ミッドナイトは眠れない

2006.06.28(Wed)

今からやっと荷造りします^^;
あーもう忙しすぎーーーーーー!!!!


今日放課後に食堂でアイスを食べて、みんなで9月に韓国へいこう計画で盛り上がっていたら、
「あれ??そういえば明日矢田チェコじゃん!!!!こんなことしてて大丈夫なの?」

と周りに心配されるほど、余裕ぶっかましてました・・・w


とりあえず今薬局でちっちゃいのいっぱい買い込んでみたけど
(荷物重いとマジイライラするから。)ちっちゃいのが積もり積もってクソ重くなってしまった!!!しかも100円代だから余裕じゃーんっふふーんっ♪あたしって買い物上手ね☆
と思ったら、とっくに万超えてやんの・・・・

へこむ・・・


重いのと、予想以上にお金がかかったことにドンへこみ。
だから嫌いなんだってば、旅行の準備するの。


今夜は眠れないっ!!!!!!!!


明日は夕方の便で大阪入りだ!!久々の大阪!!!
でも新幹線代もうっとおしいわぁ・・・・


チェコより、今日みんなで話してた韓国エステの旅にわくわくしちゃってるあたしでした☆
スポンサーサイト

カウントダウン☆

2006.06.28(Wed)

気付けば、チェコに旅立つまであと1日なのでございます。
(29日出発なのです。)


途中で立ち寄るドバイの石油王と出会おう計画も、
あと一日で決行される予定なのであります。


だけど・・・・



まだなーんにも荷物詰めてないんだよーーーーーん。



あーっ。こんなんでいいのか・・・(;_;)
明日の明日までやること多すぎて困るし!!!
何も準備してなさすぎーーー。あーカメラどこいったんだろー(T◇T)

現金もいくらおろせばいいんだよー。


でも海外旅行に何度か行ってると、前々からゆとりを持って準備する=荷物がどんどん増えていく(だって不安だから。)、
すなわち重くてうざくてイラっとする、

ってことに気付いたから、土壇場バンザイなんだぁ☆


それにしても、この1週間で8万ぐらい使ってる・・・。げ。
しかも海外行きにまったく関係のないものばかり・・・・。

シャネルのスキンケアセット、買いまくっちゃったぁ(=_=)
おかげで肌もちもちで気持ちいいんだけど、金欠に苦しんで美容と体に悪影響だわぁ・・・・。


ここにもしばらく顔出せないかもね。
でも先輩にWとの口論事件を書けと相変わらず脅迫されてるんで、直前にそれだけ書きにくるかも==; んでは。



P.S  ナンさーーーーん☆☆☆
   なんと日記のタイトルにあたしの名前まで載っけて
   激励してくれてありがとうございましたあああああ!!
   また帰国したら飲みましょう。あたしもいつかサーフィンデビューしますっ!!!!

W杯のせいで。。。

2006.06.14(Wed)





なんだかあたしの大好きな古きよき国、ドイツが
ワールドカップの異様な盛り上がりでドイツじゃないみたいぃ~~~~~~~~(T_T)


これじゃまるでドイツじゃなくてアメリカじゃんっ!!!

なんかちょっと~複雑っ。




なーんて言いながら、ちゃっかり見ているあたしだけど!!
チェコ戦、よかったです☆☆白いユニフォームが素敵だった!!


んじゃーここで
あたしの好きなドイツの雰囲気ってのを紹介しましょう。
全部じゃないけどー、一部をちらりと。



あたしの今歌ってるシューベルトの歌!!
http://www.claudiocolombo.net/Altremusiche/SchubertLiederVari2pf/Auf%20dem%20Wasser%20zu%20singen.mp3

これ、ドイツのおとぎ話に出てくる湖の雰囲気ぴったりでほんと大好き☆(≧▽≦)


《水の上で歌う》っていう曲なんだけど、
イメージはグリム童話の『ラプンツェル』とか『白鳥の湖』のツヴィッカウ湖とか・・・
ヘルマンヘッセの小説に出てくる、シュヴァルツバルト(黒い森)の湖かな☆☆


詩がまたロマンチックで、
湖のこと歌ってるかと思わせて、それと引っ掛けて実は違うこと歌ってます・・・ってとこが、哲学的で深いなぁ☆って♪


Mitten im Schimmer der spiegelnden Wellen
Gleitet, wie Schwane, der wankende Kahn:
Ach, auf der Freude sanftschimmernden Wellen
Gleitet die Seele dahin wie der Kahn;

Denn von dem Himmel herab auf die Wellen
Tanzet das Abendrot rund um den Kahn.

Uber den Wipfeln des westlichen Haines
Winket uns freundlich der rotliche Schein;
Unter den Zweigen des ostlichen Haines
Sauselt der Kalmus im rotlichen Schein;

Freude des Himmels und Ruhe des Haines
Atmet die Seel im errotenden Schein.

Ach, es entschwindet mit tauigem Flugel
Mir auf den wiegenden Wellen die Zeit;
Morgen entschwinde mit schimmerndem Flugel
Wieder wie gestern und heute die Zeit,
Bis ich auf hoherem strahlendem Flugel
Selber entschwinde der wechselnden Zeit.

(きらきらと波に反射するまばゆい光のなか
まるで白鳥のごとく 小船が揺れて 滑りゆく
あぁ 喜びが柔らかに光る波のうえで
我が心も小船のごとく 滑りゆく

なぜなら 天空から 波の上に夕日が降りてきて
小船の周りを踊っているから


西の小さなこずえの上で
赤い夕日が 我らに親しげに挨拶する
東の森の小枝の下で
赤い夕日の中で菖蒲がそよぐ

天の喜びと森の静けさ
我が心は赤く染まる光の中で思わずため息が漏れる


ああ 時というものは
揺れる波の上を 露で濡れた翼と共に消え去っていく
そして昨日も今日もそうだったように
明日もほのかに光る翼と共に消え去ってゆくのだろう

高貴に輝く翼と共に
我自らがこの移り行く時の流れから消え去るときまで
果てしなく)


歌つき↓↓
http://cat-ra.universal-music-group.com/_classics/_ram/s1/028947484325_01_11_00.00-01.30_s1.ram


きゃー深いわねーっ(*^^*)

ドイツの森や湖のことや夕日の情景を歌っているだけでなく、
とめることのできない時間の流れというもの、
その時間の流れに翻弄されて、ただ死ぬことを待つことしか
できない人の命の儚さを歌っているのだわっ☆☆


こういう詩に、めちゃくちゃ浪漫を感じてしまうあたしを誰か止めてっ。(笑)


曲からして、キラキラした夕日の光る湖を彷彿させるし、
なにより平面的なその情景を飛び越えて時空的な三次元な世界にワープするその勢いが曲に込められてるよね(*^^*)


これはシューベルトにしかできない曲だと思うよ~☆
ほんと素敵っ!!!!大好き!!!


やっぱりドイツ歌曲って大好きだぁ(*^^*)


今日は地元のレッスンだったんだけど、大学を卒業してから
自分のやりたいドイツ歌曲をめいっぱい勉強できて、
ほんとに毎日幸せですっ☆☆
先生も本当に頭の良い方で、たくさんたくさん、色んな影響を受けていますっ!!(≧▽≦)
毎回、たくさんの新しいことを教えていただいて、
毎回感動して帰ってきますっ。


文学的なこと、哲学的なこと、音楽的なこと、
本当に感性が似てるので、お話していて楽しいです(≧▽≦)

歌を歌いながら、ゲーテのシュトラム・ウント・ドランク(疾風怒濤)を語り合えたりできるのが嬉しい☆☆


ドイツ語を美しく響きにのせるための、綿密な技術も教えていただいたし。


まだまだ器用に技術は身につかないけど、地道に頑張っていきたいなー☆




今日は大学の教授からチケットをいただいたので、
オペラ協会の発表会を観て来ましたー☆
とっても勉強になってよかった^^楽しかったー!!
日本のオペラも、思っていたよりお洒落だなぁって思う。
外国に比べてセンチメンタルな感じが出てるのが
さすが日本的!?

ヨーロッパはセンチメンタル(感傷的)というよりも、
何事もロマンチックになっちゃうからねー。

感傷的になりやすい日本人は、やはり演歌の国だ!!!



あはは、サッカーネタだと思ってこの日記読んでくれたひとごめーん!!!思いきり音楽ネタだったね!
騙すつもりはなかったのよん☆w






オペラと神話♪

2006.06.12(Mon)

メトロポリタン歌劇団の、
ワーグナーのオペラ『ワルキューレ』のドレスリハを
観てきたぁ!!!(^O^)



だけどあたし肝心のチケットを持ってくのすっかり忘れて、
座席の場所もわかんないし、どうしよーってパニくりながらも
絶対に何が何でも入場してやる!!!!!と意気込んで、
強気で受付に交渉しに行ったんだけど。
(←オバタリアンか!)


あ。喧嘩越しじゃないヨ(^O^)
ちょっと目をうるませて困惑をちらつかせながらも、
相手の目をそらさないでしーっかり見つつ、
質問にはビシっと強気で答えて、何がなんでも入れろよゴルァ!!というオーラをびんびんに放つ!!!!



そしたら、長らくの交渉の末、中央の前から3列目を
げーっと!!!!!!!(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)


やったああああああ!!!!チケット忘れてラッキー♪
こんなに目の前でメト(メトロポリタン)の歌を聴けるなんてっ☆☆
自分のチケだったら3階席の後ろの方とかだったはずなのに、
最高じゃんっ♪♪♪




さて。肝心のオペラの感想ですが。



あたし、前日に数年前にやったメトロポリタンの『ワルキューレ』のDVD観ていったの。だからめっちゃ分かりやすかったし
セットも演出も丸っきり同じで、前日のデジャブを観ている気分でした。(笑)


ほぉおおおお。やっぱりキャストが変わっても演出は同じなのねーって思ったよん。


やっぱりメトのオペラは派手派手だね!!!
ただでさえワーグナーの楽劇自体ド派手なのに、
舞台の装置からして、絵本の世界や映画の世界からそっくりそのまま飛び出してきちゃいました~って感じだった。

それかファイナルファンタジーの世界だね(笑)
クライマックスなんか万博のトヨタ館を彷彿させるような
瞬間もあったし・・・・。


オーケストラもワーグナーの場合、普通のオペラの4倍ぐらいの編成だからほんと大規模で大迫力だったし、そのオケピより向こう側で歌ってる人たちなんて、その目の前のオケの分厚い音の響きを飛び越えるような声を出さなきゃいけないわけでしょ???


だから、ほんとーにすごかった!!!!
イタリアオペラとはまた全然違う、響きの凝縮しまくった声だね。すごかったーーーーー!!!



イタリアオペラみたいに歌が綺麗で声さえよければ
あとはそんなに重要じゃないぞ、という感じとは違って、

ワーグナーの音楽は不協和音も増音程もバンバンで、
声が悲鳴みたいに聴こえることもあって
「えーっ。それって歌っていうかァ・・・^^;どうなん??」
って、歌だけ聴こうとしてるとそう思ってしまうんだろうけど、
声も楽器の一部になってしまっているというか。

この世界観を表すためのBGMのひとつに過ぎないんだなって
感じ。あ。もちろん声が素晴らしいことは大前提でね。



そういう意味で、
あたしドイツオペラって好きなんですわ。


本の世界がそのまんま立体的に飛び出したっていう感じで。
昔から憧れてたファンタジーの世界を再現してくれる感じで。


ワルキューレも、もともとは北欧の神話の伝説なんだよね!


ちなみにワルキューレは4部作のうちの1つで、
ドイツの中世の吟遊詩人が言い伝え歩いたといわれる
大叙事詩『ニーベルンゲンの歌』がモトになってるのね。
(←全作。)


あの有名な、龍の返り血をあびて不死身になったけど
最終的には血を浴び損ねた部分を剣で刺されて死んでしまったという哀れな英雄、ジークフリートもこの『ニーベルンゲンの歌』に出てくるひと。



※ちなみに『ワルキューレ』はジークフリートの父母の恋愛話。
神が人間と浮気して出来た子供達の近親相姦の物語だよw


だから、めちゃめちゃストーリーが面白くて、楽しめた!!




んで思ったけど。


昔の神話ってほんと神様、気まぐれで人間クサイのね(==;)


神が浮気するとかさ、罰を与えるとかさ、怒ったり娘と勘当したり、誰かを殺したり、


ギリシャ神話を読んでても思うけど、人間に近すぎる!!!


下手したら、もっともっと残酷かも!?

やたら神様の親戚たくさんいるしね~~~~。




神ってそういうものじゃないと思うんだけどな。


それってキリスト教とか仏教の影響うけすぎ??
まぁキリスト教も三位一体とかで厳密にいえば色々いるんだけどさ。仏教も如来や菩薩や観音とか、色々ランク分けがあるみたいだけど。。。。。


それでも基本的にはもっと万能なるもの、というイメージがあるからね~~~~。
太陽みたいにでっかくて温かくて、素晴らしいもの!!っていうね。




なーんてことを思ったのでした。にゃは。


ちなみに最近ギリシャ神話にハマってます。
バイトの後輩と、なぜか本を貸し借りしたり『トロイ』の
DVDを観たりして一緒に極めましょう!!!!と頑張ってます。


ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』とかにも
手を出してみたりするんだけど、何せ専門文学じゃないんで
難しくて読みきれませーーん(=_=)

だれか講義してちょ!!!

聖書物語は趣味でかじったりしてるんだけど
(キリスト教徒の方、浅はかな言い方ですみません!!!)
メソポタミアの神話より、(←それってつまり聖書ね。)
あたしはギリシャやケルトやゲルマン人が大移動した頃のブルグント族あたりの神話に最近興味ある感じ!!!!



ワーグナーを保護した、あのドイツのノイシュバンシュタイン城の王、ルートヴィッヒ2世もそれらの世界観に憧れて、



ノイシュバンシュタイン城内を見学すると、
ニーベルンゲンの歌の壁画やワーグナーのオペラ『タンホイザー』に出てくる洞窟をモデルにした洞窟の部屋、
オペラ『ローエングリン』の部屋があったりするのね。


それがとってもメルヘンで素敵なわけよっ!!!(≧▽≦)



あたしも高校生のころに初めてそこを訪れた頃から、
ワーグナーとか、ドイツの昔話って憧れてたんだよね!!!

それでオペラを始めたようなものかもしれないし。




今から考えればどうして文学部に行かなかったんだろう・・^^;

まぁ、歌を勉強しながら文学の世界や歴史の世界や語学の世界に触れられるっていうのが、私にとっては至福なのかな!!

ただ歌だけ歌ってるだけだったら、あたしはやってらんないかも(==;)なんて、よく思う・・・。

こんなん駄目!?

ノスタルジア

2006.06.08(Thu)




気付けばチェコ出発まであと3週間。



やばいっ。何も準備していないっ。
何も準備していないどころかしばらく留守にしますと
コンビニのバイト先に告げてもいないっ。( ̄▼ ̄;)



だってーーーー(T▽T)あたしが週4日入っても足りないぐらい
朝勤のバイト人数足りてないもん・・・・。
店長のめーっちゃ嫌がる顔が目に浮かぶ・・・(;_;)


でもそろそろほんとに言わないとだよね(=_=;)


夜のライブハウスのバイトの方は後輩にレジ締めや受付の引継ぎをしてるんだけどね・・・(^^;)





チェコと言ってもピンとこないひとがいると思いますが
(親友にゆったら「えー?チェコスロバキア?社会主義国やろ??やばいんちゃう?」と大昔の話をされた・・・)
実はあたしは10年前から行きたいトコでした!!!!

中学の音楽の授業でやったじゃん??
スメタナ作曲の『モルダウ』
http://www.tokyosymphony.com/sound/04/Smetana_Moldau.ram
(↑音声聴けるよ♪)

あの川が中心に流れてる国です☆
授業中に映像を見せられて・・・ああ綺麗なところだな、と思い、


ちょうどその頃うちのおじいちゃんとおばあちゃんが
チェコとロシアに旅行に行った時期で、


音楽の先生にじいちゃん撮影の写真を見せたら
「私も退職後に絶対に行きたいと思ってます。」


といわれ、それ以降なんとなく私の中でも行きたい国ベスト5の中にランクインされてたのでしたー。


でもチェコ語できないし読めないし、
なんとなく東欧に行くには精神的に遠くってさーーー!!


だけど『モルダウ』聴いてても、その音楽性がなんとなく哀愁漂ってるというか、だけど哀愁じゃなくてもっと温かいもの?に感じられて。
夕日が似合うんだけど、切ないとかじゃなくてもっと温かくて母性的な雰囲気をこの国自体に感じたの!!!!


国民主義とか独立運動とか、そういう悲しげ(?)な歴史があるんだけど、それすら包み込む愛国心?みたいなもの??


うーんよくわからんけど!!



そんなチェコの魅力に取り付かれ、あたしは歌でも去年はドヴォルジャーク(チェコ出身)にハマってハマって大変だったねーっ。


チェコ語読めへんしできひんのに、無理やりチェコ語で
ドヴォルジャークの歌、歌ったモン。
おかげで試験は大撃沈したけど( ̄▽ ̄;)


でも、チェコのあたたかさとかノスタルジーに触れられて幸せなひとときだったのでした☆



ドヴォルジャークといえばあれだね、『新世界』で有名だけど。
♪遠き~山に~日は落ちて~~~♪で有名なやつ。




あたしは彼のオペラ『ルサルカ』(結末が残酷な人魚姫/笑)の
《月に寄せる歌》というのがほんとのほんとに大好きでっ><
http://www.cornetsite.nl/Music-Phillip%20McCann-RusalkasSong%20ToTheMoon.mp3

↑ほんとに素敵な曲なんです♪♪(≧▽≦)
神秘的であったかくて、優しい曲なんで
オペラが好きな人も、まったく興味がないひとも聴いてみてー♪
映画音楽みたいにファンタジックだよ☆



ジャズアレンジとか、されればいいのにー。




歌詞はこんなんだけど^^;↓

Mesiku na nebi hlubokem
Svetlo tv? daleko vidi,
Po svete bloudis sirok?m,
Divas se v pribytky lidi.

Mesicku, postuj chvili
Reckni mi, kde je muj mily
Rekni mu, stribmy mesicku,
Me ze jej objima rame,
Aby si alespon chvilicku
Vzpomenul ve sneni na mne
Zasvet mu do daleka
Rekni mu, rekni m kdo tu nan ceka!
mneli duse lidska sni

At'se tou vzpominkou vzbudi!
Mesicku, nezhasni, nezhasnï!


(白銀の月よ
あなたはとても空高く
その光は はるか遠くまでを照らし
この広い世界を見下ろしているのね
人々の住み家を見ているんでしょ?

お月さま、しばらく消えていかないで
教えて下さい あたしの愛しいあのひとはどこにいるの?


以下省略。)






頑張って勉強しましたよ、ええ^^;
チェコ語辞典でドイツ語に訳して、日本語訳して、
読めるようにして・・・色々と文法調べて・・・ってね。

大好きだった曲だけに、達成感はありました。



その頃はチェコに行く話なんてこれっぽっちも出てなかったけど、やたらチェコ語に一生懸命だったなー。

そしてひょんなことから、チェコ行きの話へ・・・。

なにか縁があったとしか思えないな。


あ。ちなみにルサルカの歌つきのMIDIはここで聴けます☆
(↓あたしの大好きなルチアポップが歌ってます♪)
http://hompy-img.dreamwiz.com/BBS/donggran2/f00015/f80/Rusalka_SongtotheMoon_lucia.wma




あとね、楽譜だけ購入して何度もチャレンジしようとしてるんだけど、チェコ語がギブアップでなかなかできてない曲集があるのーーーー><




ズバリ、それはドヴォルジャーク作曲の『ジプシーの歌』!!

情熱的で東欧的で、とっても素敵なの!!!
民族的だし!!!!
だけど、これは貴族向けにかかれたジプシーソングだから
本物のジプシー民謡よりはもっと高貴な感じだけどね☆

でも詞がヘイドュークっていう、ジプシーのひとのやつだから
野性的で熱くてとても素敵!!!


これの4曲目である《母の教え給いし歌》が一番有名どころだよねー☆↓

http://www.opuscds.com/mp3/155800.mp3
これもノスタルジックで大好き☆☆



でもあたしは激しくて情熱的な1曲目と7曲目にチャレンジしてみたいんだーーー!!毎回挫折するけど!!!


7曲目→
http://www.unis.cz/amneris/32.mp3




まぁ、そんなわけで一生懸命チェコという国の雰囲気を音楽で紹介してみたわけであるが、今日は別にそんなことが言いたかったわけではないのだ!!わははははーっ。


昨日知った事実ですが、ミュンヘンからチェコに行くまでの間、移動代タダでウィーンとザルツブルクを見学させて下さるそうです。



やった!!!ひょんなことからあたしの一番大好きな国に再び行けるんだ!!!!めっちゃうれしいーーーーー!!!!


まさかまたこんなに早くオーストリアに行けるとはね☆


でも今回は今までのような一人旅じゃなくて、教授さまも含めて数人で行動しなくてはいけない。。。。ちょっと窮屈~っ


ザルツブルクに行ったら、あたし誰もが行かない超田舎に行きたいのにさ>< 『トラップ一家物語』に出てきた家とかさ!
多分許してもらえないんだろうなぁ。(T_T)


またまた話が脱線した!!!


つまりね、あたしが今一番言いたかったこととは!!
昨日知った事実なんですけど、なんとチェコに行くのにドバイ乗り換えなんですって。


ドバイだよ?ドバイ!!!!!


アラブ!!!!


アラブ首長国連邦!!!!!!!!!




アラビアンナイトとか昔から大好きなんで、
アリババとか空飛ぶじゅうたん系の国にいつかは行ってみたいとずっと思っていましたが、これもまたまたひょんなことから!!!!!!


中東系は聖美、初めてです!!!ばんざーーーーい!!!



トランスファーの時間、めちゃくちゃあるといいのに。
外に出て見学しちゃうのに。


さっき母にゆったら「えーーーっ??(@_@;)アラブ??」
と一瞬びっくりしてましたが、



頑張って石油王見つけてこい!!!と激励されました。(笑)




ちなみにエミレーツっていう、アラブの飛行機に乗っていくんですが、あまりにも異国すぎてちょっとだけ心配じゃん??
偏見だったらごめんなさいだけど、イスラムのひと
たくさん乗ってくるのかなー??とか。

特にワールドカップの時期だから、ミュンヘン行きなんて
いつもより余計たくさんひとが乗ってきそうかな??って。


イスラムなら別にいいんだけど、
イスラム原理主義者とかがその中にいたらいやじゃんっ( ̄▽ ̄;)


だけどノーテンキなハハは、
「まぁ石油が有り余ってる国だから、飛行機はとりあえずガス欠にならずに飛びそうだわな^^」

とゆっていた。



機内食、アラビック風なんだろうか??
めちゃ楽しみーーーー!!!!

やばい、早く行きたくなってきた!!!
チェコよりウィーンより、ドバイが楽しみ!!!!!


それよりもまず先にバイト先に言わないとね・・・^^;






さて。これから大学でレッスン※
頑張ってきまーす^^


ちなみに明日はメトロポリタン歌劇団のオペラ
『ワルキューレ』(ワーグナー作)のドレスリハを無料で見れる♪♪
楽しみで楽しみで仕方ないわーっ☆
壮大なワーグナーのオペラをどうやって作り上げてるのか、とても興味ありです○


三大テノールのドミンゴが出るやつだよ!!!!!
ドミンゴ自体はW杯のお仕事で来ないらしいが・・・^^;
でもソプラノ歌手のデヴォラ・ヴォイトさんが観れるかな??(*^^*)


メトロポリタンのオペラは派手派手でゴージャスなことで有名だし、
ただでさえ壮大なワーグナーのオペラをどうやって作り上げてるのか、
とても興味ありです○

あたし、貴族の風刺でなんたらかんたら・・・とかより、
ドイツものや東欧もののオペラの、ファンタジーな物語の方が好き!!!!


ワルキューレも、ドイツの中世の有名な大叙事詩『ニーベルンゲンの歌』や
北欧の神話などを題材にした、壮大な物語なんだよ!!!!!


ワーグナーはこの巨大な物語りを、4夜かけて上演するように作ったの!!!
それを上演するためだけにわざわざドイツのバイエルン地方にあるバイロイト劇場っ てとこを建設して(超壮大な装置!!)観客はホテルを予約し、前夜から4夜まで毎晩オペラ鑑賞!!って感じ。
前話はライン川の黄金の指輪伝説、
第2話にはかの有名なジークフリート伝説が出てきたりして、
その『ワルキューレ』は第1夜のジークフリートの両親の禁断の愛物語だね。


このジークフリートの両親は神様が人間の女と浮気して出来た
生き別れの兄妹っていう設定。




・・・むちゃくちゃやな^^;



でも愛を歌うオペラという点で、この全4部作の中でも最も逸作で
よく上演されてるんだってーーーー。

わーい☆楽しみーーーー!!



んじゃ!!




おまけ☆

2006.06.06(Tue)




まだ書くんかという突っ込みは聞き飽きたんで
言わなくてよろし。


ちなみに、ですけど。


本番のあとはホテルオークラに宿泊させていただきました!!



なんとあたし、39階!!!!




お部屋に入ったときに広がる浜松の夜景に息を呑みました!!
めーっちゃリッチやわーーーーっ。




もちろんツインで二人1部屋だと思っていたのですが、
なんとツインの部屋を一人ずつ与えられたのでした!!!



つまり、そのだだっぴろい部屋を独り占めさっ☆



友達の部屋で散々騒いで、飲んで、
あーつかれたってグッタリ部屋に帰ってきたときに、
夜景みながら一人で超自由なのーーーー!!!!!
素敵ーーーーっ!!!!!!

すんごい格好でだらーーーーっとできて、超快適でした☆


ありがとうございましたー☆☆



ちなみに飲み会ではあたしとあ○ば、完全にヨゴレに徹してました(==;)

あ○ばちゃんだって美人なのにさー。完璧ヨゴレなんですよーって指揮者の先生に友達が紹介されてたよ^^;



そのせいで声が枯れすぎて、今日のレッスンは大変でした。

負け組のあたしたち。。。。。。(=_=)
でもヨゴレがいないとこの世界、綺麗なもののありがたさがわからないからね!貴重だよん♪


詳しくは。。。まぁ気が向いたら書くわー。




はぁ。。。。だんだんあたし、方向性を見失ってる。。。(==;)
特に火あぶりの歌やってから、テンションがやばい・・・!!

2年前ぐらいまで落ち着いたクールなひとっていう印象って
言われてたのにーーーーー!!!!!><><><><><(笑)
最近やばいわ。これ何キャラ?笑 きもい!!
やっぱりお酒はやめるーーーー!!!



写真1:飲み会の写真。
    指揮者の先生&キャンディード様とその仲間たち。
写真2:ヨゴレ二人の写真。。。。あ○ばとあたし。
写真3;ホテルからの光景。写真じゃ伝わらないね。あの素晴らしさは。

☆キャンディード本番☆

2006.06.06(Tue)




さて。そんなわけで、前回の日記にはこうした
舞台前のあたしのハプニングが書き綴られたわけでありますが、
ぶっちゃけ私らの笑いのツボなんてほんと真剣にどうでもいいですよね^^;
はい、大変失礼致しました!!!



気を取り直しまして。


つまるところ、
ミュージカル『キャンディード』を歌わせていただいたわけでありますのよっ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000001GWY/qid=1148092287/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/249-9034364-2523521
YAMAHA吹奏楽団の定期演奏会でですの。
浜松のアクトシティ大ホールだったんですの。
マイク、使ったんですの。
(←しつこいっ^^;)



でも、やっぱり吹奏楽の演奏ってすごい!!!!
普通のオーケストラの何倍の音量なんだろう??
相当巨人ですんごい肺活量を持ってるひとでも、
生の声でブラスバンドの演奏に勝てるひとなんていないと思う。


だから、マイクだったんだけど。


マイクを使っても吹奏楽の演奏がフルで始まると、
人間の声では勝てないようでした^^;
思ったより小さかったみたい~~~。
まぁ、音響の調節のバランスがよくなかったのもあると思うんだけど。。。。
(と、人のせいにしてしまうやつ^^;)



でも吹奏楽ってやっぱりかっこいい!!
オケには出せない迫力とか、現代的なノリを感じるね。
出だしとか最後の後奏の勢いなんて、ブラスならでは!!!!


指揮者の堺先生もオケを振っていたオペラのときより
ブラスの方が生き生きとしている気が致しました。(笑)
管楽器出身の先生だからかな??
それに、キャンディードを作曲したバーンスタイン(『ウェストサイドストーリー』の作曲者でもある。)って、
先生の先生の先生だから(ややこしいな^^;)大好きなんだって。
あ。ちなみに先生の先生は世界の小澤さんね。


あたしも楽しかったー!!!
何度も言うようにミュージカルって不慣れなんだけど、
なじみやすくて楽しい名曲ばっかりで。
とても勉強になりました。
今回指揮者の先生から直々にお話をいただけて、
ほんとに嬉しかった!!!またやれたらいいな☆
先生もまた是非やりましょうと言ってくださった。
次は『ウェストサイド~』で!と笑いながら言われたけど
そうなったらめっちゃ踊らんとあかんやん。。。。(==;)


吹奏楽の演奏に歌の演出をつける、というアイディアを
考えられた方に拍手を送りたいです。
観ているひとを飽きさせない上手なプログラミングを
しているなぁと思いました☆



私達の出番は最後だったので、1部と2部がしっかり
聴けなかったのが残念です。。。。。

今回はゲスト出演で有名なクラリネット奏者、
赤坂達三さんをお迎えしていました。
ぜひぜひ聴きたかった!!!!!><

この方、あの有名な
『そうだ、京都へいこう』のCMのBGMを演奏してるひとなのです。
 http://www.crownrecord.com/22-12k.wma
↑赤坂さんの演奏じゃないけど曲が聴けるよ☆

あたしの世界で一番大好きな曲!!!!
小学生のときに、CMで流れててびーーーーっくりした覚えがある!!!!ほんとのほんきで大好きな曲だったから、
ええっ??これ演奏してるの誰っ?!
これ選曲してるの誰っ??


ってめっちゃ思った覚えがあるもん。


おかげさまで、いつの間にか京都のテーマソングみたいになってるけどね。
あたしの中ではザルツブルクへ行くときのテーマソングなんだけど^^;



その赤坂さんの演奏、ぜひ聴きたかったー!!!
しかも、貴公子みたいに綺麗な男性でした☆☆☆



ちなみにアンコールは、キャンディード役の先輩による
お約束のオペラ『トューランドット』のアリア。

オペラを知らない人には、
イナバウワーの曲とでも言えばわかるかな??

すっかり世間的に知れ渡ってしまったよねーこの曲!!!
荒川静香さんのおかげだね。


吹奏楽相手に先輩、なんと生声で勝負!!!
やっぱりかき消されたのかもしれないけど、それでもすごかった!!!!

でも調がいつもより低かったから、本来の自分の魅力的な
声が出せなくてつらかったとご本人さまはゆっていた!!!!



そんなこんなな演奏会でしたー。



YAMAHAの皆さんにはほんとお世話になりました。
よくしていただいて、申し訳ないぐらいに至れり尽くせりな待遇で、
ほんとにほんとに感謝してます><
あんな演奏でごめんなさいです・・・涙




終わったあとは打ち上げ!!!!
楽団のみなさんや歌のみんな、総出でドイツ料理のビアガーデンでご馳走していただいた!!!!
ドイツ料理大好きなあたしにとってはたまらないお店でした。
とっても楽しかったよーーーーwwww

キャンディード☆~笑いのツボ編~

2006.06.06(Tue)




週末は浜松でヤマハ吹奏楽団の定期演奏会があり、
(すごいんだよー!全日本吹奏楽コンクールなどでたくさん金賞をとりまくってる有名な楽団!!!)
ありがたいことにその第3部でミュージカルナンバー『キャンディード』を歌わせていただいた!!!


あのアクトシティの大ホールという素晴らしい舞台で歌わせて
いただいて(お客さんは2000人ぐらい入った。)ほんとにほんとに貴重な体験だった!!!
客席の照明がときに星空のように輝いたりして、とっても綺麗だった。。。



初マイクだったので、思わずはしゃいでしまった。
みんな口元にマイクをつけていたので、
思わず「こちらはセンターです。」
「戦闘準備OK!!!機動戦士ガンダーム!!」
「オールナイトニッポンへようこそー!!!」と
つい素人じみたマネをして遊んでしまった。
きもい。



あたしはとにかく吹奏楽団の皆さんに、当日まで未披露だった
火あぶりのシーンのキチガイダンス(?)を見せたくて見せたくて!!!
あの踊りやみんなの狂った顔を思い出すと道端でも大事な
先生のお話中でもバイト中でも思わず笑いがこみあげてきて、
こらえきれずにぷるぷる震えてしまうほどあたしの中ではツボだった!!!

そのツボは友達のあ○ばも一緒だったらしく、
新幹線の中で
「あたしはあんたのあの曲のときの顔と笑い声を思い出して夜中に笑いが止まらなくなったよ!!!!!」
と言われ、
「あたしこそあんたの化け物みたいな発狂ぶりを思い出すと
道端で笑えてきてやばかったんだから!!」
と言い返してやった。



そんなわけで新幹線の中ではあ○ばと超大盛り上がり。
浜松に着くまでの話題は、ただその曲一曲のことばっかりだった。(最悪だよねん。)
「あのときの私達は女としても人間としても終わってるけど、まさに新境地開拓だよね!!!」
「人間の極限を生き生きとさまよってるよね。」
「うん、あの自分にまた会いたくてたまらない!!」
とうざいほど自画自賛大会であった。


隣でプレッシャーのさなか、緊張を隠しきれずにいた
ヒロイン役の友達とは明らかに温度差があったため、
悪いことをしてしまった。。。。。。。。かな?^^;
それぐらい、うちらは朝っぱらからどっかーーーーんと
ハイテンション!!!!!!
そんなに笑ってて本番疲れないの??ってぐらい笑ったねー。



んで、うちらは一回笑いのツボにはまるとしつこいぐらい
引きずって、全く関係のないくだらなくてどうでもいいことまで全てがおかしくてたまらなくなり、ブッサイクな顔と声で引き笑いが止められなくなってしまうタチなので、
リハ中も笑いをこらえるのに実は必死でした。。。。


最悪だらー??



だってこらえるのに必死で体震えたもん。
気を抜いたらためてた分一気にぶわぁっはっはっはーーーーー(≧▼≦))っていきそうでさーっ。
ぷるぷるしてた・・・。

隣のあ○ば見たらもう絶対笑えてくるから見ないようにしてたんだけどさー、視界のはじっこに入ってくるの!!!
必死に真顔作って下むいてプルプル笑いをこらえようとしてるあ○ばがさ!!!!!!!

もうそれ見て余計に笑いがこみあげてきて、
見ないように見ないようにーーーーっっ><って必死に
頑張って、なんか他のこと考えよう!!!悲しいこととか嫌なこととかむかつくことを考えよう!!!!!!って
必死になってるんだけど、なんかそうやって頑張ってる自分に更に笑えてくるというか、そういうときに限って悲しいこととか嫌なことすら思いつかないし、思いついたところで、それすら笑えてくるというか。。。。。

そんな必死にもがいてる自分が余計おっかしくってさー!!!


でもマイク入ってるから息も漏らせないジャン??
ましてや悲劇の曲の最中とかに限って笑えてくるわけよ。
しかもブラスが全体で演奏してるときならいいけど、
クラリネットがソロで泣きのメロディを吹いていて、
会場がシーーーーンとして、なんかめっちゃ哀愁漂ってますってときに、

「わーこれ笑ってしまったら目立つー!!!絶対に何があってもこれだけは笑えーん!!!」


って思ってしまうわけよ。


んで、そう思えば思うほどにおかしくなってきて、
だけど友達がソロで悲しいメロディを歌ってるときに
思わずこらえきれない笑いが漏れたことを想像すると
絶対に、一瞬でこの空間にいる全員を敵に回すわけで、
大ヒンシュク買うなって思うわけで、
そうなるとほんとに全身全力で我慢するわけで、
そんな笑いをこらえることだけに全力と全神経を集中
させてる自分がひたすらおかしくて、
体が震え始めてきて、そんな体が震えてる自分にも
内心大うけで、このみっともない後ろ姿をオケのみなさんが見てるかもしれないと思うと余計に笑えてきて、

わーだめだめだめーーーーー!!!!><


と思えば思うほどに、あたしの大のツボであるあの曲の
あのシーンがすんごい速さでぐるぐるぐるぐるあたしの
脳裏を駆け巡り始めるの!!!!


んで、なぜかあたしの頭の中は中学時代の自分の記憶まで
連れてきて、
とある式の最中にPTA会長が朝礼台に向かって
ピョンピョンおじさんのようにジャーンプっ!!!
ってやった姿がツボにハマり、今のような状態に陥ったことを
思い出し、あたしが笑いをこらえようと、にやける顔を
無理やりしかめっつらにしようと奮闘中に、
シーンと厳かで厳粛な雰囲気のさなか、あたしの前にいた友達だけが肩が震わせ、声を押し殺して苦しそうに笑って
それにつられてしまってその時間が苦しくてたまらなかったことを思い出されて余計におかしくなり、

それ以外にもわが人生において笑ってはいけないときに
笑いがとまらなくなり、声を出さないようにするのに腹筋がぷるぷるいいだしたときのエピソードや、残念ながら失敗して
大事なときに声を震わせて笑って怒られたことなども
こういうときに限って思い出してしまって。。。。

もう悪循環!!!!!!


すべての相乗効果で舞台上であたしはほんとに大変なことに!!
あー。もうダメだ!!!!はやく終われーっ。はやく過ぎ去れーーーーっ!!!!!!
とっととうちらのあのシーンになって気が済ませてくれーーーー!!!!!!

と声にならない叫びを心の中で叫んでいると




ぶふふふふふふふふっっ・・・・・・・・!!!!!!!



ついに隣のあ○ばさん、こらえきれずに吹き出した!!!!
一緒にドつぼにはまり、腹と肩を震わせて笑ってしまったよ!!!



みなさん、ごめんなさい。。。。不謹慎で。。。。。




でも、こういうことってない??あるよね??
あたしけっこう笑い上戸で、こういうこと多々あって
困ってるんだわーっ。昔から。


卒業式とかで必死に笑いをこらえたり、とか
教育実習先や学芸員の実習先の仕事中に
笑いがとまらなすぎてみっともなくなるとか、
苦いエピソード満載なわけですわ。

しかも、そういうときって必ず隣に笑いのツボが一緒で
一緒にこらえてる友達がいるんだって!!!!!!
そういう子がいると余計悪循環!!!!
周りには反感買ってしまうしさーーーー。


もうリハからこんなんだったら本番どうしよう??
隣にあ○ばいるし、笑うわけにはいかないし。。。。。



って思ってたけど、本番は案外笑わずに神経集中で
いけたので、まぁよかったです!!!



(え??本番の感想これだけ???)




いやいやいや。
笑いのツボについて書きすぎて演奏会の内容がまったくわかんないよね^^;
仕方ないから、次の日記にかきまーす!!!!!



それにしても、火あぶりの歌の動きを却下されたら
どうしようと前日みんなですごーく心配されてたけど、
指揮者の先生からもYAMAHAの楽団の方からも高評価を
いただき、団員のみなさんにも笑っていただけたので
ほんとからだ張ってやってよかったーーーーーーー!!!!

ご理解ある方々でよかったです。


ってなわけで次の日記へ続く。


(ちなみに一番右の画像が、その例の歌のときの雰囲気です。
こんなんじゃ伝わらないけど。)

☆ミュージカル☆

2006.06.04(Sun)



ミュージカル(・・・といっても演奏会形式でミュージカルを歌う感じ~。)本番前日です!!


個人的に観るのは好きだったけど、自分がミュージカルの歌で舞台に立つのはまったく初めてで緊張します><
(オペラとノリが違う気がするもの・・・。)
吹奏楽団とも2回しか合わせてないから、緊張!!
しかしなによりも、口元にぴょいっとのびてるマイクに緊張ですっっっ!!!(><)


しかも今回は初めてお仕事としてお話をいただいて、
ギャラを頂いて演る公演なんで、更に緊張・・・!!!!
主催者側の期待かかってるからね、裏切らないように頑張らないと!!!><


・・・と言いながら今日の今日までアンサンブル、下手くそで最悪だったけどね。(==;)
やっぱり難しいわんっ。でもそんなことゆってられないわんっ。


今初めて明日の舞台の浜松アクトシティ大ホールのホームページみたけど、なんだこりゃでっけー!!!!( ̄▽ ̄;)
明日我々が見てる光景が左の画像みたい・・・( ̄▽ ̄;)!!!


あたし達が最近これでもかってぐらい練習してたのが、
主人公・キャンディードたちが火あぶりの刑にされるときに民衆が歌う曲!!!

7人で歌ってるんだけど、ふつーに歌っても全然つまんないねってことで、




キチガイが大狂乱で踊り狂うという設定に!!


ほんとにやばいっ!!!みんな本気にやばい!!!
キテる!!!!


みんなノリすぎて、本気で発狂してるからね!!!!


「あーーーーーーーーっっっははははははははははははは・・・!!!」
「けけけけけけけけーーーーーーー!!!!!!」
「ひひひ。。。。。。」



と、人間とは思えないイカレタテンションでばか笑い!!!!!!明石家さんまなんてかわいいもんだよw
魔女とかの域だね。もう。


中にはエスカレートしすぎて、
「ぶわあああああああーー!!!!!!!!!!!!!!!(=■=)」

と、わけのわからん奇声を発しながら、捕らわれの身の役である大先輩をおちょくりにいく始末!!!!
その顔、お前はゾンビか!!!ムンクの叫びか!!!
と突っ込むしかなかったね、うん。
これには先輩方も演技どころじゃなく、大爆笑!!!
(某あ○ばさんだよw これでも一応、女やってます彼女。)


もうみんな性別どころか人間捨てて、頑張ってるよw


ありゃもう、人間の極限への挑戦だね。
酒飲んで大暴れして、ナチュラルハイ通り越してトランス状態になってもあそこまでいかないよってぐらい、ありえないテンションだよ^^;


あたしも犯罪者級の顔とテンションだしーーー!!!
あんなん普段の生活でやったら、絶対頭おかしい、ラリってるって逮捕されてしまう・・・^^;
目ん玉ひんむいて、よく漫画であるじゃん?
大抵「ひひひ。。。。。」ってセリフと共に、発狂しちゃってる顔つき!!!まさにあれだね。
覚醒されてるね。



なのに、演技の世界では「あんたの表情最高だよ!!!!」
と同士で褒め称えあってるから、最高に気持ちいいね。
一般生活ではいかに全身全力で表現することが限られてるか、だわ。
あんな下品で愚鈍なキチガイ、そばで見たら絶対引かれるのに、みんな堂々と楽しんでやってます(笑)
すげー。
みんないかに発狂できるかに賭けてます。(笑)




「奇人変人っ♪つるし上げてー火あぶり殺せー民のためにー♪」


って歌詞も、明らかにお前らが奇人変人だろ!!!と
いう感じですが^^;


こんな大暴れシーンを、あたしらはヒールとロングドレスでやるからビックリなんだけどね、我ながら。
みんなスカートめくりあげて走ってるからね。
大先輩達ひっぱって叩いて転ばそうとしてるしw
衣装が破れないことだけを祈ろう。


その前に吹奏楽団の方々に見てもらってないので
(明日のリハでなんと初めて披露w)頑張ったから却下されないことを祈ろう。。。。


一曲終わると汗だらだらで、それを朝から晩までかけて
何度も頑張ったんだからー!!!!!下手なエアロビより効果ありだよー!!
歌声じゃなくてバカ笑いで声潰したりもしたしw



でもこんなことばっかりやってられないんで、
他の聞かせどころのしっとりな曲も頑張ります!!!



終わったら、みんなでホテルでお泊り♪
気持ちよく終わって泊まれたらいいな☆
ご近所の方々、是非明日の夜は遊びにきてくださいね♪


プロフィール

saty33

Author:saty33
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。