlTn6t24&feature=related




このお店は昔からよくレッチリが流れていたので、
レッチリ聴きたくなったらL.u.g.g.sへ、でした。
なんだか彼らの音楽を聴くと、気持ちがゆるやかになるのよね。
おかしいかな?楽器にも体温が流れていて、あったかい
気がするんだよねー。かなり癒されるんだけど!!


ちなみにあたしがレッチリで一番大好きなのは
この曲だったな。この曲には切なさを感じる。↓↓↓
『Can't stop』
http://jp.youtube.com/watch?v=ldMUEJBA1tk&feature=related




ちなみに当時出始めだったサーフロックの大御所?Jack Johnsonを
発掘したのもこのお店でした。
http://jp.youtube.com/watch?v=Z50ZveXL-Ps&feature=related

Jack Johnsonを聴くと、時間の流れがゆっくりに感じられた。
これを聴くようになってから、ロハスとか
オーガニックな生活に目覚めよう!!と思ったもの。
挫折したけれど^^;
(←今から思えばハタチやそこらで時間の流れがゆっくりとか
ロハスとか・・・早すぎやしねェか?もっと生き急げよ!!)


この曲を聴きながら、お店にいつも流れているサーフィンのVTRを
見てお酒を飲み、毎年「今年こそサーフィンデビューする!!」と
誓いを立てていたものです。
結局毎年有限不実行で終わっているのですが・・・涙


しかし、そうこうしているうちに、
一緒に隣でJack Johnsonを聴いていたナンさんはとっとと
サーフィンを始めて早何年…。いまだにがっつりハマっていて、
一年中毎週末は海の生活を満喫し、
すっかりベテランのサーファーギャルと化している。。。。
ザ・行動派です!!





そんな思い出に浸りながら、
生野菜スティックをぼりぼり馬のように食べて、
自家製ピクルスをほうばりながら、
うちらの青春ってなんだったんだろうね・・・と語る(笑)

「なんか毎年こんなことしてませんか?あせあせ
代わりばえしねーー!!」
「ね・・・10年後も同じことしてそうだよね^^;」

まさか5年経ってもこんなことしてるとは思いもしなかった。
色々環境はお互いに変わりまくったけれど、
変わらないものがここにあるなぁとしみじみと思ったのだった。


写真
 
写真

↑きっと10年後もこんな調子??



写真
↑ワインよりこのお野菜のピクルスに注目してください。
これオイシイの♪



そのうち、バーテンのお兄様に
内閣総理大臣賞を受賞したという、『赤ワイン味のおかき』を
いただいた。めちゃめちゃ美味しかった。
ほんとに赤ワインの味。香り高いんす。

写真



そんな感じで2人で語っていたはずが、
ふと気付けば5人で語っていた(笑)
バーテン&マイミクのファルコンドットさんや
他、30代の男性2人。


そのうち男性3人が、
今から自分の理想の初デートのプランを練り上げるから、
どのデートプランがいいか我々女子ふたりが投票する、という
展開になってしまった。(←合コンかい!!)

だけどなかなか笑えた。
妄想族なあたしとしては、思わずそのプランにキュンと
なったり若干引いたりした(笑)


3通りざっとご紹介すると。



Aさん:バイク乗りならではの、バイクデート。
         ↓
   自然の美しい場所へ二人乗りで連れて行く
         ↓
   湖などの綺麗な景色をみつつ、山へ行く
         ↓
   山の中で自然と触れあう。
         ↓
   帰りはまた別のルートを辿って、
   夕方、夜の景色が綺麗な場所をわざと選んで帰る




Bさん: 事前にメールなどで彼女の好きな音楽をチェック。
    車内用にCDを用意しておく。
          ↓
     金沢あたりの温泉へ行く。
     BGMはもちろん事前調査済の彼女の好きな音楽。
          ↓
     男女別々の温泉にそれぞれ入る(あえて、らしい。)
          ↓
     旅館の部屋で浴衣でゆっくりと食事をとる。
     (テレビ的な感じ。)
           ↓
     女の子にお酒を飲ませ、自分は「いいよいいよー
     車だもん!!」と断るものの、勧めてくるのでついつい
     「え?そぉ??そんなに言うなら・・・」と飲んでしまう。
           ↓
         帰れなくなる。
           ↓      
      泊まることになるが、あえて事は起こらず。
           ↓
      翌日帰る。 告白もなにもなく。
      女の子に「あれは何だったんだろう?」と
      思わせるのが作戦らしい。
           ↓
       後日 アプローチ&告白。だと。




Cさん: 栄のクリスタル広場集合(笑)
     五分ぐらい待っているらしい。
           ↓
     女の子がやってくる。
           ↓
     「ごめん・・・ノープランなんだけど。とりあえず
     そこのカフェでも行かない?」と
     とりあえずな感じでお洒落なカフェに行く。
            ↓
     カフェでちょっとだけ時間を潰して
     何をするか決めるはずが、予想以上に盛り上がり、
     1時間以上そこにいる。
     (←そこで色々音楽の趣味などを聞き出すらしいw
     また、今話題のエコの話もさりげなく語るとかw)
            ↓
     「あ。行きたいとこ決めた。
      ちょっと買い物あるからさぁ。付き合ってよ。」
            ↓

      そこで女の子の好きなCDをこっそり購入。
      「あ、袋はいらないです。」
      そこもエコな感じでww
            ↓
  
      「あ。そうだ、俺マイ箸買いたいからさぁ。
      お箸買いに付き合ってよ!」(←ここもエコな感じw)

           ↓

       そしてうんとうなずいた彼女を連れて、
       お箸を購入しに京都へ!!!!


           ↓

       帰りは京都の有名な和食料理屋さんで。
       さっそくマイ箸を使う。w
       こっそり購入していた彼女のお箸もここで
       プレゼントするw

           ↓
      これからもこのお箸を一緒に使いたいからさ、
      とその日の帰りに告白する。






だってさ。



みなさんどう思う~~~?(笑)
ちなみにナンシーさんが投票したのはAさんの
バイクデート。
ナンさんはハーレー乗りなので、やっぱりバイクが
乗れる人がいいみたい~~~!!(*^^*)


あたしが予想外に(笑)きゅーーーんハート達(複数ハート)となったのは
Cさんだった~!!やばいやばい!それイイ!連発だったw
まず、「ノープランなんだけど!」みたいな
グダグダ感が好き目がハート目がハート
男のひとって演出命!!みたいなところあるけど、
それは付き合ってからやって欲しいことであってさ、
最初から用意周到だと引いちゃうんだよね~~~
なんだこいつ・・・ってドン引き・・・。

逆に「ノープランだからとりあえずカフェ!」
みたいなノリの人もいたけどさ、
そーゆー方がツボだったなぁ目がハート
自分が行き当たりばったりのB型だからかなぁ。
ぷらぷらしてるうちに意気投合して行き先決める、
みたいなのがいいなぁ♪
先に色々決めつけられすぎるとむかついてくる(笑)


そして「マイ箸買いに行こう!」で
近所のイオンとかだったら引くんですが、
そこで京都に飛んじゃうとこがマジでツボ!!(笑)
きゃーーーーー!!って感じ。
そこ、質にこだわるんだ、みたいな(笑)
そーゆー予想外な行動に出ちゃう感じが好きです目がハート
あたし、料理始めるから、って京都で包丁揃えるような
ひとが好きなん♪


前の日記にも書いたけど、
ドライブしてご飯食べに行かない?みたいな簡単なノリが
気付けば大阪に連れていかれた、みたいなことがあったからさw
そーゆーの大好きなんだよねー。
しかも無計画な感じなのが!!


その昔、
北海道の旭川ラーメンか九州の熊本ラーメン、
どっち食いたい?と聞いて、旭川、というと
飛行機手配して北海道に連れてっちゃうって人がいたけどww
それもはっきり言って賭けよね~~~
ハマるひとにはハマるし、引くコは引くからね!!



そしてBさん・・・www
「いやいや・・・初デートでしょ?
初デートで温泉はないっすよー」と突っ込まれまくりでした(笑)
あえて何もしない、を強調してたけど、
いやいや・・・いろんなこと計算づくなのモロバレですから!!
Bさんがこのゲームの言い出しっぺで
一番張り切っていたけれど、だれからも票が入らなくて
凹んでました(笑)


事前に好きな音楽チェックっていうのも
なんだか微妙なんだよね…。
それより、そのひとの好きな音楽やこだわりを
教えてもらったほうがいいんだけどな。。。
でもセンスのよいやつね。




他にも、デート中に彼女の元彼にばったり出会って
話しかけてきたときに言う言葉をそれぞれ発表!とか
(←いやいやそんなシチュエーションなかなかないでしょ!と
みんなに突っ込まれてましたがw)
今までに自分がやってきた最高の演出を発表!とか、
色々な項目がありましたが、
あたしはCさんがいつもツボでした(笑)

「だろー?普段話してればだれがどういうのが好みとか
分かるんだよ!!」って!!
そんな深い話をしたことがないのに、びっくり・・・
さすがです!


Cさんは誰かってバーテンのファルコンドットさんなんですけどね(笑)

写真


ちなみに、女の子的には
どんなデートが嬉しいの??って聞かれたけど・・・


ナンシーさんは酔っ払って
「絶対にパルケエスパーニャ!!」(←志摩スペイン村)
をずっと連呼しまくってましたけど・・・(笑)
あたしは・・・どうだろう??
きゅんとくるシチュエーションは結構やりつくした感が・・・あせあせ
なんちゃってうそだすあせあせ(飛び散る汗)(笑)


センスのいい感じで意表をついてくれればなんでもいいんだけど(笑)
最近わけわかんなくなってきちゃったよ。
なんか好きな人だったらなんでもどーでも楽しいよね!
ジャージ姿でコンビ二で立ち読みでもさ!吉牛でもさ!!
今まではそういうの嫌だったけど、最近はそう思うわ。



つーかあたしは港町とか夜景とかBARとか音楽とか
好きだからか、やっぱり神戸のBARとか横浜港とか憧れるんだけど、
神戸は2回もデートで使っちゃったし
友達とも何回も行っちゃったから3回目はもう
いいかな、的な。(笑)
そーいえばこの前行った神戸デートの日記、
結局書かないまま月日が経ってしまった^^;
写真いっぱいあるし、気が向いたら書くわ~。
もう別れてるけど(笑)

やーっぱ横浜港とかお台場かな!
ディズニーとかかな!
でも一番行きたいのはラスベガスとかかな(笑)
どうすれば出会えるんだい?



そんな話で盛り上がりつつ、
チャリンコで飲みに来ていたので、
夜中の2時頃、チャリで帰宅~~~。
その場で一緒に飲んでた、初対面のAさんが
意外にも近所に住んでいたので、チャリで送ってもらったわけさ。


なんだ、この相変わらずなグダグダ感。




ま、そんなわけで、言いたい放題喋れる環境っていいですよね。
最近よく思います。自由って素晴らしいなって。
そんなわけでもっと書きたいことがあったのに、
今回もむやみやたらに長くなってしまったので、
次回の日記に回します。ガールズトークの続きね!!



※Flower Friday※

2008.09.14(Sun)






おとといのお話。



世間は*Flower Friday*♪♪(すなわち花金ねあせあせ)


しかしどちらかといえば
土曜日に週のうち最もハードな働き方をしている私にとってみれば、
花金もへったくれもあったもんじゃなく、
だいたい金曜も終わる時間が遅いので、
(この1年間ずっと9時終わりだよ!)
世の中の働く社会人の流れにずっと乗れずにやってきました。。。



が、おとといからうちの職場に
マイミクのゆっかが働きにやってきたので、
仕事のあと、久々に一緒にディナータイム♪


あんかけスパを食べにいきました。


写真
http://www.ichibanya.co.jp/pasta/ ←パスタデココ



あんかけスパって、愛知以外の皆さまはご存知なんだろーか・・・あせあせ
一応名古屋名物なんですけど。
あたしのあんかけスパデビューは意外に遅く、
なんと2005年でした。(←なんで覚えとんじゃーーー!!!)


なんか許せなかったの、最初は。
は?なんでパスタが赤く染まってんの?
え?あんかけって?
天津飯とか中華飯にかかってるあれ?
ちょ…まてよwピリ辛ってなんだよ!!


みたいなノリ…。
でも食べたら美味しかったので、
それ以来無性に食べたくなるときがあります。
んで、たまに仕事のあとに食ってたりします。



お気に入りは「ポークピカタ」なのですが、
「ぶたキャべ」にしました。気まぐれなので。
ゆっかは「べジエッグ」でした。

ココ壱系列のお店なので、カレーのごとく
辛さも選べるのですが、わたくし超辛党のくせに、
2番目に甘い“マイルドスパイシー”にしました。
根性なしです。
何度も“スパイシー”にして後悔しているからです。
名古屋人は味付けの濃さがパネェと思います。
(←コショウ効かせすぎて、もうソース赤くないからね^^;
ドロドロの濁った血液みたいな茶色!)





ゆっかに言わせると、
あんかけスパは名古屋以外の人には受け入れられないとか
なんとか。
え。そうなの?
まぁ確かにイタリア人に食べさせたら怒られそうだよね、
とかいう会話を繰り広げながら、
ゆっかの幸せ話を聞いたり色んな話を聞いたりしながら、
気付けばぺロっとパフェまで完食してました。
なんだこの胃袋……げっそり


ゆっか、これから毎週よろしくね♪
また時間が合えば次回は山ちゃんあたりででも(笑)




そして、
あんかけスパ、スガキヤのラーメン。
このふたつは名古屋人が自信を持っておすすめする
名古屋名物だと思いますので、お近くに寄られた際には
ぜひともお試しあれあれ♪♪






ゆっかと別れたあと、
さぁ帰ろうかと地下鉄の改札に向かうと、
♪プルルル プルルル シンプルシンプル~♪




…着信アリ。

(ネタじゃなくてほんとにこの着信音なんだけどね(笑)
ソフト●ンクのくせに。)




出てみると、ナンシーさんだった。




「あ。お疲れ様です~。
今からサー、飲まな~~い??
もう最期だからさ!!」




・・・え!!!!!!!げっそりげっそりげっそりげっそりげっそりげっそり




ど、ど、ど、ど、ど~したんデスカ?( ̄▽ ̄;)!!!!




すると、
予言によれば今夜東海大地震が来るからさ、
ということだった(笑)



いや~・・・
是非とも飲みたいですけど、あたくし大変しょぼいながらも
白状致しますと、さっきのあんかけスパ屋さんのおかげで
所持金200円に満たないんですけれども・・・( ̄▽ ̄;)
(←小学生の遠足のおやつすら買えねー泣き顔)


「あ~大丈夫大丈夫!
もう最期だと思ってお金ならたくさんおろしてきたから!!
大丈夫だってー!任せなさい!ほら、地震がきたらもう
飲めなくなるじゃない??今のうちに使っちゃおうと思ってww」



・・・まさか地震が来るから飲もうよという
誘い文句がこの世に存在するとは思いませんでした・・・。(笑)



ま、あのお店カード使えるし、
ちょっとぐらい顔出しに行くかぁ♪♪と、
その足で、昔からお気に入りのBAR、L.U.G.G.SへGO!!

http://www.luggs.jp/




・・・ナンシーさんはおらんかった。



手始めに、駆けつけの一杯でシャンディガフをいただいて
ナンさん待ち。
普段は平日の頭とかど真ん中に来るからか、
花金のお店の混み方にびっくり!!
はじっこにめっちゃ追いやられた感じふらふらふらふら


ナンさん待ちの間に、
隣に座っていた24歳の某大手企業のサラリーマン(笑)や、
同じく24歳のバーテンのお兄ちゃんと、同世代トークで盛り上がる。
“スポっちゃ”しよー!!とか。(←“スポーツやっちゃおうの会”だってw)
今度からメンバーに入れてもらうことが決定した。わーいww
でも二人とも昭和59年生まれのねずみ年だってー!
見えなーーーいふらふら絶対に28~30歳ぐらいに見えたのに!!
あっちもあたしのこと、26、27に見えたらしいし!!ふらふら
くぉら!!!むかっ(怒り)
なんだー58(ゴッパ)のイノシシかぁとか言われたw
ひとをけだものみたいな言い方するなよ!!
なにより、ゴッパっていうのね(笑)



そうこうしているうちに、約20分ほど経ってナンさま登場。
前髪つくってマジで可愛かった!!目がハート
エビちゃんみたい~~~!!
あたしもオン・ザ・マユゲにしよっかなぁ~~


今日はワインが飲みたい気分だね、ということで
スペイン産の赤ワインのフルボディのボトルを頼んだ。
めっちゃ美味しかった。至福!!
やっぱり赤はいいハート達(複数ハート)目がハート

写真


店内はロバートプラント&アリソンクラウスが流れていて、
かなりいい感じ。ワインも美味しいし、チーズの盛り合わせも
最高で、こういう雰囲気やっぱ最高だなぁ♪と思った。
さっきまで盛り上がっていた24歳の年下リーマンにも
分けてあげて一緒に飲んだ。(笑)

http://jp.youtube.com/watch?v=sOuczlD5KBw&feature=related



そのうち、終電を逃した。




というか、みんなに帰るな、帰るならタクシーで帰れと
止められたため。(笑)
あたし現金200円しかないんですが・・・。
まぁいっかぁ、なんとかなるさ~♪
昔からいつもこんなノリ・・・。ごめんなさい、いつも適当で。



そうこうしているうちに、
ワイン2本目があいた。今度はフランス産のミディアムボディ。
そして、ナンシーさんの友達の、外国人が、友達づれで現れた。


即座に彼らのいるソファ席に、ワイングラス片手に
移動するあたし。(爆)


ナンさんも24歳リーマンも置きざりにして。
最悪だ。
小学生のときからそうなんだ。
外国のひとをみると、話しかけたくて仕方なくなるのです。



そのうちナンさんもやってきた。
そして24歳リーマン君やら、常連さんのSさんやらが
そのソファ席に入れ替わり立ち代わり現れ、
なんだかよくわからない、パーティ状態になる。

写真
↑ナンシーさんとナンさんの友達のオージー人と、常連Sさんw


ナンさんは、カウンター席に同中の男の子を発見して
途中でそちらへ行ってしまったり、あたしも
ずっと外国人やSさんやリーマンくんと話し込んだり
場所を移動したりして、はっきり言ってナンさんと一緒に
飲んでない(笑)
ま、こんなことは初めてではないけどね。



その外国のひとは、オーストラリア人とニュージーランド人だった。
日本語も喋れるひとだが、主に英語で相手してくれた。

写真
↑ニュージーランド人とあたし。

「君の発音はかなりアメリカンだね。
アメリカのどこで勉強したの??」とか、
アメリカ嫌いのオーストラリア人に、
「アメリカナイズされすぎだよ・・・(=_=;)ふんっ。」
とか言われたけど。。。

語学留学なんてしたこともなければ、
アメリカの土を踏んだことすらないっ!と言うと、
びっくりされた。

「え!!!じゃあ何、その発音!!どうして?なんで??
彼氏がアメリカンとか?」


ぜひともそうであって欲しいけれど、
そんな事実はまだ一度もなく…(←ほんとはドイツ人希望w)


私も自分がアメリカ流の発音だと初めて知って驚いた。
アメリカには縁もゆかりもないはずだが。。。
まぁ、イギリス英語ではないだろうなとは思っていたけれど、
外国人にアメリカ英語と言われるほどとは(笑)
学校の教材はよっぽどAmericanizeされてるのね~~~



年々英語がダメになっていく私ですけど、
(←初めから出来るわけでもないが。)
なぜか酔いが回るとたまに超流暢になるときがある。
気付くと普通に喋っている。
マジで不思議だ。年中酔っ払っていたいぐらいだ。



ニュージーランドの彼とは、主に音楽の話で超盛り上がった。
彼はR&Bが好きなんだと言っていた。
USHERが好きだって!!わお!USHERは高校生のとき聴いてたよ!
顔は好みじゃないけど(笑)歌はかっこいいよねーー目がハート
と一緒に歌いながらはしゃいでいた。
あとはNe-Yoがお気に入りだとか。
Ne-Yoは売れ線で申し訳ないけど『Because of you』が好き!!
というと、えええーなんでそんなに知ってるの?
Japanese girlに出会っても、みんな知らないって言うよー
とかゆっとった。

Ne-Yo『Because of you』
http://jp.youtube.com/watch?v=jKZGGPj3gBA

「それは出会った子達が悪かったわあせあせ
これぐらいなら知ってるひとは知ってるよ、あたしなんか
疎いぐらい!!」


君もR&B好きなの?と聴かれたから、
男性ならダントツ1位でCraig Davidが大好き!
女性はシャーデーとかデズリーとかアシャンティ、
エリカ・バデュにメアリー・J・ブライジ、ディスチャやTLC、
アリシア・キーズやMacy Grayは着メロだったと伝えた。


Macy Gray -『I Try』
http://jp.youtube.com/watch?v=qsTk2xp0nvY


超大盛り上がり!
アリシア・キーズはセクシーでいいよね~
あんな色っぽい女性になりたいんだわーとか話していた。
『No one』を口ずさんでみたり。。。
R&Bと言っても、ポップでファンキーでダンス系も
もちろんいいんだけど、それ以上に私は
雨降りの日に似合うようなしっとり系が好み~とか。w


Craig David 『Rise & Fall』
http://jp.youtube.com/watch?v=7OTLkafwomg&feature=related

↑スティングの切ない香りぷんぷんなCraig David!!
こういうテイストが好き!美しいの一言ですね!!



それからうちにもライブのDVDがあるのですが、
Sadeの『Kiss of life』↓ 最高です。
シャーデーのライブ映像は、ほんとにいいよ!Jazzyで。おしゃれです!!
http://jp.youtube.com/watch?v=BvcNtoHwd6Y

http://jp.youtube.com/watch?v=ZuVVMkuWnng&feature=related

一番のお気に入りは、やっぱりシャーデーですハート達(複数ハート)

皆さんもぜひともごひいきに♪




やっぱ音楽はよいな~~~~!
世界共通だ!!最高だよ!
音楽のある世界に生まれて、幸せだ!!



そうこうしながら、
気付けば私自身も外国人さんたちのもとからも
離れ、色んなところを彷徨いながら、店内BGMにアリソンクラウスを
選曲したというDJのお客さんの席の隣で、彼の音楽語りを聴いたり、


全く絡みのない、知らないお客さんに
「今度ぜひとも食事に誘わせてください。連絡してね。」
と、名前と番号とメアドのメモされた紙をいきなり渡されたり、
(まぁスルーですが。)


また外国人のひとたちと飲みながら語ったり、


常連のSさんに、かつての淡い恋愛話を聴いてもらったり
(←前回や前々回の日記に書いたとおりの、ほろ苦いやつw)
大人の意見を聞いたり、「やっぱり年上が好きなの?」という質問に
「昔はそうでしたけど、今はなんでもいいですねー(笑)
上でも下でも同じでも!!ww」と答えると、
24歳のリーマンが再び食い付いてきたり。。。。
(まぁ社交辞令な感じでw)


なんだかあの店内の全員がへんなテンションでした(笑)


そして地震が起こる様子もなく。。。。。





翌日のことを考えて(と言っても3時回りそうだったけど。)
ベロンベロンに可愛くなっていたナンさんを引っ張り出し、
結局カードで支払って(笑)お店を出ることに!!!


外に出るとあたしらの周りには、
さっきまで一緒に飲んでいた24歳のリーマン、外国人の2人などなどを
はじめ、いろんな人が取り囲み、ほぼ集団化していた(笑)
みんなに連れ添われる中、なんとか現金をうまいぐあいに工面して、
あたし一人だけタクシーを掴まえてお帰りー♪♪



翌日の電話でナンシーさんが無事確認ができ、本当によかったです(笑)




そしてやっぱり地震は起こらず。。。。
翌日は非常にしんどいまま、一日仕事をしておりました。


嗚呼。
あれが地球最期の日だったら、とんでもなく楽しかったのにな。
翌日仕事ってきついねーーーーーーー。




ま、そーんな感じ。
どんだけ無茶な日常を過ごしてんねん!!
って毎回我ながら呆れるな^^;
みなさん、引かないでください。








ところで、先週からずっと長久手で国際オペラコンクール
をやっているので、仕事の合間や休みを利用して、
観にいってます♪毎回はりきって観にいってるんだけどね♪
あしたはついにファイナル!!!

あたしが応援していた人たちが残ってくれてとても嬉しい♪
頑張って欲しいな^^


ってなわけで、オペラの話をもちまして、
この日記を締めさせていただこうと思います。


(←なんかダラダラ書きながら、いつも以上に締まりが悪い文章になって、書いててしんどくなってきたん^^;)


じゃー、土曜日働いたぶん、火曜日まで連休なんで
また近いうちに書きにくるよー。じゃーな。













突然にまつわる思い出話

2008.09.11(Thu)










今日は休みの日だったため、家でぼーっと
『とくダネ』を観ていた。。。。ら!!


元FIELD OF VIEWのボーカル、浅岡雄也さんがテレビで
『突然』を歌っていた!!!( ̄▽ ̄;)!!!


あーびっくり。。。。
オグさんと対談してる。。。
『突然』…前回の日記でYou tube貼ったばっかじゃんw
この前から懐かしいなぁと思いながら聴いていたのにサ。
http:// jp.yout ube.com /watch? v=fgAha iHwBpc



観られた方、いらっしゃいますか??




この曲やこの人にはかなり濃い思い出がある。
2年前には東京の小さなBARでライブを観ていたら、
なんと偶然、斜め前の席に浅岡さんが座っていて、ビールを飲んでいた。
ま、 普段から話しかけられることはあっても、
自分からなかなか話しかけることのないあたしは(←死ね!)
一言も話すことなく終わってしまったけどさ。。。

あ。そのときの日記がここに出てきたよww
もう時効だからいいよねwww↓↓

http://saty33.blog.fc2.com/blog-entry-64.html


そして3年ほど前、某ライブハウスでバイトしてたときに、
とあるイベント会社の社長にしつこく話しかけられて、
断りきれず、番号を教えてしまったことがあったの(=_=;)


それが結構酷くて…
そのひと、自分の特権振りかざして、
俺と遊んでくれたら、
色んなライブのバックステージ&打ち上げに一緒にご招待します
みたいなこと言ってきたことがあり
(←もちろんそのイベント会社繋がりのアーティストさんね。)

だけど適当に交わし続けてたらある日!!
「今、浅岡さんという歌手の方と打ち上げしてるんだけど、
よければ電話かわろうか?」
とかいうメールがそのひとが入ってきたという!!!
しかも夜中の3時とかに!!!



なぬ!?!?!?



ドびっくりだて、
朝起きて。
意味わからんて!!!
この星の数ほどいるアーティストさん達の中で、
なぜよりにもよって、彼の名前を出すんだい?こいつは!!
そしてこいつは何か知ってるのか?あたしのことを!!!!!



思わずメールを返してしまったら、
その夜、またしても電話がかかってきた。
んで、待ってて、代わるから。と。
ほんとに雄也さんが出た。。。。。
という、びっくりなお話。
ま、○○さんのお知り合いの方ですよね?
名古屋でライブやるのでよろしくお願いします^^
また何かの際にはご一緒しましょう、みたいな話で終わったけどね。。。



えええええ~~~~~



でしたよ。。。
きゃーとか言ってられず、冷静に「はい。」とか
相槌うっていたけれども。




そして、いくらバックステージだの打ち上げだので
釣ってこようとしても、その社長があまりにも相性が悪いと感じたので(笑)
その後会うこともなくそれっきりで終わってしまいましたが。。。。(笑)



その後、うちのライブハウスでも何回もライブやっていた浅岡さん…
私も従業員として働いていたわけですけれども…
リハ中に舞台前でごそごそ作業していたのが、
まさかあの電話の女だったと、彼は認識していたのであろうか。。。w


しかしライブハウスで働いてい ると、
すっかり冷静になってしまう。サインとか絶対もらえないし。
(とゆーか制服姿でもらいたくないし。)
そーゆーことを繰り返していると、なんだか
あの熱かった時代もすっかり冷え切ってしまったのだ。




そう。
高校時代、大好きでした。
ハンパなく。恋にも似た気持ち…だったかもしれません(笑)





そりゃもう、
FM横浜で雄也くんのラジオをやるって聴いたとき、
電波届かないくせに毎週せっせとパソコンでE-mailを
送り続けていたという無茶っぷり(笑)


そして友達のちっちに、毎週綺麗に録音してもらい、
すべての放送を郵送してもらっていたという徹底っぷり。(笑)
(←なんて律儀なちっち!!ありがとう!!)



一回だけ放送で「名古屋市の聖美さんから~」と
呼ばれたときは、あたし放送聴けんけども、
ちっちから「おめでとーーーー!!!読まれてたよーーー!!!」
とメールをもらったっけな(笑)
あはは、懐かしい。





95年のデビュー当時。あたしは小学6年生。
その当時から知ってはいたし、仲の良い友達に
聴け聴けと言われていたけれど、まぁいい曲ね、ぐらいで
終わっていたぐらい。サビしか知らなかったけど。
ポカリスエットとダチョウと中山エミリの印象。
ドラえもん観てるときによくCMでかかったな~みたいな。
でも、引っ越してしまった仲良しの友達が『突然』を歌ってたから、
なんかその子の印象が大きい。


そのうち中学生になって、
母親がスーツ姿のFIELD OF VIEWみたいな好青年的な雰囲気に
好感触を抱く発言をしていた。
でも、母も私も曲とかメンバーとか、あまりよく分かってなかった。
ただ、爽やかな人の代名詞だった(笑)



そして中3のとき、
修学旅行のバスの中で、カラオケ大会してて、
この曲を大合唱した記憶があるんよね。(笑)
東京ディズニーランドからホテルに向かうときで。
当時仲の良かった男の子が歌ってたから
すごくよく覚えている。
このとき初めていい曲に思えたかもしれないw
子供の頃はさらっと聞き流していたけれど。
(←友達にカセットに勝手にダビングしてもらっていたけれど。)
あのクラスもとっても好きだったしね♪


そして、
ベストアルバムも思わず買ってしまったという。
(←これも全部通して聴いたのは1年後でしたが。。。)
そして『突然』はそれ以来大好きになったのでした






そして中3の終わりごろ。
それはちょうど受験1週間前でした。。。
受験がほんとにもう嫌で嫌で嫌で嫌でーーーー
体も壊してしまい、とにかく勉強以外の何かをしたかった!!
つーか勉強もそんなしてへんけど。



そしてそんなとき、
偶然CMで目にしたFIELD OF VIEWのライブの告知。
(IN市民会館 大ホール。何年か後に自分がこの舞台に
立つようになるとは当時は思いもしなかったけどね。)

「これでも行くかぁ。。。」


曲とかメンバーの名前とか何にも知らなかったけれど、
気まぐれにチケットを購入した母親に連れていかれました。


(←受験一週間前にライブに連れてく母親って。。。何者!?
しかも私の高校受験2週間前に引越しをするうちの家族。。。
しかも私が体を壊して寝込んでいるさなかに。。。
布団も何もかもがどのダンボールに入っているか分からない状態で
放置され、風邪をこじらせて高熱でぶっ倒れ、何日も勉強どころか、
ダンボールを開けられない状態。。。結局部屋が片付いて、
勉強道具をダンボールから取り出せたのは5日前でした。。。
熱がある中で徹夜で勉強したし。。。。内申も笑っちゃうほどガタ落ち。。。。それでも第二志望とはいえ、ヤマカンが当たって公立高校に当日点で合格したあたしの奇跡をだれか褒めてください…笑)





そしたらば…
↑こんな状態で、ライブなんか行ってみてください?

部屋もぐちゃぐちゃ。
体調も悪い。(←その日、体調悪くて学校でも死にそうになっていたしw)
勉強もできん。内申もいきなり落ちて、受かる見込みがほぼゼロ とか
言われ、センコーにもむかつくこと言われた
もう現実は逃げたいことだらけだて。
そんなときに、ライブ、行ってごらんよ??



音楽の力っていだーーーーーい!!!!




すっかり夢の国にハマって帰ってきたのでした
もうあたしはね、彼らが白馬に乗った王子様に見えたよ
キラキラキラキラ~~~~~



んまぁ、そこからですよね。
あたしが激しく燃えた時代は。




見事にどっぷりハマったわよね。
親子で。行きまくったわーーーー。
東京、大阪、名古屋。。。。
ラジオの公開生放送でたった15分ぐらい、
雄也さんが話すだけのために、わざわざ富士急ハイランドまで
行って、そしたらそのラジオ放送局のブースがなんとスケートリンクのど真ん中でさ!!( ̄▽ ̄;)!!!!
スケート靴履いて、リンクのど真ん中で
登場まで5時間待機のクリスマスイブ。。。とか(笑)
今思うと馬鹿馬鹿しくて笑うしかない感じだけど、
まぁまだ10代半ばだったし、それぐらいやらかしといたほうが
人生ファンキーよね(笑)



直射日光でやられそうだったなぁ。。。。(笑)
目の前で雄也さんやドラマーの小橋さんが見れて、
超幸せだったなぁぁぁ



なんか名古屋や大阪やら東京にライブ行くたびに、
「この前名古屋に来てましたよね?」とか
「この前大阪にいませんでした??」とか、
知らないFANのひとによく聞かれたなぁ。。。(笑)
え!なんでご存知なんですか?と聞いたら、
だって目の前にいて、目立ってたもん、とよく言われた( ̄▽ ̄;)



いやーーー確かに。。。。大暴れしすぎていて。。
かなり痛い子だったな。。。。
今はあんなに暴れる気力ないよ。。。。
どのライブに行っても、めっちゃ冷静に仁王だちしてるもん(笑)
あの頃のように野次飛ばす習慣も皆無だしwww
きっとやり尽くしたのねーーーー。


名古屋でラジオの公開生放送に来てくれたときも毎回、
相当野次飛ばしてうざかったなーーー^^;
当時は今以上に、空気が読めない感じでした(笑)
今はそんなことありません。絶対目立つような行為はしません。
でも当時は雄也さんに野次を拾ってもらえて、
笑いかけてもらえるのが超嬉しくて、友達とはしゃぎまくってた!!



(↑こんなんで散々やらかしてるのに、2年前にBARで
知らん振りとか、ライブハウスで従業員ヅラとか、しらじらしいも
いいとこwww)




2000年のライブDNA、最高だったなーーー!!!
暴れまくって最高に熱い夏休みの幕開けだった!!!
名古屋3回、大阪、東京、ライブ行ったなーーー!
富士急ハイランドも行ったなーーー!!
懐かしい★★★
今井絵里子とか知念里奈もいたわ!


当時、ファンサイトで知り合った方々といまだにマイミクで
仲良くしてもらえてるって、なんだかとっても不思議でありがたい!





んで。
張り切ってライブに遠征にって満喫して、
パソコンでライブレポとか書いて余韻に浸っていたら、
8月のあたまに突然

「あ。そういえば、あんたのライブの遠征費、
修学旅行の資金から出したから。バイトしないとあんた、
修学旅行行けないよ。働け!」


と 母からの通告。。。
むごい。。。。そーゆーことは先に言ってくれよ。。。。





あたしその頃超無気力症候群で、
何もやりたくない!!というNEET街道まっしぐらで、
もう死んでもバイトとかしたくなかったの!!
でもそんなこと言われたらさぁ。。。。。


だけど、深夜ずっと起き続けて朝方までパソコンでチャットやって、
朝の7時に寝る、という、腐った生活を送り続けていたので
(夏休み暑いしさ。。。)働く気力も起きず、ダラダラしていたら、
母親が、

うちから徒歩2分のガソリンスタンドでガソリンいれたら
募集してたから、母が娘を売り込んどいた、
明日面接に来いって。もう決定!!


とか言ってきやがった
マジでありえねぇぇぇぇ~~~~!!!





だけどガキだったし、他にやりたいこともなかったから
仕方なく面接に行った。
全くやる気もしなければ、車とか当時まったく運転しないから
(つーか高校生だし。)ガソリンスタンドとか、ほんと憂鬱だったし!
どーせならハーゲンダッツとか、
可愛らしいところがよかったし!!!!



ぬぁぁぁんて思いながら、
相変わらず仕事にやる気は起きなかったわけだけれども、
そこで、私は大きな出会いがあった…わけでした。




その部分は割愛させていただきますが。
青春時代の蒼い思い出です。



きっかけって、ひょんなところにあるものなのです。


そしてVIEWの解散ライブ。
大号泣でした。
2002年12月1日。東京の赤坂ブリッツにて。




自分のプライベートもあれこれあって大変なときでした。
その2年前の夏(2000年)にこの赤坂ブリッツに
訪れたときは、ガソリンスタンドでバイトをすることになってしまう
1週間前だった。
あの頃は何も知らなかったけれど、
あれからたくさんのことがあり、夢は叶い、
そして今終わろうとしているんだろうな。。。
そして、私の青春だっ たVIEWも終わろうとしているんだな…
と思った。


『突然』を歌ったときなんて、声が出ないぐらい
泣きじゃくったし。。。。
とても感動的で美しいフィナーレだった。
一生忘れられない、と思った。
これで、これまでの思い出も封印しよう、そう思った。



そんな感動的なフィナーレのあとに、
色々と揉めた原因を作ったRくんから、意味の分からない電話が1時間ほどあった。
まさに散々泣きまくったあとで、すっきりした面持ちで
帰ろうと思った、東京駅のプラットホームの上だった。




そのライブの直後に、大好きで大好きで仕方なかった、
あたしの青春のバンドの美しいフィナーレ、
こいつのせいでブッ潰れ。





…そんな思い出も付きまとってくるわけですが、
とくダネの『突然』を観ていてふとそんなことを
黙々と思い出し、再び切ない気持ちになったのでした。。。。

















































;






オレンジとストロベリー

2008.09.06(Sat)




。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○ 。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○


昨夜更新した日記…。
いつも以上に膨大な量であったのとあまりの赤裸々さに(笑),
翌朝正気に戻ってからこっぱずかしくなって日記を非公開にしましたf^_^;
まぁ今からも明らかに赤裸々なんですけど…^^;
読んで下さった方,
途中読みの方,ほんとすみませんf^_^;



でもせっかく睡眠時間を犠牲にして書いたわけだし……。
というわけで,今から書き直します(>_<)
お付き合い下さい!w







※ちなみに先日の映画の話ではないです!!





★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚


僕が思うに、誰も僕の木には登ろうとしないみたいだ
僕の木は高すぎたのか、低すぎたのか
誰も僕のことを理解できないのだろうか
でも、そんなに悪いことでもないかな
僕と一緒に行かないか…あの、ストロベリー・フィールズへ


全てはただの夢 現実とは非現実 
思うに…分かってるさ…
つまり…ああ、そうだ、全部がおかしいのさ
君と僕とは別の人間
僕と一緒に行かないか…あの、ストロベリー・フィールズへ


ストロベリー・フィールズよ、永遠に...




『Strawberry Fields Forever』BY The Beatles

http://jp.youtube.com/watch?v=98ZoPtIdR2I


★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚



先日のビートルズ映画の影響もあってか,
今の気分は↑この曲の歌詞。
めっちゃええ曲や。。。

『僕が思うに、誰も僕の木には登ろうとしないみたいだ
僕の木は高すぎたのか、低すぎたのか
誰も僕のことを理解できないのだろうか
でも、そんなに悪いことでもないかな 』


この詞、分かる気がするな。。。
ストロベリーフィールズ=もちろんいちご畑のことだけど,
このいちご畑って何を表してると思う??
色々言われているけれど,あたしにとっては,
平穏で幸せな世界の比喩。
私の心の中にも昔から、そういう場所はある。


何の知識も知恵もなく,
純粋で無鉄砲で無我夢中で危なかしくて,
だけど必死でひたすら楽しくてときめいて,
月並みだけど『甘酸っぱい』思い出。
もう何年も忘れかけていたはずなのに,
この甘い追憶が鮮明に蘇ってきてしまった。


しかし,こんなにも鮮明で新しい記憶のように生き返ってきたのに,
それはもう全て葬り去らなければいけなくなってしまったみたい。
ときどき思い出しては楽しんでいたのに。
それももう終わり。
私の温かいストロベリーフィールズは,
またしても封印される。永遠に。。。。
そしてもう二度と,戻れない。





o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○ 。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○





最近,懐かしいひとからよく連絡がある。



あたしがケイタイが壊れたことによって,
もう会うことはないだろうと思っていた人達。
一気に連絡がやってきた。驚いた。


まずは中3のときのクラスメイトの男子たち。

中学時代は全く絡みがなかったのに,
なぜか中学を卒業してから,彼らとはしょっちゅうつるんでいた。
なのに,五年くらい前を境に自然と疎遠になった。

高校生のとき,そいつは暴走族に足を踏み入れてしまった。
妙に慕われて,仲間に入るよう何度も誘われた。(なんでやねん!!)
毎晩派手なバイクでうちの前にやってきたもんね(笑)
適当に交わし続け,なるべく避け続けていたけれど!(笑)

銀髪の彼に超ド派手なバイク。
何人もの仲間を引き連れて私の周辺をうろちょろされたので(笑)
うっとおしくて仕方なかった!
でも私自身、当時は人生が面白くなかったし,
他にやることもなかったので,
ダラダラと無駄な時間を一緒に過ごしていた。




でも,私がバイト先に好きな人ができると,
彼らにうろちょろされるのがうっとおしく感じた。(笑)
(←バイト先うちから徒歩二分の距離だったしf^_^;ガソリンスタンドでバイトしてたん(笑))

あたしが片思いしてる男はどこのどんなやつだと
やつら、バイト先にまでガラ悪い格好で見に来るしさ~~~( ̄▽ ̄;)
片思いの彼に
「…キミ,こ~ゆ~人達と付き合ってんの?f^_^;」
と誤解されて(いや事実は事実だったが)凹んだしね~。


そしてその数カ月,私の大奮闘のすえについに念願叶って,
大好きな大好きな片思いの大学生と付き合うことになったと同時に,
やつらは自然と姿を消した。




それでも何年置きかにヤツラは
突然うちのインターホンを押してきて,
不思議な再会を果たしたりしていた。

五年前に会ったときは,お互いハタチになろうとしており,
彼はすっかりとゾッキーから足を洗い,
様々な経験を乗り越えて,
精神的に素晴らしく成長していた男になっていた。


なんだかんだで楽しかったなぁ!
毎晩遊んでたもんな。
夜の海の浜辺や夜景の綺麗な山で,
特にロマンチックな感じもなく(笑)
愚痴聞いてもらったり人生について語ったり…。
浜辺で何度も花火したりカラオケ行ったり,
夜中2時のコンビニでソーセージパンあっためてもらって
一緒に食べたり(笑)
ホントになんだったんだあの夏は!!


私はその当時,自分の世界の狭さが嫌で嫌で仕方なく,
何でもいいからどうにか広い世界に飛び出しくてたまらなかったので,
違う世界で生きている彼がうらやましかった。
だけど彼が

「いいじゃん。ジャスミンはその狭く定められた道を厚く太くしていけば。そんな人生もかっこいいよ!」

と言ってくれた。
純粋に嬉しかったし,救われた。



ーあれから,また自然と連絡をとらなくなって五年。





いつが最後だか覚えていない。
もしかしたら,ヤツラと大阪の親友と,4人で
浜辺で花火をしたのが最後だったかなぁ。。。


「元気??今なにしてんの??結婚は??」
嗚呼。ついに結婚を聞かれる年齢になったのね……
そりゃそうよね。
20代も半ばだし。
あたしの周りもじゃんじゃん結婚してるし。
でも,時代はどんどん変わってるんだなと改めて感じた。



この不思議なご縁はいつまで続くんだろう??(笑)
ますます落ち着いた大人の男性になっているのかしら??
近々ヤツの働いているカフェでヤツの煎れたコーヒーを
飲みに行く約束をした。
なんかよくわからないけど,私にはいい友達がいたんだな,と思う。。。w





そして。
彼らから連絡があってから,
過去の色んなことを思い出していた。





ヤツラとつるんだ腐った高校時代,
ヤツラに突っ込まれた高校時代の大恋愛(笑),
懐かしいなぁ…って思う。
あの純粋すぎな片思いのトキメキは,
あれ以来していないように思う。
本当に本当に好きだった。
バイトで二人きりになると,
緊張して何を話せばいいか分からなかった。



こんな自分の変貌ぶり,珍しくて驚いた。
彼からはおとなしいね,いつもポーッとしてるね,と言われた。
二人きりの空間にはいつも微妙な空気が流れていた。
だけどうまく受け答えのできない私に,優しく話しかけてくれる彼との
二人の時間が本当に好きだった。


だけど手に届かない,
想いが伝えられない切なさが,
私をどうしようもなく惨めな気分にさせた。



この曲をきくと,当時の大恋愛(大片思い?)の
咲き始めの気持ちを痛いぐらい思い出すのです。
…といっても、実に7~8年ぶりに聴いたのですが…。




★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚

頼りなく二つ並んだ不揃いの影が
北風に揺れながら延びてゆく
凸凹なまま膨らんだ君への想いは
この胸のほころびから顔を出した……

http://jp.youtube.com/watch?v=LAtKrX4SeZA
             『口笛』BYミスチル

★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚




そしてその後。
超ありえない数々のチャンスと,私のがんばりで、
見事に彼を振り向かせ,
高校二年から大学一年の途中までの二年半,
私のたわけなゴタゴタがあるまで,一途に付き合うことができた。

(二回ほど別れたけど復縁したし)


あれほど大好きだったし,
別れたときには毎晩大泣きし続けたし,
高校三年生の頃に一回別れたときは,
学校でも一日中涙がとまらなくて,
みんなに励ましてもらって迷惑かけた。。。
一緒に無言で泣き続けてくれた友達もいた。
今から思えばなんて純粋で一途だったのだろう…。w
最後の別れも,二回目も,立ってられないほど泣いた。


だけど,あれから月日は経ってしまったし,
あれほどの想いもやがて色褪せる。
あの想いを塗り替えるほどの恋愛もしたし。
だんだん,この恋愛も過去のものとして葬り去られてしまった。
あのときの感情もすっかり風化した。



なのに今になって突然,
記憶の数々がリアルに色味を帯びて,
みずみずしく飛び出してくる。
こんなに鮮やかな感情が私の中に眠っていたとは,と、
自分でびっくりするほど…。



今度こそこれらの思い出とは,本当のお別れだというのに。





o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○ 。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○








昨日,再びありえないぐらいの懐かしい人から着信があった。


---六年前に音信不通になった,とある男友達のRだった。



私と,大好きだったその彼の仲を引き裂いた張本人。
ううん,人のせいにしてるだけ。
1番悪いのは浅はかだった私なのにね。



Rは,大好きだった彼の、中学からの同級生だった。
2002年の8月,三人で長島スパーランドに行った。
嬉しくて仕方なかった。
楽しくて仕方なかった。
あたしは18歳,彼らは24歳だった。
今のあたしは,あのときの二人と同い歳になったんだね…。
Rは今はもう31歳になっていた。
とゆーことは,あの彼ももう31になろうとしてるんだね。
出会った頃はまだ22歳のお兄ちゃんだったのに。
あんなに絶叫マシーン好きなのに,あれ以来長島に行ってないや。
遊園地自体,行っていない。



Rは,長島に行った翌日から,
私と彼を応援&見守るふりをして,不必要に私に接近し,
私と彼の仲をぐちゃぐちゃに掻き回して,
たくさんの誤解を招く発言をし,二人の仲をダメにして,
最終的に彼に内緒で私に告ってきたひと。

……信じられなかった。
不信感の塊を感じた私は,こっぴどく断ったが……。
それでもRは,一時間以上しつこく粘ってきた。


もちろん,Rも悪気があってそんなことをしたわけではない。
最初はほんとに見守るつもりだったみたいだし。
だけど、私が誤解を招くようなことでもやらかしたのだろうか。
結果的に,そんな結末になってしまった。
それが原因で、彼との関係が修復不可能になってしまったのなら,
それはその程度のこと。
Rのせいじゃない。
今では全く恨みも何もない。
それにRをまるっきり信頼していた当時の私も、浅はかだった。



しかしそれ以来,
一度も連絡をとっていなかった。
昨日は実にそれ以来ぶりであった。
(ケイタイのメモリーが飛んだから誰か分からなかったわけ。)



驚いたけど,懐かしかった。





別れてしまったその彼とはその翌年に一度食事に行ったが,
何も変わらぬままの優しい姿だった……。
お互いにRの話は一言もせず…。
何事もなかったかのように仲良く…。

また来月も会おう,と約束をしてから
お互いに連絡をとらなくなり,今に至る。
あれから早五年の年月。


私も当時,ヘンな男にハマってたしねf^_^;
優しい彼は物足りなく,もう違うなと思ってしまった。
あれだけ大好きだったのに。
私は二人の数年の月日から世界を飛び出してしまったのだ。



だけど,
またしても手を伸ばせば届く距離に戻ってきてくれたと安心した。
連絡さえすれば,いつでも「来月」は手に入るんだって信じてた。
私は他のひとに恋をしてしまっていたけれど,彼にもまた会えるんだって嬉しかった。



二年以上の繋がりがあった彼。
今改めて思い返しても,本当にすごく素敵な人でした。



人生が楽しくなくてスレてた私を救ってくれたのは,
彼の存在のおかげ。


何もやりたいことがなくて人生ヤケクソで夜遊びばかりして,
将来真っ暗だった私が,やりたいことを後悔せず突き進もうと
今の道を選べたのも,彼がそばにいてくれたから。


困っているときは漫画のヒーローみたいに飛んできてくれる,
奇跡みたいな存在だった。


絶縁状態だった父親と私の仲を取り持とうとしてくれたのも彼だった。
あれがあったから,今の私達がいる。


彼といると本当に楽しくて楽しくて,夢みたいな日々で。


なのに,なぜ何年も忘れていたのだろう。こんな気持ちを。
感謝の気持ちも忘れて,
なぜ何年も,他のひとに夢中で恋をしてしまったのだろう。






-六年ぶりのRの電話で,漠然と感じていたことを聞かされた。



嗚呼。やっぱりね。
なんとなく,そのパターンも考えていたよ。
だけど,何も感じなかったのに。
感じないと思っていたのに。





カレは数年前に結婚してしまっていた。
うちの高校のそばにあった実家を出て,
今は私の職場のそばの中村区で暮らしている。
Rが久々に電話をしたら,
最近子供が生まれて,子供の世話をしている最中だったということ。




嗚呼。
やっぱりそうなのか。



彼はいまどき珍しいぐらい純粋で,
本当に素敵ないい人だったから,
どうか幸せになってと願い続けていた。


お節介だけど,心配してたんだよね。
いいひとに出会えますようにって。
見かけによらず,いまどき珍しいぐらい純真で誠実で,
こんな私でも本当に大切に想ってもらえたから。


幸せになってほしかった。
そして幸せになっていた。
嬉しい。
これは本当の気持ち。



だけど,寂しさと切なさがないと言えば嘘になる。
嗚呼,あの頃のカレも私も,
この世界中のどこを探してももうどこにもいないなぁ。


もう二度,いないんだなぁ。


あのときの近ちゃんと聖美は,もう変わっちゃったなぁ……。
大人になっちゃったなぁ……。





今更。
なのに記憶は限りなく,果てしなく,広がりをみせる。


そして,あの頃,彼の車のラジオから流れたSMAPの
『オレンジ』を今,ひとりで何年ぶりかに聞き返してみる。

http://jp.youtube.com/watch?v=FD9WoZeD8jk&feature=related



ずっとずっと切ない片思いだった。
初めて連れていってもらった,夜の冬の海。
一生の宝物になるんじゃないかと思うほど大切で嬉しくて幸せで……。


その夜は嬉しさで眠れなくて,CDコンポを抱えてこの曲を聴きながら目をつむった。




★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚


不器用すぎる二人も
季節を越えれば まだ見ぬ幸せな日に巡り会うかなぁ

なんとなく距離を保てずにはにかんでは 歯痒い旅の途中で寝転んだね………


★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚ ★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚



その翌月,
偶然カレの車のカーラジオから流れたこの曲に,俺コレすごい好きなんだと語っていたのを聞いて,運命じゃないかと勝手に喜んだっけ…。




未練なんかない。
心から幸せを祝福したい。
少し寂しいけど,私は不幸ではない。
悲しいという感情とも違う。
カレが幸せで、よかったなぁって思う。
そして心から、カレと出会えてよかったなと今改めて思う。


どの感情が正しいのか,
正直なのかわからないけれど,ただ,言えること。


ほんとに,あのひとの一挙一動が好きだったということ。



あの見かけによらない,果てしない優しさが好きだった。
あの男友達といるときの呆れるぐらいのハメの外し方,
社交性が好きだった


あの正直さが好きだった

遊んでそうな感じで,
実はものすごく純情でシャイなところが好きだった

あの温かさが好きだった

困らせてごめんね
相変わらず変わっていない私です……


あのナイスツッコミやフォローの仕方や,話し声や,煙草を吸う姿や,バイトの制服姿や,あの小さな顔と細長い手足や,
サッカー命なところや,スノボをする姿や,キャップのツバからのぞく目や,歩き方や,車の中のバニラの香り。


あれもこれも大好きだったものばかり。



あたしの大好きな曲をサプライズで店内に流して喜ばせてくれた。
http://jp.youtube.com/watch?v=KmblpIDoEWs

“僕は君の大事な存在になれるのだろうか”


突然の熱い夕立に夢中で車に走った初デート。
埃まみれになって時が経つのも忘れた。
マジで歌詞のまんま。

冬の夜の海へのドライブ。
突然連れて行かれたから,驚いたよ。
銀色に激しく波打つ壮大な波に,黄金に輝く浜辺には私たち二人だけ。
風が激しくてとにかく寒くて,ぎこちなくコートにうずくまった。


あまりのすごさの中を,
彼と二人しかいない世界で…。

言葉が出てこなかった。
一生忘れられないんじゃないかと心が悲鳴をあげた。


金華山の夜景。
日進市の夜景。滝の水公園の夜景。
豊田の夜桜。
名古屋港水族館の夜景。



ちょっとドライブ行こうぜと言いながら,
いきなり一般道で地図も見ずに大阪まで行っちゃうカレ。

といっても,
道頓堀でタコ焼きを食べて,帰りがけの京都の寺の前で
写真を一枚だけ撮って,朝の4時に帰宅…。

わけわかんなかったけど,高校生のあたしにはそんな無計画さも刺激的だった。


うちにもカレんちにも何度も遊びに行ったっけね。

高校まで迎えにきてくれた。


あたしが歌を始めたといったら,煙草吸わないように努力してくれた。


あんなに願ってやまなかったものが,次々と叶っていく喜び。
願いって実現するものなんだなぁとあの頃は,なんの疑いもなく信じられた。

人生ってうまく回るように出来ているんだなぁって。


嗚呼。なんだか久々に泣けてくるヨ。




素敵なひとが出来たんだね。
よかったね!!




私はありがとうすらちゃんと言えずに……
本当の気持ちも最後まで伝えられずに……
心からの祝福も,直接言うことができない。
今更連絡なんて出来ないしね。
心からおめでとうを言いたいだけなのに。



やれやれ。
せっかく掘り起こしてきた素敵な思い出をまたしても封印する作業にうつらなければならない。

思い出を共有する相手がもういないんだよ。

共有してくれなんて思わないし,こんなもの持っていても邪魔なだけ。

カレは相手も子供も大切にするだろうし,邪魔になるぐらいなら葬ってほしい。


大丈夫,もう慣れたから。



カレの次に出会ったひと………大学一年から四年までそばにいて,
大好きだったカレとの記憶を塗り替えるぐらいの恋をしたひと……。


彼も気付いたら結婚していたから。


もう思い出は葬り去ってしまった。痛みも悲しみもどこにもない。
そのひとの身勝手な結婚と,未だに激しい「会おう」のメールには不本意に深く傷付けられたが,今は無味無感情。


だけどカレのことは心から祝福できる。


今までそばにいた人達が,私とは幸せになれず,私の知らない世界で誰かと幸せになっていく…。

見送ることしか出来ない私はちょっぴりせつなく寂しいけれど,仕方ないよね。
これでいいんだ。
きっとこれからもそういうのを繰り返していく。
そうして慣れていくんだろう。

これが年上男性ばかりと付き合っていた者の悲しい宿命ね(笑)




★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚ ★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚



人波の中でいつの日が偶然に
出会えることがあるのならその日まで…

さよなら 僕を今日まで支え続けてくれたひと
さよなら 今でも誰より 大切だと思えるひと

そして何より二人がここで共に過ごしたこの日々を
となりにいてくれたことを
僕は忘れはしないだろう

さよなら
消えないように…
ずっと色あせぬように…
ありがとう



                『オレンジ』SMAP


★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚







Across the Universe

2008.09.04(Thu)




8月から書きたいことがたくさん溜まっているのだけれど、
まずはこの話題から順番に消化していこうと思います。


『アクロス・ザ・ユニバース』

写真




今日は特に予定は入っていなかったのですが、
どぉぉぉぉしても映画が観たくなり
(というか、どーしても観たい映画があり)
久々の一人映画館に行って参りました。
以下、ネタバレになるかも。。。。


写真

公式HP Across the Universe
http://across-the-universe.jp/


簡単に紹介すると、ビートルズの名曲たちを33曲連ねた
ミュージカル映画。
舞台は1960年代のアメリカ、イギリスです。
古き良き時代ですね。60年代。憧れまくりでございます。



政治的な時代背景としては、ベトナム戦争やら黒人解放運動やら、
それはそれは混沌としており、
決して「良き時代」とは言いがたいかもしれませんが。
音楽的&カルチャー的には憧れですね。
この時代の若者って、ハチャメチャだけど熱いんだよなぁ~!

音楽からファッションから思考から、ものすごい若者の文化だと
一目置いております。

写真
↑U2のボノも歌ってる!!めっちゃめちゃかっこいい!!!
やっぱりサイケの覚醒的な世界観、素敵です!!




映画、めちゃくちゃよかった。
なんてゆーか、色彩豊かで。
シュールでサイケデリック!!!
視覚だけでも面白い映画なのに、
更に聴覚でも楽しませてくれる。


まず、出だしから『Girl』で始まるのが
うわ、やられた…と思った。
この曲は高校生のころよく聴いてたけど、当時は正直
あんまり良さが分からなかった。だけど今ならすごくよく分かる。


ビートルズファン必見!音楽ファン必見!!
ヒッピー大好き人間必見!サイケデリック大好き人間必見!!
笑いあり、涙あり、戦争と平和についても考えさせられる作品。
ビートルズ知らなくても絶対ビートルズ好きになりそうな作品。
色んな仕掛けやダジャレやゴロが隠されていて、
ユーモアもたっぷり。シリアスな部分も盛り込まれ。。。。
なんだか観ていてゾクゾクきちゃった!!!!


写真



あたし、仲良しさんに、昔からサイケなヒッピーさんがいるのでw
こういう世界観大好きです!!!
あたしもヒッピーファッションしたくなっちゃったもん!
妙にハマって変人扱いされそうなのがオチだが^^;

というか、この時代に生まれたかった!!
・・・そうなったらそうなったで大変そうだけどね^^;




何より、話題どおりビートルズの楽曲がてんこもりで、
もう大満足!!!!
以前の日記でビートルズについて熱く語ってしまったので↓
もうこれ以上書くのはよしたいところなんだけど
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=850672296&owner_id=2332853



今回もかなり書かせてー。ww



『Strawberry fields forever』なんて、
可愛らしい曲でもともと好きだったけれど、
この映画観たら改めてぬぁんていい曲なんだ。。。って、泣けたもんあせあせ(飛び散る汗)
(←公式HPの予告の動画で一瞬流れたときも妙に泣けたし。)

ムードhttp://jp.youtube.com/watch?v=ziToC3371NE&feature=related

写真

写真




それから『Hey Jude!』
これはビートルズの曲の中でも平坦で結構飽きていたのだけれど、
この映画を観て見直しました。
めちゃめちゃええ曲や。。。。
Hey Jude!に泣かされましたもの。

ムードhttp://jp.youtube.com/watch?v=aBgC0ytvTMs&NR=1




あとは『Across the Universe』と『All you need is love』
これも定番&有名すぎてぶっちゃけ好んで聴いてなかったけれど、
映画で聴いてゾクっとしちゃいました!マジで鳥肌もの!
↓これらは映画を順番に辿っていかないとこの感動は伝わりづらいかもねw


Across the Universe



All you need is love





『Let it be』も聴きすぎて慣れてたけど、
かなり泣けたなぁ。演出がまたまた切なくて悲しくて。
またそれに重なり合わさる字幕の訳もよかったんだよねぇ。。。


http://jp.youtube.com/watch?v=GQNpEET9WqQ&feature=related





そして、個人的には『Come Together』『I Want You』の演出が最高でした。
また訳も分かりやすくて。いかにも60年代、という詩と
曲の雰囲気が好き。ヒッピー、ロック、サイケ、ドラッグ文化の
混沌とした世界観が出ていたように思う。

Come Together
http://jp.youtube.com/watch?v=1v-T15IDYNE


I Want You
http://jp.youtube.com/watch?v=NwB8QiKWodk&feature=related



『Helter Skelter』を歌ってたセディとかいうおばちゃんも
ジャニスジョプリンの雰囲気ぷんぷんでかっこよかったなぁ!!!
http://jp.youtube.com/watch?v=GiCMnpI6Vsk&feature=related



ヒッピーカルチャーが戦争や黒人解放運動の背景で
生まれたことは解ってたけど、ああやって映像でみると、
より一層リアルに心を打たれる。
そして、だから、ああいう音楽が生まれたんだな、って
すごく納得した。この時代の音楽に理屈抜きで惹かれる理由も分かった気がするな。
ビートルズは、こういう時代の中で大きな音楽を発信してきたんですね。なんだか改めて感動しちまったよ。
そしてあたし、やっぱ生まれてくる時代も国も間違えた。
(←よく思うしよく言われるw)



それから、
映画の中で運命の人とご対面。

写真
写真

うーわー。めっちゃめちゃ好みや。
どうしよう。年齢はあたしより1歳上だってー。
うーん若い男性は今までストライクゾーンになかったけどーー!!
最近自分も歳老いてきたので年齢とか関係なくなった!!

そーそー、こういうひとが好きなん揺れるハート目がハート
6歳ぐらいの頃から♪♪
ついに出会ってしまったわハート達(複数ハート)
映画の中の役もめちゃめちゃよかった。
しびれた。マックス役のジョー・アンダーソンくんだって。
要ちぇけらーだわ。




そんなこんなで、
機会があればあと3回は観たい映画なんだけど
どうやら明後日で名古屋は上演が終わるっぽい。。。。
なんですとーーーーーー!!!!????

しかも109シネマズとかミッドランドスクエアの映画館では
やってなくてさ。。。伏見のミリオン座一件だけなん。
なんでなん!?
名古屋だめだめすぎだよ!!!
東京まで観においでよ、お金全額出すから、と大胆なことを
言って下さる方がいるけれど、その話にマジでのっかりたい気分。。。。w
まーたぶん行かないでしょうが。。。。。




まだ観ていない方は、ぜひ!!!







ちなみに。

最近村上春樹の『ノルウェイの森』が映画化されるってことで、
また久しぶりに読み返してます。
この時代も60年代だったっけ。古き良き時代だよー、やっぱ。
うちの親父さんがこの時代に青春を送ってたなんて、うらやましすぎるー。
映画、観にいかなくちゃ!!!!



ま、ノルウェイの森ってことで、
今のBGMはビートルズの『ノルウェイの森』なわけです。
でもやっぱりダントツ1番は、以前日記にも書いた
『The long & Winding road』だけどね♪





皆様もお試しあれ♪





追伸:うざいぐらいの動画で、いつもほんとすんまそん;;




















7年越しの決意表明。

2008.09.02(Tue)




7年前からずっと、いつか必ず!!と思いながら
ここまでダラダラと月日を過ごしてきてしまいましたが。。。


ついに決心を固めることにしました!!




怖いです。。。。
またしても決意が揺らぎそうです。。。。
あたしはよわっちいし臆病だから!!><

でもでも、もうタイムリミットなんです!!!!!
今動き出さなきゃあとがない!



みなさんに聞いてもらえたら、ちゃんと頑張れるかなと
思って、この場を借りて発表しようと思いました。



こんな私ですが、どうかあきれずに私の誓いを聞いてください。
(←なんか今年の24時間テレビみたいだ。。。。)





宣誓!!!!







私はついに、








おやしらずを抜くことに決めました><!!!!!!!!







おーこえー。







斜めに生えてますねー。
このままでは歯並び悪くなりますよーと言われて、
抜くのを決意してからはや7年。。。。。



さっき歯を磨いてたら、自分の歯並びがガタついてるのを
発見して、思わずムンクの叫び!!!

マンマミーヤ!!!!!




確か私、歯並びはよいねと褒められてきたはず。
歯並びいいのだけがとりえだったはず!
噛み合わせよすぎて、歯軋りしてたはず!(←ダメじゃん)
なのに昔と明らかに変わっている!!!なんやこりゃあああああ!!!




大パニックで思わずかぁちゃんの顔の前で、
食らいつくぐらいの勢いで口を開け、
「歯並びがまた変わった!!!げっそりガタガタやーん」とギャースギャース喚いてたら、
今までは「全然平気やん!あんたいちいち細かいことにこだわりすぎ!」
と笑い飛ばされていたのに、今回ばかりは



「…ほんとだ…」



と真顔で返された。。。。。



嗚呼。こんなんじゃ今夜も歯がボロボロに抜け落ちる夢にうなされるかも。。。。





とは言っても、あたしの親不知、
両端から歯を押しまくってるうえに埋まってるんやんねー><
あごが細いせいで、歯並び満員電車で溢れかえり中、みたいな感じ。

しかも、歌の本番があったりするし、
レッスン行くし、練習するし、仕事も歌を教えるのに喋ったり歌ったり
口の中みせたりで、あたしの日常はこんなサイクルなん。
下手に口開けるのがしんどくなると商売あがったりだわ!

どの程度で痛みがひくかとか、誰が名医だとか、
全然しらないんだけど、いつものごとく行き当たりばったりで行っていいものか。。。どなたか教えてください。
というか、個人的にメールするかもw


はぁあ。。。。。
とにかく歯並びが変わるとかどえらいショック。。。。。
人相まで変わりそうじゃんね。。。。
てゆーか変わってきてるのひしひしと感じるしT_T






はぁぁぁ。。。。。。



凹むからこの話は終了!!




ところでもう9月なんですね。
早いわぁ。あのものすごい豪雨がうそみたいにこの数日、
バカ暑いけどさ、8月の猛暑に比べると9月というだけで、
まだ救いようがある気がするね!!
嗚呼。もうすぐ秋ね。それまで残りの夏を楽しむわ、的なさ。



9月といえば大好きなEarth wind & Fireのあの名曲!!!
最高!というわけで、秋の夜長のBGMはベタですが『September』




この前BARでこの曲がかかってて、嗚呼好き!!目がハートって
反応したら、長年連れ添ってきたあの方に、

「この曲聴くと昔から矢田さんって感じがする!!」


と言われてしまったw 
どんだけ昔からレトロでベタなの聴いてんだ!
その昔後輩くん車に乗っけたときにこれかけてたら
「こんなん聴くなよー」と大爆笑されてしまったし。。。。

でもいいじゃん。大好きなんだもん!!
やっぱFunkの大御所よぉ!!!!






ところで、8月31日のMixiキーワードランキングの
見事堂々1位に輝いたエド・はるみさんにうってかわって、
明日は「福田首相」決定ですね。



びっくりしたー。
そりゃ個人的にはこのひとどうなの?(=_=;)と思っていたので、
やれやれ、やっと時期がきたか、というのと
衝撃でかなり驚いたんですけれども。


なんか去年の日記に確か福田首相について書いた気がする、
と思って探してみた。ほれ↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=564036677&owner_id=2332853

長すぎて自分自身ですら読む気力が全くありませんが。。。
相変わらずキモいんで、読んで下さらなくて結構です。



なんかさ、みんなも騒いでるけど、内閣改造したてだし。
これから国会だし。
このタイミングで辞任なんて無責任じゃない?とも勿論思うし、
一方では、まぁ、それだけ大変だったんだろうな、
福田さんだって一人の爺さんだし、色々バッシングがあったり
計り知れないプレッシャーとか行き詰まりがあったんだろうし、
と同情してしまったりもするし。
国民には突然のことのように思えるけど、色々時期を見計らって
いたのかもしれないしさ。よくわからんけど。
(←とゆーかダラダラ続けられても嫌だけど。)

相変わらず、毎回ジャスミンお約束の、わけのわからん感想で、
もやもやする。
だってさ、



人間だもの。(BY相田みつを。)






だけど、、、、
国を背負って立つ人間が、
部活やめまーす的な感覚で総理降りる国って一体どうなんだろう。。。( ̄▽ ̄;)
根性ねぇ。。。。日本人!!
だいたい福田さんって、記念受験じゃないけど、
国会議員になった記念に首相やっときますか、な感覚にしか見えなかったしね^^;おもいっきり偏見ですが。



ま、洞爺湖サミットしか印象に残らない首相だったな。。。




総理が人間的にとっても優れていて、みんなが
お手本にしたい!!みたいな英雄だったら、とっても素敵なのにな、
なんて想像してみる。


ま、あたしはもともと麻生さん派だったので、
いよいよ麻生さんの出番か、と思っている。




んで、先ほど田舎のじじばばの家に電話した際に、
「福田首相辞任しちゃったねー。」っていう話をしたら、
祖母とは真剣に話し込んだけど、うちのドじじが高田順次ばりに
超てきとー。。。。



写真



じじ「ま、最初っからおじーちゃんはこの結末が読めたでな!
   いーのいーの。おじーちゃんの筋書きどおりなの。」

私 「そうなんだ(笑)」


じじ「福田のにーちゃんは言い出したら聞かないからなw。
   まーもう70過ぎのじーさんはもうええて。
   次は麻生かな。まぁ、オファーがあまりに激しければ
   俺が出てってやってもいいんだけんど!」


私 「は?!( ̄▽ ̄;)」


じじ「他にだれも適任者がおらんかったら俺しかおらんがね。 
   というーか、おみゃーさんやらんけー?」



私 「!?( ̄▽ ̄;)あたしかい!」


じじ「ほうか。仕事が忙しいか。じゃーおじいちゃんが
   適任者を探してうまいこと調整してやるで、
   さっき麻生さんに聞いてみたんだがまだ返事待ちやでな。
   どうなるかは明日のニュースみてくれや。だからお前さんは
   余計な気をもまんと、自分の仕事をまっとうしなさい」

私 「…ありがと^^;w 住みよい国になるよう期待してるわ^^;」





こんなくだらんじじの妄想に5分以上も付き合わされたのでした。。。^^;



うちのじじ、昔から超てきとーで、
突然英語で電話かけてきたりとかさ、(←いまだに。
超日本語発音なのに、意外と文法はしっかりしてて、スラングまで使いこなしてたりするし。)
幼稚園児の頃はクリスマスイブの日に鼻つまんで電話してきて、

「さとみちゃんこんにちわ!^^サンタだよ!」


と子供だましなサービスをしてきた。。。。
ま、純粋なあたしは本気で信じたわけだが!
幼稚園でサンタから電話かかってきたー!と自慢したら
友達にうそつきー!といじめられて泣かされたし(T_T)
でもおかげさまで、小学生の頃まで信じ続けていたけどね。
小5か小6でおばあちゃんにバラされたw


あたしが昔ロンドンから岐阜の祖父んちに国際電話をかけたときも
「おーおービックベンがよくみえるわい。」とか、マジ適当。
「エリザベス女王にうちの孫をよろしく伝えといたでまぁ安心しなさい!」
とかゆってくるし。

それにあたしが祖父母に内緒でヨーロッパを一人旅して、
(←イラク戦争のときだったから反対されそうだったので。)
帰国の3日前にイタリアから絵はがきを送り、最終日にドイツの空港で
「じゃじゃーん!実は一ヶ月ほど、海外にいましたー!」
国際電話で暴露したら、
「やっぱりな!どうもドイツにいると思ったんだよー!」
とかさほど驚かずに切り返してくる(==;)



どんだけ適当やねん。。。。



あーなんか文章に表しても全然おもんねー。
一回みなさんにうちのおじーちゃんを生で見てほしいです。
ひょうひょうとしていて、素敵ですw




あれ。


おやしらずの話がなぜこんなことに。。。。。
やっぱり深夜の日記はますますダメね。


それではみなさん、ちゃお♪

プロフィール

saty33

Author:saty33
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。