♪Kobe♪

2008.01.14(Mon)




昨日は神戸にてコンクールの本選ファイナルがありました!




そして昨日,今日と大好きな神戸の街を満喫してます(≧∀≦)


昨日は港町で美しい夜景のみえるレストランでワインを飲み過ぎ気持ち悪くなり………


今は神戸港のポートタワーの見えるレストランでまったりです(≧∀≦)





また神戸紀行日記に書きます(≧∀≦)
帰りたくないよ~(:_;)



十年以上の親友と二年ぶりの再会ではしゃいでます(≧∀≦)


スポンサーサイト

ありがとう・・・・

2008.01.10(Thu)




世界で一番優しい言葉って一体なんだろう??


色々と探してみたけれど、
私はやっぱり「ありがとう」だと思う。



ありがとうと言われると、嬉しくなる。
ありがとうと言うと、温かくなる。



なのに、今の私は「ありがとう」を口にすると、
胸が締め付けられる想いがするのです。






:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。


http://www.youtube.com/watch?v=h86rFn7CF64



:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。





いつも、アノヒトには心からありがとうと思っていた。
ありがとうを言い続けてきた。



だけど、今回だけはいつもとちょっと違った。





そして恐らく、もう二度と言うことがないと思う。。。。。
こんなに辛くて切ない「ありがとう」は、
もう二度とごめんだと思った。






大好きなアノヒトと、お別れすることに決めました。






言葉にするのは辛かったけれど、
ちゃんと「ありがとう」の想いを添えて、告げました。





これは、私が一番恐れていたことであり、
そしてきっと、一番望んでいたこと。





ほんとにほんとに、大好きだった。
慕っていた。
頼り切っていた。
甘えていた。
お別れしたくなかったから、
自分の気持ちをごまかしてまで、頑張って来た。
自分を偽ってまで、そばにいたかった。



ずっとそうやってきて、
気づいたらもう随分と長い月日が経ってしまいました。





楽しかった。
楽しさを教えてもらった。
救ってもらった。
アノヒトがいなかったら、私は一体どうなっていたのだろう。
想像がつかない。
元気をもらった。
たくさん励ましてもらった。
倒れそうになったとき、何度も何度も支えてもらった。
かけがえのない宝物を、たくさんもらった。
私の埋まっていた宝物を、
これでもかというほど掘り出してもらった。



このままずっとずっとずっと、
一緒にいたかったな。。。。。。。



できれば一生、そばにいたかったなぁ。。。。。





でも、その他の部分で、




好きだった分、
甘えきっていた分、
たくさん傷ついた。
重荷に感じてしまった。


できることなら、耐えたかった。


耐えれるものなら、
耐えて済むものなら、いくらでも耐えたかった。。。



たくさんのこと、
与えてもらった分、私も応えたかったんだ。。。。
そして私も、もらうばかりじゃなくて、
与えたかったんだぁ。。。。





でも、
限界だったなぁ。。。。






たくさん裏切った。
たくさん偽った。
自己嫌悪にも陥った。
そのやり場がなくって、
ついには大好きだったアノヒトに対して、
恨みや憎しみさえ持つようになってしまった。



大好きだったゆえに。
大好きすぎたゆえに。



なんでこんなに苦しめられなきゃいけないの!!とか、
ひどいひと!!!とか、
そういう風に、悪い人のように思わなきゃ、
辛すぎて、とてもじゃないけれどやっていられなかった。
最後の一ヶ月は特に、アノヒトに対して
ひどい感情を抱いてしまったなぁ。。。。。。





だけど、

今はありがとうの気持ちしか残っていない。
ありがたくて、ありがたくて、
どれだけありがとうを伝えても足りない。



あなたと出会えて、本当によかったですって、



言葉でどれだけ伝えても、うすっぺらいんだ。。。
行動が伴っていないくせに、いくら口で言ったって、
無駄かもしれないな。



でも、
アノヒトがどう思ったって、
ほんとは私が思ってるようなヒトじゃなくたって、
私のことをどう思ったって、
たとえ過去に色々と嫌だなぁと思うことをされたって、



今は本当にありがたくて、たまらない。

変だよね、
今までされてきた嫌なことは何も思い出せなくて、
してもらったことのありがたさばかり感じてしまう。





切なくてつらくなるから、早く忘れたい。
でも忘れたくない。



こんな形になってしまうことをお許し下さい。
こういうことしか出来ない私を、許してもらえなくても結構です。
お気の済むように、思ってください。


だけど、
あなたがいつまでも幸せでいられることを心からお祈りしています。




私がいなくなることで、どうかマイナスにならないで。
今まで以上に幸せになってください。。。。。
それが私の、望みです。





今頃になって、出会った頃のことを思い出してしまう。
懐かしいなぁ。
思い出したことなんてなかったのに、
なんで今頃こんなに鮮明なんだろう。


戻りたいなぁ。。。。って、
私の中のどこかがささやく。
だけど、もう一方では、これでよかったんだ、
これでやっと私は、新しく踏み出せる、
自分のため、相手のためなんだ。
ときには痛みや切なさを犠牲にしてでも、
踏み越えなきゃいけないものもある、これが人生だ、
とささやく自分がいる。




この先、一体どうしようと不安になるときもある。
べったり依存していれば安心だった。
アノヒト以上に私のことを分かってくれて、
親身になってくれるひとなんて他にいるだろうかと思っていたから。



だけど。。。。
これ以上そばにいると、
私の心がダメになる。
私の人生が、ダメになってしまう。


今年の私は、何よりも心を大事にすると決めたんだ。


ナゼこれをするのか。
ナゼこうしたいのか。
何がしたくて、私はこれをやっているのか。


アノヒトのそばにいると、その一番の根源が曇ってしまうって
気付いたから。
目の前の事物ばかり追いかけて、心を置いていってしまうところだった。



自分の成長のために神様は私にアノヒトに出会わせて下さって、
更なる成長のために、別れさせることを与えたんだ。



誰かが言っていた。



「生きるということは自分の手で選択していくこと」





だから、後悔はしていない。
間違っていない選択だったと思っている。
きっとこれが間違っていたのなら、
神様はどこかでまた、軌道修正をして下さる。


そう信じている。



ただ、ちょっとだけ、別れに対してセンチメンタルになっているだけ。
もう私は新しい道を進み始めた。
まだまだ模索中で、孤独を感じることもあるけれど、


きっと依存の道を探したらいけないんだ。



変わっていくことを、受け入れよう。
自立するための道を、探そう。
自信をつけよう。



新たな道で、新しいことを、見つけよう。





だから、悲しくはないんです。
もう歩き始めている。
最初の一歩は踏み出している。
過去はもう、思い出の中。
私はとても前向きです。
だけど今だけ、思い出の中に浸らせてください。。。。





大好きな大好きな大好きな先生、


今までほんとに、6年間、ありがとうございました!!!!!
歌を教えてくださって、支えてくださって、
たくさんいろんなことを教えてくださって。。。。。



いつも頼りきってしまっていましたね。
最初っから今まで、まるで子育てのように
私の面倒を見てくださって。。。。。
まるで第二の母親のように慕っていました。



先生がいなければ何も出来なかった私が、
初めて自分で選択した道が、先生との別れだったなんて、、、、
残念な想いを抱かせてしまって、ごめんなさい。



新しい先生のところで、がんばって磨きなおそうと思います。




この感謝の想いをまた大人になって、
一人前になったら、たくさん返したい。
そのときは今とは違った形で、出会いたいな。。。。



どうか、お元気で。







大好きだった、先生へ。。。。。






聖美




*◆*新春*◆*

2008.01.09(Wed)




新年明けてました!
おめでとうございます(^∀^*)


新年のお慶びを申し上げます(´∀`✿)




こちらをBGMにお読み下さい(笑)↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=MS0-170nsIA&feature=related




✿゚ฺ*:;;:*゚✿゚ฺ*:;;:*゚✿゚ฺ*:;;:*゚✿゚ฺ*:;;:*゚✿゚ฺ*:;;:*✿゚ฺ*:;;:*゚✿゚ฺ*:;;:*゚✿゚ฺ*:;;:*゚✿゚ฺ*:;;:*゚✿゚ฺ*:;;:*  



さて、2008年が明けてからあっという間に10日が経とうと
していますね★
皆様、いかがお過ごしですか??
元旦に掲げた一年の抱負を実行すべく、
たゆまぬ努力を続けていらっしゃることでしょう(O´∀`O)



私も昨年末の疾風怒涛のような日々とは打って変わり(笑)
今はとても穏やかな日々を送らせていただいております!!




皆様、昨年は多大なるご心配とご迷惑をおかけして、
誠に申し訳ございませんでした(>□<)
オフラインでも「日記読んだよ~!大丈夫??」と
声をかけられる回数の多いこと!(笑)
改めて、mixiの影響力は偉大なり。。。。




はい、
私はもうすっかり大丈夫です(´∀`*)
肩の力がすんなり抜けて、良い方向へ進むことができそうです!!




とっても素敵な、二度と忘れられない、忘れたくない、
感動の年越しでした!!(≧▽≦)




なぜなら、自分の今までの考え方が見事にひっくり返されて、
私は生まれ変われたのではないだろうかと思うほどの、
意識革命が起こったから!!!!





・・・・はい、謎ですね~~~。(笑)






確かに年末、あたくしは病んでましたよ。(笑)
でも、これで病むのは最後にしよう、
年の変わり目だし、こうなったら徹底的に病んでやるか。
んで、新しい年の幕開けと共に新生するんだ!!



そんなポジティブな、マイナス思考だったのでした(笑)



つまり、すっかり心を浄化したかったのね。
膿とか垢は全部残らず吐き出したかった。
で、
私はわりと書くことが好きなので、
この際この場を利用させていただきました。m(__)m





すべてを吐き出したあと、
その、今まで騒々しかった意識の水面下に、
限りなく静寂で、限りなく美しい世界があるのを私は感じた。





とっても優しくて、
温かくて、柔らかくて、
安心感があって、
とにかく、いいようもない幸福感があって




ああ、これが私の求め続けていた世界だったんだなぁ…!


って。





今まではそれを、遥か彼方に追い求めていたけれど、
ふと足元を見たら、
なんだぁ、もう既に、今ココにあったんだぁ…!って。




そこはただ、
ありがとうという気持ちと、
嬉しいなっていう気持ちと、
誰かに優しくしたいという気持ちと、
あったかい気持ちと、
賛美の想いに満ち溢れていて。。。。




私のドロドロに濁って、
わけがわからなくなっていた血液よりも底の底の、
もっともっと、芯の、核の部分で、




私はただ、
ありがとうと言いたかっただけなんだ
ただ純粋に愛されたくて、愛したくて、
分かり合いたかったんだ、




でも、次々に起こる出来事に心をいちいち囚われて、
その核になる部分を忘れていたから、



苦しかったんだ
つらかったんだ
不安定だったんだ




心からそう思えました。







そう思うと、
今まで私を苦しめてきたものは、
私を取り巻く環境ではなかったことが分かった。
私をいじめる人なんかでもなかった。



ただ、自分の「心」が自分を縛り、自分や人を限定し、
自分や周りを苦しめてきたんだなぁ。。。。




今まで、
人のせいにしてきてごめんなさい。
環境のせいにしてきてごめんなさい。
こんな風に良くない風に思ってしまってごめんなさい。

心の中に、こんなドロドロの汚いものを
溜め込んでいて本当にごめんなさい!!!





そう思い、すべてのものと事とひとに、
心からごめんなさいと感謝の気持ちを抱くことが出来ました。



そうしたら、心がすっと軽くなって、
今までよりも身軽になれた気がした。





今まで、何を必死になってきたんだろう。
何のために生きてきたんだろう??
「ありがとう」の気持ちを伝えることが、
なんでこんなに難しかったのかなァ???





いいことしてくれた人や、
分かりやすく愛してくれる人に「ありがとう」と伝えるのは
誰だって出来ることなのにね。
自分を好きになってくれるひとを好きになることだって、
簡単なことなのにね。

今までそれしかやってこなかったから、
だから心が満足できなかったんだ。








…雰囲気を変えてみましょうか(笑)↓
http://www.youtube.com/watch?v=3q7Xgj9E43Y&feature=related




今までは、自分のことしか考えて生きてこなかったな~。
自分自身も、
音楽も、
仕事も、
勉強も、
資格も、
趣味や特技だって、
いつの間にか自分を守るための武器みたいになっちゃってたんだ。



自分はそれを頑張ることで、
自分の自尊心を築き上げようとしてきたんだ。
結局は、利用したくないと口ではいいつつ、
それらを利用してきたんだよ。



自分を守ることに必死になりすぎて、
ときには人や自分自身を傷つける凶器にもなってしまっていたな。



そんなものじゃないでしょ??
幸せになりたくて、やってきたんでしょ??
なのに、大事な部分を見失って、私は前へ前へと必死になりすぎてきた。




昨年末は色んなことに追い詰められてた気がしたけど、
それらは、私のそんな急ぎすぎてた心の状態を教えてくれたんだな…。







私は、幸せになるために歌うことをやめようと思いました。

そして、歌うために働くことをやめようと思いました。

お金のために働くことをやめようと思いました。

幸せになるために働くことをやめようと思いました。



そうやって生きてきた去年よりも、
自分の家族の素晴らしさ、ありがたさに気付いて、
そして家族や友達らの幸せを願って自然と涙が溢れた
年末年始の方が、ずっとずっと幸せだったから。。。。




こんなにたくさん色んなものをもらっていたのに、
こんなに満たされていたのに、
充分すぎるぐらい備わっていたのに、


なんぜあんなにも「ない!ない!」と思いながら、
焦っていたのだろう。





前に向かって突っ走って心を亡くすよりも、
ふと立ち止まって、今あるものに気づいたら、
いつの間にか前に進んでいた気がした。



こんな感覚は初めてだった。





そして、

歌うことにがむしゃらになるのをやめたはずなのに、
のんびり働くことに決めたのに、
スピードを今までよりもうんと緩めたはずなのに、



気づいたら、今まで敵だと思っていた人たちが、
全員味方だったとわかった。




どんどん歌いたくなってきたし、
働くことも嬉しくなってきた。



人生っていうものは、こういう法則なのだろう。
忙しくなりすぎて、思いやりや優しさを表現する場を失うと、
きっと何もかもうまくいかなくなるのかも。


まず、何といっても心ありき、なのかもしれない。




それでも人間だし、心というものは移ろうもの。
揺れ動くもの。



やっぱり焦ってしまうこともあるだろうし、
必死になってしまうこともある。
目先の利点ばかりを追いかけようとして、
やっぱり優しさを忘れてしまうことだって、きっとある。




今年の私は、そういうものに対して勇気を持ちたい。
自分の弱さ、甘さ、損得勘定、焦り、恐怖心、取り越し苦労



闘うんだとしたら、周りじゃない。
自分自身の、そういう弱気な心に対して、闘うんだ。
武器にするんだとしたら、音楽や仕事じゃない。
そういうものと闘う、自分の「勇気」を武器にしよう。


それが私の今年の抱負かな。







。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。




年末年始に、素晴らしい女の子に出会った。
19歳の、Sちゃんとしよう。



彼女の心は本当に、女の私からみても美しかった。




彼女は恋をしていた。
世界中、どこを探しても彼ほど好きな人は見つからないと思う、


と、若干19歳にして私に堂々と告白する彼女は、
本当に強くて、たくましくて、美しかった。



彼のことを本当に好きで、尊敬もしていて、
これは俗に言われる「好き」ではなく、「愛」であると
彼女は信じていた。



そしてそれを貫こうとしていた。
自分が幸せになることじゃなくて、
相手の幸せを、何も言わずにただ心でずっと祈っていこうと
決心した、と教えてくれた。



いまどきの19歳で、そんな精神愛?聞いたことない。
言葉が悪い。
19歳だって、そんな子はたくさんいるかもしれない。


だけど、とっても衝撃的で、
どこの世界の芸術観だ?と私は耳を疑った。




しかし、
そのぶん、彼女は苦悩していた。




メールをしても、彼から返ってこないときの焦り。
嫌われるのが怖いと、素直に自分の想いを表現できないもどかしさ。
自分と彼の持っているもの(たとえば経歴とか生い立ちとか容姿とかね。)を
比べてしまうこと、
嫉妬、切なさ。。。。などなど。



そして、結局自分は自分のことしか考えていないのかもしれない。
彼のことを純粋に想っていたいだけなのに、
自分の欲が邪魔をするんだ。
自分は彼の持ち物を好きなわけじゃないのに、
彼という存在自身が好きなはずなのに、
なにかと彼を比べようとする自分に嫌悪感だ、、、、




そうやって若干19歳のSちゃんは、
本当に綺麗な心で、自分を裁き、思いつめていく。。。。。





!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


まるでロベルト・シューマンの歌曲やん!!!!目



http://www.youtube.com/watch?v=IItCvwsyGxc&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=ngh-Yy4vKbk

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




いやー、、、、びっくりしたのだ。

彼女は芸術をやっているわけではないけれど、
たまたま芸術をやっていないだけであって、
心、生活そのものがまさに芸術的で、「美」であった。。。



ロベルト・シューマンの歌曲が私は特別大好きなのは、
彼は、妻のクララをまるで聖母マリアのように崇め、賛美し、
自分には手に届かないものであるかのように尊敬もし、
自分の幸せよりも彼女の幸せを祈った。

その精神愛が、本当に美しくて、私は好きだった。。。。はず。





芸術ってそういうものなんだろーな。



頭では分かっていたつもりなのに、
心がずぇんっずぇん分かってなかったなーーーー。。。。
と思ったりしちゃいましたね。。。。





あたしはたまたま歌というものをやらせていただいているので、
Sちゃんが生活の中に「美」を実践しているのと同じように、
たまたまそれに投影できるというだけ。


なのに、投影するモトになる「内なる美」が腐りかけてた。



あたしは彼が好きなのー!とか、そういう個人的な想いじゃなくて、
芸術にまで到達する「美」や「愛」っていうのは、
もっと壮大で大いなるものの存在が背景にあっての「愛」なのかもしれない。





新年早々哲学的になってしまいましたね。。。。







とにかく、色んなことを勘違いしてたのです。ワタクシ。
頭でっかちになっていたのです。



なんだかんだで歌の技術ばかり習得しようとしていたから、
結局がむしゃらになって、全然うまく歌えねーんだよっ!!



ないものを習得するんじゃない、
もともと備わっているものを、既に与えられているものを
掘り起こすんだという発想に切り替えていこう。



これは歌とか芸術のことに限ってじゃなくて。
人生すべての物事において。




そして、いつかの誰かさんの話を鵜呑みにして、
アーティストは色んな経験をしていた方が人間としての幅があって
魅力的だし聞きたいものだ、みたいに思っていたけれど、



結局経験値なんか関係ないっ!
経験してよーが、してなかろーが、誰もが尊くて愛しい存在なんだ。
それをただ表現していくだけ。
それが芸術であり、それが美であり、それが人生。




結局みーんな、同じところに向かって、
同じ目標を持って、頑張ってる。


だから、他のひとと比べることをやめた!
他人のをみて、自分を卑下することなんて絶対や~めた!
羨ましがったり嫉妬することもやめよう!!



そんな時間が、もったいない!!



もっと闘うべき相手は、自分の中にある!!





:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。



そんな風に思っていたところ、
こんな素敵な本に出会った。



『求めない』  加島祥造 著




まさにあたしが今考えていた、感じていたメッセージが
この本の中にあった。






「求めないー
 すると
 いまじゅうぶんに持っていると気づく



 求めないー
 すると
 いま持っているものが
 いきいきとしてくる


 求めないー
 すると
 求めたときは見えなかったものが
 みえてくる



 求めないー
 すると
 比べなくなる



 求めないー
 すると
 ひとの後からゆっくり行くようになる
 するとみんなの後ろ姿がよく見えるんだ


 ひとびとは前のめりに走ってゆく
 息せききって歩いてゆく
 休んだと思うとすぐ立ち上がる
 休む前よりも もっと早足になる

 君はその真似をしなくなるよ」





本年もこんなワタシですが、どうぞよろしくお願い致します。
  
























プロフィール

saty33

Author:saty33
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。